2月に入ったらやってくる
バレンタイン

 

わたしは本命より、友だちへのチョコの方が気合入っていたな~
数が多いから準備も、作るのも、持っていくのも大変
でも、友だちは素直な反応くれるから嬉しくて頑張ってた。

味はみんな普通においしいから
見た目だけでも華やかにしようとラッピングは特に頑張ってた。

 

ただ、頑張ったラッピングも持っていく途中で崩れちゃったり
大量生産だから時間がかかって苦労したな…。

高校生だと親に手伝ってもらうわけにもいかないし
思春期でなんだか恥ずかしかったりもするから

 

自分で頑張ろう!

 

と考えてる方にぜひ参考にしてもらえたらと
ラッピングについて調べてみました。

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

 

バレンタインデーの手作りは大変!それならラッピングで差をつけて!

 

市販のものをそのまま使うのもいいけれど、

 

バレンタインが近づくと良いものが見つからなかったり
売り切れてしまっていることも多いと思います。

 

そこで、手に入れやすいものをまとめてみました。

 

紙コップ
形が崩れやすい物(クッキー やブラウニー、パウンドケーキなど)
袋に入れると割れたり潰れたり、形が崩れないか心配ですよね。

 

そこで紙コップ

 

紙コップのまま袋に入れてもいいし
紙コップ自体をギフトボックスのようにする方法もあります。

 

また、コンビニやスーパー、100円均一ならストライプや水玉など
かわいい柄の物も手に入ります。

もちろんシンプルな無地の紙コップでもいいと思う
むしろ無地の方が自分らしくアレンジしやすいから。

 

マスキングテープやシールを無造作に散りばめたり
レースペーパーや毛糸をふちに巻いたり
ポンポンも目立ってカワイイかも

 

ただ、貼る際は注意も必要
持ち運びで取れないようにしなければならないので
粘着力が強いものを使いましょう。

 

わたしは渡す当日両面テープも持って行っていました。
もしもの時の補強用に…結構使えますよ。

 

OPP袋(クリスタルパック、透明袋な袋)

色んな大きさがあるので万能ですよね

 

それにお菓子ってバターを使うものが多く
紙の袋に入れたら油が染みて味が落ちたりしますが

お菓子の油分が染みず、乾燥も防いでくれるから
おいしいままプレゼントできる。

 

中身が見えるのでお店風に上部に
厚紙をホチキスでとめてもおもしろいです

 

背面に折り紙やカワイイ紙をいれれば
シンプルな袋も華やかになります。

 

ケーキやブラウニーなら一緒に
フォークやピックを付けたら
食べやすいしお菓子が映えて一石二鳥ですよ

 

中身が見えるのが嫌だなというひとは
ラッピングペーパーやレースペーパーなどを巻いたり
大きなリボンや大きいステッカーや造花などで隠してしまいましょう
インパクトもあり中身が目立ちません。

 

 

茶封筒

クラフト紙なので優しい風合いで
事務的なイメージが強いですが
ラッピングにも使えます。

 

そのまま袋状で使ってもよいですが
チョコレートやクッキーなどの一口サイズのものでしたら
三角形のテトラ型にすると立体的で
ちょっと変わった形が目立ってかわいいです。

 

クラフト紙は素朴な色合いなので
ボタンやタッセル、パールなど
カワイイ手芸用品をポイントにつけてもいいですね

 

1点注意が必要で、茶封筒にお菓子をそのまま入れると
お菓子の油分が染みてしまうかもしれないので
1つずつ包んだり、OPP袋に入れると
キレイにおいしさを保ったまま包めます。

 

 

バレンタインデー直前でもこういったもので

ラッピングができます。
お手頃で手軽に揃えやすい物ばかりですので
良ければ参考にしてみてください。

 

 


スポンサーリンク


 

 

バレンタインデーだからこそ!手作りにメッセージをつければ

 

 

バレンタインデーは

お菓子やラッピングに気合を入れがちですが
一番気持ちを伝えるには言葉が大切だと思います。

 

 

なかなか口に出して言わないし
言いづらいし、機会もないと思うので
一言メッセージなどを添えてみてはいかがでしょう。

 

 

小さいメッセージカードを

クリップやウッドピンチでとめたり
袋の一部に穴をあけタグをつけてもかわいいですよね

 

大量生産したいなら手書きは疲れると思うので
はんこを用いると雰囲気も出て簡単です。
100円均一で手に入れることもできます。

 

友だちや部活仲間などたくさん作るとなると

数を揃えるのも大変ですしお金も節約したいですよね。
ご紹介したものなら手頃ですし揃って手に入れられると思います。

 

 

ちなみに、お菓子の材料が売り切れてしまうこともあるので
くれぐれも事前準備は早めにしましょうね。

スポンサーリンク