白いからこそ目立つ黄ばみ。

気になる黄ばみを自宅で落とす方法あります。

 

必要なのは重曹

重曹の使い方、洗濯方法をもう一度確認して

長く白デニムを楽しみましょう。

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

 

白デニムの黄ばみは重曹で!

 

 

 

いデニムは普通のデニムと違って

汚れが目立ちやすいですよね。

 

食べ物のシミなど

洗濯で落としきれなった汚れが

黄ばんで見えることがあります。

 

 

また、

去年の白デニムをクローゼットから出したら

黄ばんでいた、なんてこともあります。

 

黄ばみが気になるたびに

新しい物を買うわけにもいきませんよね。

 

クリーニングに出すのも

お金がかかるし、そんなに出せない。

 

そんなとき、

お家で黄ばみが取れたらいいですよね。

 

それでは、そのやり方を見ていきましょう。

 

この白デニムについてしまう

黄ばみの正体は、

わたしたちの皮脂と空気が触れ合って

酸化を起こしたことによるもの

なんです。

 

普通に生活しているだけで、

皮脂はついてしまいます。

 

ちゃんと洗濯していても、

洗剤が落としきれていないときにも

起こります。

 

いっぱい洗剤を入れればいいって

わけではないんですね。

 

まずは漂白剤を使って、

この黄ばみを落としてみましょう。

 

 

漂白剤をぬるま湯に混ぜて

デニムの洗濯表示通りにつけおきしてみます。

 

ぬるま湯にするのは

冷たい水と比べて効果が

発揮されやすくなるからです。

 

そのあとは普通に洗濯機で洗います。

 

漂白剤を使うので換気は

しっかりしましょう。

 

黄ばみはしっかり落ちるけれど

漂白剤よりも安心なものを

使いたいと思いませんか。

 

 

そこで登場するのが

重曹です。

 

 

 

重曹はベーキングパウダーと言われ

食品にも使われていて

口に入れても安心なものです。

 

お掃除の便利グッズとして

今やいろいろと使われていますよね。

 

その

重曹を黄ばみ落としにも

使っちゃいます。

 

皮脂などの汚れは酸性で、

重曹は弱アルカリ性です。

 

重曹を使うことで、

汚れを中和し、

なんと気になる臭いも

落としてくれるのです。

 

 

水300㏄に対し重曹大さじ1を加えて溶かし、

重曹水を作ります。

 

これに一晩つけこんで

そのあと普通に洗濯機にいれます。

 

部分的なものには、

重曹をペースト状にしたものを塗りこんでみます。

 

重曹3:水1の割合で

重曹水よりとろとろなものを

作ります。

 

重曹を使うことによって

汚れが浮きやすくなります。

 

皮脂の残りもこれで

全部流してしまいましょう。

 

 


スポンサーリンク


 

 

参考 ホワイトデニムの洗濯頻度

 

 

ニムはそんなに洗濯しなくていいと

聞いたことがありませんか?

 

私もよくデニムは履きますが2、3回は洗濯せず、

湿気だけ飛ばして乾かして

そのままクローゼットです。

 

では、白デニムはどうなんでしょうか。

 

基本的に白デニムも

履いたら毎度洗うことは

しなくて大丈夫です。

 

 

履く頻度にもよりますが、

2、3回に一回程度で十分です。

 

 

普通のブルーデニムは

色落ちをさせたくないので

蛍光剤入りの洗剤は避けたいですが、

白デニムに関しては使ってしまってオッケーです。

 

白デニムの白さを保つことができます。

 

洗濯する時に注意したいのは、

蛍光剤入り洗剤を

白デニムの一部にだけ

かけてしまうこと。

 

どうせ水が入ったら

全体に混ざると思っていませんか?

 

一部にだけ多く洗剤が残ることで、

蛍光剤入り洗剤がそこだけ強く残ってしまい

逆に他の部分と色が違うことが起きてしまいます。

 

それを避けるためにも、

洗剤投入口に洗剤は入れ、

洗濯物の詰め過ぎはやめましょうね。

 

白デニムについては

こちらの記事も是非どうぞ!

白デニムを染める方法!これならバッチリやってみる価値あり!

 

まとめ

 

 

デニムの黄ばみは、

落としきれなった皮脂汚れが

空気に触れて酸化してしまうものでした。

 

これを落とすためには、

重曹のアルカリ性で酸性の汚れを

落としてしまいましょう。

 

重曹は食用のものでもいいですが、

掃除用と書かれているもので

十分です。

 

あまり頻繁に洗いすぎても

生地を傷めてしまうので、

2、3回履いたら洗濯の目安にしましょう。


スポンサーリンク