毎日お手入れしているのに、ちらほら目立ってきた白髪。

髪の元気がないとそれだけで老けた印象に。

 

お手入れに加えるだけで、白髪を解消して

ウルツヤ黒髪が取り戻せたら

最高ですよね!

 

つやつやの髪を手に入れることのできる

使い方をご紹介します。

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

 

馬油の使い方がポイント!黒髪を取り戻す!

 

 

早速使い方を。とその前に選び方。

 

馬油にはクリーム状のものと液状のものがあります。

これは、作るときに分離したものです。

さっぱりめがいい方には液状のものがおすすめです。

 

そして、選びたいのは純度100%のもの。

ドラッグストアで手に入り、体にも使えるので、

一つ持っておいても損はないですよ。

 

 

馬油はずばり、頭皮マッサージに使います。

その方法は

 

  • ブラッシングをして、髪についているほこり、からまりをなくす
  • 馬油を適量手に取りなじませ、 頭皮をマッサージする
  • 頭部から頭頂→前頭部からこめかみ→頭全体
  • 髪全体になじませ10分ほど放置
  • シャンプーをする

 

クリームタイプなら、伸びがいいので

まず小豆1つ分くらいを目安に使い、

足りないようなら少し足すとよいでしょう。

 

マッサージは、指の腹を使い、爪で頭皮を傷つけないようにします。

肌馴染がいいので、そこまでべたべたせずに使えるはずです。

 

保湿効果も高いので、毛先が痛んでパサつくときも

ヘアパックとして使用できます。

 

どうしてもべたつきが気になるという方は、

馬油配合のシャンプーを使ってみてもいいでしょう。

 

シャンプーの際に、同じようにマッサージをして血行をよくします。

 

 

また、馬油は朝のスタイリングにも使えます。

乾燥している部分や痛みの気になる部分に塗ると

つやつやな髪になります。

 

馬油は白髪を防いで、今ある髪も健康にしてくれる優秀なアイテムです。

 

 


スポンサーリンク


 

 

馬油の効能は絶大!白髪を解消する理由

 

 

シャンプー、トリートメントはもちろん、ドライヤー前に洗い流さないオイルなど

今やドラッグストアではたくさんのヘアケア商品が置かれています。

そこに馬油が。

 

ツバキ油やあんず油など○○油が髪にいいと有名になりました。

自然由来の昔から使われていたものがクローズアップされました。

 

馬油とは、馬のたてがみなどの皮下脂肪を精製した

動物性の油脂です。

 

昔からやけどの治療や、スキンケアに使われていた万能な油なのです。

 

馬油のすごいところは浸透のよさです。

不飽和脂肪酸と飽和脂肪酸の割合が人間と同じ6:4で、

肌になじみやすいのです。

 

肝心の馬油の主な成分ですが、

 

  • オレイン酸
  • パルミチン酸
  • αリノレン酸

 

などの脂肪酸からできています。

私たちのからだは日々、酸化しています。

この脂肪酸には抗酸化作用があり、進んでいく老化の速度を緩めてくれるのです。

 

白髪の原因の一つに、血行不良があげられます。

ストレスや生活習慣の乱れから血行不良が起きると、

頭皮に十分な栄養が回らず、白髪が生えてきてしまうことがあります。

 

馬油に含まれるαリノレン酸には血行を促進させる働きがあります。

またオレイン酸には新陳代謝をあげ、保湿力が優れていることで

固くなった皮膚を柔らかくしてくれる効果もあります。

 

そのほかにも、浸透しやすいことで頭皮の汚れを落としやすくしてくれたり、

皮脂のバランスをコントロールしてくれる成分も入っています。

 

よく、頭皮を柔らかくしましょう、と言いますよね。

これは、マッサージによって血行を促し、健康な髪が生えやすい環境にしよう、

ということなのです。

 

馬油にはそれを叶えてくれる成分がたくさん入っているので、

白髪にも効果的なのです。

 

まとめ

 

 

 

馬油はドラッグストアでも手に入り、

顔、体、髪と全身に使える万能オイルです。

 

血行を良くしたり、乾燥を防いでくれたり、

健康な髪を育てるために必要な成分がたくさん

含まれています。

 

人間の成分と近いので安心して使えます。

馬油でウルツヤのある髪を取り戻せたら

最高ですね!

スポンサーリンク