WikiImages / Pixabay

 

暑い夏がやってくると

同時に心配なのが台風。

 

「台風で警報が出ているから

学校が休みになるかな?」

なんて思っていたら、

 

休みにならなかったという経験

ありませんか?

 

天気予報を見ていても、

「警報」だったり「注意報」だったり

違いがよくわからないですよね。

 

今回は一体どんな基準で

学校は休みになるのか、

 

台風情報の

味方を徹底解説していきたいと

思いますので、特に

これからの季節必見です!

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

 

学校が休みになる台風警報

 

geralt / Pixabay

 

まず台風が来ても

学校が休みにならない理由を教えます。

 

一番の理由は

学校長の方針によって、

 

学校が休みになる

基準がかなり変わってくる

ということです。

 

例えば徒歩で通うことが多い

小学校や徒歩又は自転車で

通う中学校は、

 

暴風警報だけでも

学校が休みになることが

多いです。

 

午前中に暴風警報が出ると、

通学途中に何か

起こってしまうかもしれない危険を

 

回避するために

学校が休みになります。

 

ですが高校は公共交通機関を

利用する子達が多いため、

 

電車が動いていれば

通学可能だと学校ごとに校長が

判断する場合があります。

 

注意報だけでは

電車が止まるということはあまりなく、

通常通り学校が

ある場合が多いですが、

 

警報が出た時は

ほとんどのところで

休みになります。

 

では台風で学校が休みになる基準を

ご紹介させて頂きます。

 

台風で学校が休みになる基準は、

気象庁から出される

 

警報や注意報の発令に

準じている場合がほとんどと言っても

良いでしょう。

 

「警報」が出ると台風により、

学校が休みになる可能性が

あります。

 

でも警報が出ただけでは

必ず休みになるとは限りません。

 

大事なのが

「暴風警報や洪水警報など

警報が発令された場所」になります。

 

従ってどの地域で警報が

発令されたのかが

重要な基準に

なってくるというわけです。

 

通っている学校がその警報により

影響が出るのか?というのが

重要なのです。

 

また発令された時間も大事です。

 

恐らくこれが学校が休みになる

重要な要素でもありますが、

 

1日中警報が出ていた場合は

学校が休みになる可能性

大ですが、

 

例えば朝10時まで

発令された場合は

 

途中登校になるところが

ほとんどなのです。

 

逆に午後に発令された場合は、

朝登校し途中下校する

ということです。

 

ですので台風により

学校が休みになるという状況は、

よっぽどじゃないと

ならないということです。

 

 


スポンサーリンク


 

 

 

 

 

 

 

 

学校休みかも!?台風情報の見方

 

_Alicja_ / Pixabay

 

台風シーズンになってくると

天気予報が欠かせないですよね。

 

台風の進路が気になって見ていても、

イマイチ進路図の見方って

分からないなと思うことありませんか?

 

ここで何となく見ている

進路図の見方を

説明したいと思います。

 

進路図の見方を分かっていれば、

台風が発生した時の見方も

変わってくるかもしれません。

 

まず見るのは

台風の現在の中心地の位置です。

 

台風の中心は点で記されていて、

その横に日付と観測時間が

表示されています。

 

ここで注意してほしいのが、

あくまでも観測した時間で

発表するまで1時間はかかるので

 

テレビで予報を見た際は、

実際の台風はその

場所より少し進んでいる

ということです。

 

テレビで見る際、

赤い円が書かれていて

それが暴風域となり

 

そのエリアに入っている地域は

平均風速が25m/s以上の暴風が

吹いているということになります。

 

赤い円の外側に黄色い円が

書かれているのは、

強風域を指します。

 

そのエリアに入っている地域は、

平均秒速15m/s以上の強風が

吹いているということです。

 

台風の中心位置から白い点線で

書かれた円がいくつか記されているのは、

 

予報円と言って予報円の横に

記されている日付のその

時刻に台風が円の中に入る可能性が

70%と予測されています。

 

ここで勘違いされやすいのが、

予報円と同じように台風が

進んでいくと思われがちなのですが、

 

必ずしも予報円の中心を

進むわけではなく

予報円の中に入る可能性があるという意味

 

なので、予報円の通りに

進まなかったからと言って予報が

外れたわけではないのです。

 

またこの予報円には、

白い実線が書かれていますがそれは

暴風警戒域です。

 

台風の中心が予報円内を進んだ場合、

暴風域に入る可能性がある

場所を示しています。

 

意外と知られていない

台風の進路図の見方ですが、

知っておくと便利なので

是非覚えておきましょう。

 

まとめ

 

auntmasako / Pixabay

 

いかがでしたでしょうか。

 

この記事では台風で

学校が休みになる基準と、

台風情報の見方について

解説していきました。

 

学校や住んでいる地域によって

まちまちで、公立か私立かによっても

また違いもあります。

 

安全に学校に通うためにも一度、

自分の通っている

学校の基準を確認しておくと

良いかと思います。

 

読んでいただき

ありがとうございました。

 

 


スポンサーリンク