peaksignal / Pixabay

 

夜中にお腹が空いた時や

仕事で帰りが

遅くなった時、

 

ついつい手軽に作れて

つるっと胃におさまる麺類を

食べたくなりますよね。

 

しかし麺類は炭水化物のかたまりで、

高カロリーとも言われています。

 

麺は麺でも

うどんはどうなのか。

 

実はうどんは夜食や

ダイエットに適して

いると言われています。

 

その理由や美味しいうどんの

アレンジレシピを

紹介していきたいと思います。

 

「うどんは大好きだけど太りやすそう」と

思っている方は、

是非読んで下さいね。

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

 

夜食のうどんで太らない!ダイエットができるワケ

 

zuzyusa / Pixabay

 

ではなぜうどんは太らないのか?

 

同じ炭水化物である

そばや白米よりも、

 

うどんは低カロリーで

糖質も少なめである

ことがわかっています。

 

うどんの原料は小麦ですが、

小麦と聞くと

 

白米より高カロリーな

イメージを持ちますよね。

 

しかしどの炭水化物よりも

茹でたうどんが

一番カロリーが少ないので、

 

主食をとりつつ

カロリー制限が

出来るわけです。

 

また糖質に関してですが、

小麦もいわゆる炭水化物で

 

炭水化物とは

糖質と食物繊維のことを指すので

炭水化物が多ければ当然、

糖質も多いということになります。

 

ですがカロリー同様に

糖質も低めなので、

 

うどんは非常に

優秀な主食として活用

出来るのです。

 

また最近では

糖質制限ダイエットブームに

乗っかり、

 

糖質や塩分を減らしたうどんも

発売されています。

 

うどんは他の炭水化物に比べて

カロリーや糖質は少ないですが、

 

やっぱり夜中に

食べるのは気になるという方は

糖質オフのうどんが良いでしょう。

 

基本的に炭水化物は

消化されるのが早いため、

 

食べると早めに胃で消化され

胃腸への負担は

少ないと言われています。

 

うどんが優秀な食だと

わかったところで

 

次はうどんの

アレンジ簡単レシピを紹介します。

 

 


スポンサーリンク


 

 

夜食で太らないうどんの簡単レシピ

 

takedahrs / Pixabay

 

うどんは美味しいですが、

毎日素うどんを

食べていても

飽きがきますよね。

 

出来るなら毎日味を

変えて楽しみたいもの。

 

でもうどんって

茹でるだけであんまりアレンジが

効かなそうって思っていませんか?

 

そんなあなたのために

低カロリーでかつ美味しい

 

絶品うどんアレンジレシピを

3つ教えたいと思います。

 

1つ目はぶっかけうどんです。

 

名前の通り材料をのせて

タレを上からかけるだけ

なのですが、

 

夏は特にさっぱりしていて美味しく

食べられるかと思います。

 

豆腐・エリンギ・枝豆・トマトを

一口サイズにカットし、

エリンギは電子レンジで

2分ほど加熱しておきます。

 

ボウルに材料を入れて

合わせておきます。

 

続いてタレを作ります。

 

ヨーグルト大さじ3杯、

塩小さじ2分の1、砂糖

 

小さじ1、酢小さじ2、

あれば白ごまを適量

用意し全て混ぜます。

 

材料の中にタレをいれ混ぜて、

うどんを器に盛り

タレをかけたら完成です。

 

材料もいろんなものに

アレンジが効くので、

オススメです。

 

2つ目は納豆とろろうどんです。

 

これもぶっかけうどんに似ていますが、

簡単なのですぐに出来るレシピです。

 

まずネギを細かく刻み、

とろろをすります。

 

うどんを茹でて

茹であがったら水洗いをして、

ぬめりを取ります。

 

うどんを丼に盛り付け、

納豆を入れてネギや

薬膳、とろろを

かければ完成です。

 

お好みで生卵を入れても

美味しいですよ。

 

3つ目は梅わかめうどんです。

 

用意するのは

かつおだし汁300cc、

醤油20cc、みりん20cc、わかめ適量、

梅干1つ、刻みネギです。

 

手順はとっても簡単で、

うどんを茹でて

 

だし汁と醤油とみりんを

混ぜて入れて

 

うどんを盛り付け

残りの材料を加えたら

完成です。

 

寄せ鍋風な感じで

身も心もぽかぽかに

なることでしょう。

 

またわかめや梅干も体に良く、

美容にも良いとされているので

適量であれば夜食として

食べても大丈夫です。

 

またさっぱりと

食べられるので

夜食として食べても、

 

胃への負担は

少ないので胃もたれ

する心配もないでしょう。

 

どのレシピも

仕事が遅くなっても10分以内で

完成する万能レシピなので、

 

覚えておくと重宝するかと

思います。

 

夜食のうどんは太らない⁉のまとめ

 

KoalaParkLaundromat / Pixabay

 

いかがでしたでしょうか。

 

うどんは炭水化物だからと

避けている人も多いかと思いますが、

 

うどんはカロリーも

糖質も少ないので

遠慮せずに食べることが出来ます。

 

それでもやっぱり

気になるなという方は、

 

糖質オフのうどんを

買った方が良いかと思います。

 

ダイエットにも

適している食べ物なので、

 

毎日食べたいなと思っていても

毎日素うどんは

ちょっと嫌ですよね。

 

そこで何個か

アレンジレシピを覚えておくと、

飽きが来なくて

続けられるかと思います。

 

ここではぶっかけうどんと

納豆とろろうどん等を

紹介しましたが、

 

これ以外にも美味しくて

簡単に出来るレシピは

たくさんあるので

 

是非自分で調理していく中で

見つけてみて下さい。

 

新たな発見があって、

より美味しいうどん料理が

出来ちゃうかもですよ!

 

ただカロリーも低いですし、

糖質もそこまで高く

ないですが食べすぎには注意です。


スポンサーリンク