monicore / Pixabay

 

「ゴムベラを買い替えたいなぁ」

「でもどうせなら耐熱だったり、

ちょっと便利なものがいいなぁ」

とお悩みですか?

 

ゴムベラも探すと

本当にいろんな種類のものがあって

迷っちゃいます。

 

でも、ヘタに耐熱性が

低いものなんかを買っちゃうと、

 

使っているときに

溶けたりしたらと心配。

 

特にキャラメルやジャムなど、

ねっとりしたものを

火にかけて混ぜたい時なんかは

 

ちゃんとしたもの

じゃないと不安です。

 

 

この記事ではゴムベラの

オススメをピックアップしたので

ご紹介します。

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

 

ゴムベラの耐熱温度を確認して選ぼう

 

OpenClipart-Vectors / Pixabay

 

ゴムベラの耐熱性って

どのくらいあれば

いいんでしょうか?

 

ズバリ、

普通にフライパン調理や

ジャムづくりなどをするなら、

 

だいたい200℃ぐらい

あれば大丈夫です!

 

市販のゴムベラの

耐熱温度って

どのくらいあるのでしょうか?

 

調べてみると、

ほとんどのものは

200℃以上あります。

 

なかでもシリコン製のものは

耐熱温度が高めのものが多いです。

 

ただ、買うときには一応、

タグを確認してくださいね。

 

ごくまれに耐熱性の

低いものがありますので。

 

ではオススメのものを

いくつかご紹介します。

 

まずはこちら。

 

<無印良品 シリコーンスパチュラ>

 

耐熱温度:300℃

価格:¥750

 

特徴:

おすすめのポイントは

まずその耐熱性の高さ。

 

耐熱温度が

200℃以上のものは多いですが、

 

300℃まで耐えられるものは

そう多くはありません。

 

それにこのシリコーンスパチュラは

比較的薄くて幅広ですので、

 

フライ返しとしても

使えると思います。

 

無印良品なので

近くのお店で買えるし、

お値段もそこそこ。

 

デザインも

悪くないと思います。

 

色がブラックですので

トマトソースなんかに使っても

色残りの心配もありませんしね。

 

続いてこちら。

 

<鎧塚 俊彦 シリコンヘラ TY-006>

 

耐熱温度:220℃

価格:¥972

 

特徴:

有名パティシエ、

鎧塚 俊彦プロデュースの商品です。

 

パティシエが

プロデュースしただけあり、

 

料理の他にもお菓子づくりにも

活躍してくれそうです。

デザインもシンプルで

かっこいいと思います♪

 

ちょっと変わったものでは

こんな商品も。

 

<貝印 SELECT 100 シリコンべら DH-3013>

 

耐熱温度:200℃

価格:¥943

 

特徴:

持ち手がカーブしていて、

手にしっくり馴染む

ユニークな形をしています。

 

さすが老舗の貝印。

使いやすさ重視ですね!

 

耐熱温度が200℃と、

他の商品と比べると

ちょっと気持ち低く感じますが、

 

ご家庭では200℃まで

まずいかないので大丈夫ですよ^^

 

では次に、

ちょっと便利な使い方ができる

 

高機能ゴムベラも

ご紹介しましょう。

 

<マーナ 残さずすくえるスプーンヘラ イエロー>

 

耐熱温度:200℃

価格:¥1366

 

特徴はヘラ部分のカタチです。

 

ヘラの部分が

少しスプーンのようになっていて、

 

ゴムベラとして使った後、

そのままお料理を

盛り付けるときに使えるんです。

 

例えば、

キーマカレーを

このゴムベラを使って作った後、

 

そのまますくって

盛り付けできちゃいます。

 

洗い物が一つ減るし、

何より作ってから

盛り付けまで一本で済むので

楽チンです。

 

 


スポンサーリンク


 

 

ダイソーにもゴムベラはある?耐熱加工は?100均で買えるもの

 

089photoshootings / Pixabay

 

もっとお気軽に、

ダイソーで

買えたりしないのかなぁと思って

 

近所のダイソーを

覗いてきました。

 

ウロウロと探してたら、

見つけました!

しかも2種類!

 

一つめはこちら。

 

 

耐熱温度は70℃ですね。

 

まぁ、お値段なりというか、

耐熱温度が低いので

 

加熱するものには

使わないほうがいいでしょう。

 

もう一つがこちら。

 

こちらは耐熱温度が

230℃まであります。

 

なので、

加熱調理にも使えそうですね。

 

ただ、写真をご覧になると

わかるかと思いますが、

 

手のひらに収まるくらい、

すごく小さいです。

 

耐熱ゴムベラのおすすめのまとめ

 

harishs / Pixabay

 

いかがでしたか?

 

今回の記事をまとめますと、

 

・加熱調理で使うときに

必要なゴムベラの耐熱温度は、

200℃以上あれば良い

 

・市販のゴムベラは

だいたい耐熱200℃以上ある

 

・ヘラとして使って、

そのままスプーンのように

使えるものもある

 

・100均のものは

70℃くらいまでしかないものもあるが、

200℃以上の商品もある。

 

ということでしたね。

 

今回色々ご紹介しましたが、

他にもたくさんあります。

 

我が家でも

耐熱ゴムベラを使っているのですが、

もう10年以上使っています。

 

やっぱり長く使っているので

愛着がありますね。

 

ゴムベラは基本的に長持ちするので、

デザインや使いやすさなど、

 

自分の気に入ったものが

見つかるといいですね!

 


スポンサーリンク