Pexels / Pixabay

 

手作りお菓子が上手にできた時って

誰かにおすそ分けしたくなりますよね。

 

でも袋に無造作に入れるには味気ないし、

形が崩れるのも心配ですよね。

それに、せっかくプレゼントするなら

可愛くラッピングしたいって思いませんか?

 

こんな時には、意外なものを使えば悩みは解決!

お菓子の形が崩れる心配もなく、

可愛いラッピングでプレゼントに最適なんです。

 

そんなお役立ちアイテムが、

誰でも知っているタッパーなんです。

 

タッパーは器の形や大きさ、

そして深さも種類が豊富なので

お菓子を入れる容器としてピッタリなんですよ。

 

今回はお菓子のプレゼントに最適なタッパーを

ご紹介したいと思います。

 

そして、プレゼントにピッタリな

可愛いラッピングの方法も

合わせてお伝えしますよ。

ぜひ参考にしてみてくださいね。

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

 

クッキーの形もくずれない!タッパーの可愛いラッッピングの仕方

 

RitaE / Pixabay

 

手軽に自分で作れるお菓子として

クッキーが人気だと思いますが、

ついつい多く作りすぎてしまう事って

ありませんか?

 

作るのは好きだけど、

自分ではあまり食べない

という人もいるかもしれませんね。

 

そんな時に学校や職場、ママ友との集まりなどは、

手作りお菓子を振る舞うのにピッタリですが、

プレゼントするなら可愛くラッピングしたほうが

見栄えもいいですよね。

 

そこでご紹介したいのが

タッパーを使ったラッピングです。

 

食品の保存に最適なタッパーですが、

最近では色も形も種類が豊富。

見た目もかわいらしいものが

安価で手に入ります。

 

このタッパーを使って、

手作りクッキーをラッピング

出来るんですよ。

 

四角いオーソドックスな

タッパーを使うのであれば、

厚めの色画用紙や厚紙を使って、

中の仕切りを作ります。

 

大きめのタッパーに

4つの仕切りを作って、アソートのように

クッキーの詰め合わせを作ります。

 

蓋をそのままにするのは味気ないので

マスキングテープやカラーペーパーで

デコレーションしてみると

ぐっとかわいらしくなりますよ。

 

また、タッパー自体をカラフルなものを

選んだり、中身が透けないものを使うと

普通のタッパーを使うより生活じみた雰囲気がなくなり、

贈り物として十分見栄えのする見た目になります。

 

わざわざ買いそろえるのが

気が引けるというのであれば、

普通のタッパーに

ワックスペーパーを使うといいでしょう。

 

ワックスペーパーもタッパーと同様

デザインも色も豊富で、

安価で買うことが出来ます。

 

好みのワックスペーパーを

タッパーに敷いてから

クッキーを詰めてくださいね。

 

普段使いのタッパーも

マスキングテープやワックスペーパーなどの

小物をきかせることで

ワンランクアップの見た目に大変身できますよ。

 

タッパーはもともと

食品を保存するための道具ですから、

手作りお菓子を入れるには最適です。

衛生的だし、貰った人も安心して食べることが出来ますよね。

 

普段使いの他に、

プレゼント用のタッパーを用意しておくと

すぐに使えてとても便利です。

 

お菓子作りが趣味な人は

ぜひタッパーの常備をしてみてくださいね。

 

 


スポンサーリンク


 

 

バレンタインにおすすめ!可愛いタッパーを使ったラッピング集

 

jill111 / Pixabay

 

タッパーを使ったラッピング方法をお伝えしましたが、

バレンタインにもこのタッパーは大活躍です。

 

好きな人に思いを伝えるバレンタインですが、

最近では友チョコと言って、

クラスメイトや部活の仲間など、

女の子同士で手作りのお菓子を配るのが

当たり前になってきています。

 

こんな時こそ大活躍なのがタッパーなんですよね。

 

なんといっても、大きさは多様ですから

クラス全員分のお菓子だって

タッパーに入れて持っていくことが出来ちゃうんです。

 

一つ一つラッピングするのは

お金もかかるし手間もかかりますよね。

 

アイデア次第でタッパーの詰め合わせも、

可愛くお洒落にラッピングできるので

ぜひ参考にしてみてくださいね。

 

クッキー

オーソドックスなクッキーなら、重なり合っても心配ないので

どんな形のタッパーでも大丈夫です。

 

クッキーの形とタッパーの形をそろえると、

敷き詰めた時にきれいに見えます。

 

タッパーにワックスペーパーなどを敷いたら、

無造作にクッキーを詰めてください。

 

隙間があまりできないくらいの量の方が

ぶつかって割れる心配がありませんよ。

 

トリュフや生チョコ

柔らかいチョコレートのお菓子なら、

できるだけ浅くて広い形の

タッパーを選んでください。

 

小さめのカップにお菓子を

一つずつ入れたものをタッパーに並べます。

そしてチョコには

かわいらしいピックを刺しておきましょう。

 

柔らかいチョコは

手にベタベタ付いてしまうので

ピックを添えるともらった人も食べやすいし、

ピックもアレンジに効果があるので一石二鳥ですよ。

 

ケーキ

頑張ってホールケーキに挑戦した時も

タッパーを使ったラッピングで

型崩れの心配がありません。

 

ケーキよりも一回り大きいサイズの

タッパーを用意すれば

凝ったデコレーションも崩さずに

プレゼントすることができますよ。

 

その方法は、

蓋と器を逆に使うだけなんです。

 

タッパーの蓋を

お皿代わりにしてケーキをのせます。

その上に器部分をそっとかぶせるだけ。

 

ケーキよりも大きいサイズのタッパーを使うことで

デコレーションを崩す心配もないし、

乾燥の心配もありませんよ。

 

 

まとめ

 

jill111 / Pixabay

 

いかがでしたか?

今回はタッパーを使ったお菓子の

ラッピング方法について

ご紹介しました。

 

アイデア次第でタッパーは大変身できるので

ぜひ参考にしてみてくださいね。

 

 


スポンサーリンク