新年が明けて初詣に出かけますよね。

 

すると神社やお寺に大きく掲示されている

「厄年」の表。

 

なんとなくみてみると

なんと旦那がちょうど厄年!!

 

 

でも待って!

 

 

厄年って

立春から翌年の節分までって聞いたことがある・・・

 

旦那は1月生まれなので厄年の年齢になるのは

・・・立春より前。

 

あれっ?!すでに厄年終わってる??

 

とりあえず

1月生まれの厄年について調べてみようと思います。

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

 

厄年の考え方

 

 

結論から言うと

 

1月生まれの人は同じ年にうまれた人よりも

厄年が1年早くなる場合があるのです。

 

なぜなのか??

 

それは厄年の考え方にあります。

 

厄年というのは生まれた年と深く関係しています。

そのためポイントとなるのは

 

  • 数え年 or 満年齢?
  • 旧暦 or 新暦?

 

 

 

 

数え年か満年齢かについては

多くの場合数え年で厄年を考えます。

 

「数え年」

 

つまり、生まれた時を1歳とする数え方

今の自分の年齢に1を足した年のことですね。

 

しかし、一部の神社やお寺地域などでは

満年齢で厄年を考えるところもあります。

 

「満年齢」

 

つまり、生まれた時を0歳とする数え方

今の自分の年齢そのものですね。

 

日本では、行事ごとだけでなく日常においても

古くから数え年を使っていましたが

 

世界を見れば、ほとんどが満年齢を使っているため

近年では、七五三などの行事も満年齢で行う人が増えてきています。

 

ですが、今回は一般的な「数え年」で考えていきます。

 

次に旧暦か新暦かについてですが

新暦はご存じのとおり

1月1日から12月31日を1年間とします。

 

それに対して旧暦は立春から翌年の節分までを

つまり

2月4日から翌年の2月3日を1年間とします。

 

厄年を旧暦で考えるのか新暦で考えるのかということは

神社やお寺地域によって異なります。

 

そのため、神社等で厄払いをする場合は

 

まず、旧暦か新暦かを確認することが必要なのです。

なぜなら、1月1日から2月3日生まれの人の場合は

旧暦か新暦かによって厄年が変わってくるからです。

 

ではどう変わるのか

具体的にみていきましょう。

 

 

男性の厄年と節分前

 

 

 

2018年の男性の厄年

(※ 数え年で記載しています)

 

前厄 本厄 後厄
1995年(平成7年)
生まれ
24歳
亥(いのしし)年
1994年(平成6年)
生まれ
25歳
戌(いぬ)年
1993年(平成5年)
生まれ
26歳
酉(とり)年
1978年(昭和53年)
生まれ
41歳
午(うま)年
1977年(昭和52年)
生まれ
42歳
巳(へび)年
1976年(昭和51年)
生まれ
43歳
辰(たつ)年
1959年(昭和34年)
生まれ
60歳
亥(いのしし)年
1958年(昭和33年)
生まれ
61歳
戌(いぬ)年
1957年(昭和32年)
生まれ
62歳
酉(とり)年

 

 

新暦で考えた場合は

誕生日に関わらず

全員が上の表で厄年を判断することができます。

 

 

しかし

旧暦で考えた場合は

2月4日から12月31日生まれの人の厄年は

上の表でいいのですが

 

 

1月1日から2月3日生まれの人の厄年は

下の表のようになります。

 

前厄 本厄 後厄
1996年(平成8年)
生まれ
23歳
子(ねずみ)年
1995年(平成7年)
生まれ
24歳
亥(いのしし)年
1994年(平成6年)
生まれ
25歳
戌(いぬ)年
1979年(昭和54年)
生まれ
40歳
未(ひつじ)年
1978年(昭和53年)
生まれ
41歳
午(うま)年
1977年(昭和52年)
生まれ
42歳
巳(へび)年
1960年(昭和35年)
生まれ
59歳
子(ねずみ)年
1959年(昭和34年)
生まれ
60歳
亥(いのしし)年
1958年(昭和33年)
生まれ
61歳
戌(いぬ)年

 

表を見てもわかるように

旧暦で考えた場合

1月1日から2月3日生まれの人は

1年早く厄年になるということですね。

 

 

厄年が1年早く来るということは

男性でも女性でも同じです。

 

 


スポンサーリンク


 

 

女性の厄年と節分前

 

 

 

2018年の女性の厄年

(※ 数え年で記載しています)

 

前厄 本厄 後厄
2001年(平成13年)
生まれ
18歳
巳(へび)年
2000年(平成12年)
生まれ
19歳
辰(たつ)年
1999年(平成11年)
生まれ
20歳
卯(うさぎ)年
1987年(昭和62年)
生まれ
32歳
卯(うさぎ)年
1986年(昭和61年)
生まれ
33歳
寅(とら)年
1985年(昭和60年)
生まれ
34歳
丑(うし)年
1983年(昭和58年)
生まれ
36歳
亥(いのしし)年
1982年(昭和57年)
生まれ
37歳
戌(いぬ)年
1981年(昭和56年)
生まれ
38歳
酉(とり)年
1959年(昭和34年)
生まれ
60歳
亥(いのしし)年
1958年(昭和33年)
生まれ
61歳
戌(いぬ)年
1957年(昭和32年)
生まれ
62歳
酉(とり)年

 

女性も男性と同じように

新暦で考えた場合は

誕生日に関わらず

全員が上の表で厄年を判断することができますが

 

旧暦で考えた場合は

2月4日から12月31日生まれの人の厄年は

上の表

 

1月1日から2月3日生まれの人の厄年は

下の表のようになるのです。

 

前厄 本厄 後厄
2002年(平成14年)
生まれ
17歳
午(うま)年
2001年(平成13年)
生まれ
18歳
巳(へび)年
2000年(平成12年)
生まれ
19歳
辰(たつ)年
1988年(昭和63年)
生まれ
31歳
辰(たつ)年
1987年(昭和62年)
生まれ
32歳
卯(うさぎ)年
1986年(昭和61年)
生まれ
33歳
寅(とら)年
1984年(昭和59年)
生まれ
35歳
子(ねずみ)年
1983年(昭和58年)
生まれ
36歳
亥(いのしし)年
1982年(昭和57年)
生まれ
37歳
戌(いぬ)年
1960年(昭和35年)
生まれ
59歳
子(ねずみ)年
1959年(昭和34年)
生まれ
60歳
亥(いのしし)年
1958年(昭和33年)
生まれ
61歳
戌(いぬ)年

 

気になる厄年に関しては

こちらの記事も是非読んでみてくださいね!

厄年の男性への贈り物をするならこれがおすすめ!もらって喜ばれるもの

まとめ

 

 

 

旧暦と新暦の違いで

厄年が1年違うなんて

驚きですね!!

 

 

でも

厄年に対する考え方は

神社やお寺地域によって異なるため

 

 

「2月1日生まれだから去年じゃない?!」

「厄年知らないうちに過ぎていたわ」

 

 

なんて一喜一憂する前に

まずは神社やお寺などで確認してくださいね。

 

 

でもたとえ

気付かない間に厄が過ぎていたとしても

 

 

「この神社やお寺は旧暦だけど

私は新暦で考えよう」とするもよし

 

 

「厄が何事もなく過ぎてよかった」と安堵するもよし

 

だと思います。

 

 

厄年について知ることで

有意義な年を過ごしましょう。

スポンサーリンク