1年にたった1日だけ

織姫と彦星が会える日

それが七夕

 

七夕の話を初めて聞いたとき

 

そのロマンチックさに心を奪われ

将来結婚するときは七夕

 

 

 

と決めていました

 

そして、とうとう

それを実現できるときが来ました!!

 

せっかく七夕に結婚式を挙げるのだから

何か想い出に残る演出をしたい。

 

いいアイデアはないかしら??

そんなあなたに七夕婚の演出アイデアを紹介します。

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

 

七夕婚の演出アイデア

 

 

◆会場に笹

 

七夕に挙げる結婚式

一番七夕らしい演出と言えば

会場に笹を用意することではないでしょうか?

 

参列者が願い事を書いて会場の笹に飾れるようにすると

七夕の雰囲気で盛り上がりますね。

 

また結婚式なので願い事と併せて2人へのメッセージを

書いてもらったり

 

結婚式の中でメッセージを

いくつか紹介したりするのも

良いかもしれません。

 

 

◆星にまつわる演出

 

続いてのアイデアは天の川に代表される

 

星 !

 

まずは食べ物。ウエディングケーキに

天の川を描いたり料理に星型に切った食材を飾ったり

 

目で七夕を楽しんで食べて楽しむことができる

演出ですね。

 

お次は会場アレンジ。

 

会場に飾る花を星型のバルーンに変えてみたり

またそれをお持ち帰りできたりする

 

なんていうのはどうでしょう?

 

バルーンのほかにも新郎新婦が歩く花道に

星を敷き詰めて天の川を演出したり

 

フラワーシャワーを花びらではなく

星型に切ったものでしたり

 

さらなる七夕らしさを演出することができます。

 

また会場でプラネタリウムの投影

というのも素敵ですね。

 

新郎新婦の生い立ちをそのときどきの

星空と併せて紹介したり

 

新郎新婦の相性や将来などを星占いで紹介したり

 

プラネタリウムを活用するとさまざまなロマンチックな演出が

可能となります。

 

最後に会場を出た廊下や外などにも。

 

結婚式後のお見送りで使う参列者の通り道を

キャンドルで飾るという演出もあります。

 

この演出は結婚式の最後の最後まで

七夕気分で楽しむことができます。

 

◆ユニークな演出

 

ちょっと変わったアイデアとしては

会場でそうめん流しをしてみたり

 

引菓子に青竹をモチーフにした

お菓子を用意したり

 

机上におく各参列者の席札に

ミニうちわを使ってみたり

などがあります。

 

 


スポンサーリンク


 

 

七夕にちなんだ招待状やウェルカムボード

 

 

 

せっかくなので会場における演出だけでなく

招待状やウェルカムボードも七夕感満載で行きましょう。

 

招待状のアレンジ方法には星型をくりぬいたり

星型スタンプを押したりするほかに

招待状の形を星型にしたり黒い台紙に

黄色い文字を押すなどして

 

夜空を連想させるものにしたりさまざまあります。

 

ウェルカムボードの場合笹にぶら下げたり

電飾で飾ったりすることができるほか

 

流れ星をイメージして黒い台紙に

黄色い文字を細く流れるように描いたり

 

新郎新婦を織姫と彦星のイメージで描いたり

することもできます。

 

招待状とウェルカムボード

 

どちらでも使えるアイデアにラメを使ったキラキラ装飾

があります。

 

完成した招待状やウェルカムボードなど

仕上げにさっと塗るだけなので簡単にできます。

 

結婚式の準備はたくさんあるので

簡単にできて豪華にも見せられるなんて

うれしいアイデアです。

 

 

また七夕に挙げる結婚式でよく提案されるものに

 

ドレスコード

 

があります。

 

七夕のころと言え暑い季節です。

参列者に少しでも涼しい気持ち

になってもらうために

 

招待状に

「披露宴へのご出席は、ぜひ浴衣でどうぞ」

と、一言添えてはどうでしょう?

 

七夕らしさはもちろん新鮮な結婚式として

想い出に残ることでしょう。

 

ただ浴衣をドレスコードとして

案内する時には着付けの手配をお忘れなく。

 

 

まとめ

 

 

七夕結婚式を

 

 

 

想い出に残るものにするためのアイデア

いかがでしたでしょうか?

 

1年に1日限りの逢瀬
一生に1度の結婚式

 

七夕の日に結婚式を挙げる

ということは

 

この二人の幸せお祝いできるということ。

 

七夕が語られるようになったときから

今まで

そしてこれからも

織姫と彦星の仲が続いているように

あなたと彼の未来も末永く続いていきますように。


スポンサーリンク