Bru-nO / Pixabay

 

ぶどうをたくさんもらって

食べきれないときに作る

無添加の100%ジュース

 

なんだか贅沢だし、

美味しそうですよね。

 

でも、ぶどうって房からひとつひとつ

実を取り外すだけでも面倒なのに

それが、種ありぶどうだったら…

 

皮をむいて種も

取らなくちゃいけないのかって

一気に作る気失くしちゃいそう

 

でも、そんな面倒臭がりさんでも大丈夫!

 

取り除かなくても

簡単に美味しいジュースが

作れちゃう方法があるんですよ。

 

それに、ぶどうの種や皮には

捨てちゃうにはもったいない

美容や健康にいい成分が

たくさん含まれているんです。

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

 

種ごと&皮ごとジュースにした方がいい理由とは?

 

3271136 / Pixabay

 

ぶどうを食べるとき、種も皮も

いつもは捨てちゃう部分です。

 

だから、ジュースにするときも

取り除いた方がいいのかなって

思いますよね。

 

でも、ジュースにするときは

種ごと&皮ごとがいいんです。

 

その理由は種にも皮にも栄養素が

いっぱい詰まっているから

 

ぶどうにポリフェノールが

含まれているのは有名ですよね。

 

紫や赤い皮の部分には

ポリフェノールの一種

 

「アントシアニン」と

「レスベラトロール」が

特に多く含まれています。

 

「アントシアニン」の効果には

・目の疲れや視力改善

・動脈硬化の予防

・老化防止や発がん抑制

 

「レスベラトール」の効果には

 

・ターンオーバーを正常化して美肌に

・脂肪代謝を改善してメタボを予防

・食物アレルギーの発症を抑える

 

などなど、美肌やアンチエイジング

健康維持にいい効果が

たくさんあるんですよ。

 

このポリフェノールは実と皮の間に

一番多く含まれているんです。

 

また、ぶどうの種の部分にある

OPC(オリゴメリックプロトシアニン)

という成分

 

この成分は

「活性酵素の除去作業」が

特に優れていて、

 

血管を強くしたり

美白にも効果があると

言われています。

 

捨ててしまうのは

もったいないですよね。

 

ぶどうの種には

「生で食べると毒」とか

 

「盲腸になる」なんていう説も

あるようですが

これは気にしなくても良さそうです。

 

実際にぶどうの種から作った

グレープシードオイルなんかも

ありますしね。

 

種ごと皮ごとの

おいしいジュースを作って

健康できれいになっちゃいましょう。

 

 


スポンサーリンク


 

 

余ったらシャーベットにするのもおすすめ!

 

RitaE / Pixabay

 

種や皮ごとジュースにするときは

一度、冷凍するのがおすすめです。

 

冷凍することで皮の渋みが消えるので

とても飲みやすくなりますよ。

 

冷凍ぶどうは、

ジップロックに入ったまま

手で豪快に揉んで

 

潰してから網でこすと

簡単にジュースにできちゃいます。

 

ちょっと雑なような気もするけど

昔はワインも足で踏んで絞っていたから

作り方は同じようなものですよね。

 

でも、この作り方だと種も皮も

取り除かないと飲みにくいです。

 

なので今回は、

冷凍ぶどうを使った簡単な

スムージー風ジュースの作り方を

ご紹介しますね。

 

1.きれいに洗ったぶどうを

凍らせて置く

(前日までに冷凍庫に入れて、

よく凍らせて下さいね。)

 

2.ミキサーに凍ったぶどう、

牛乳、レモン汁を入れる。

3.20~30秒、

ミキサーにかけたら出来上がり

 

ぶどうの甘みがすくない時は

はちみつやシロップを

加えてくださいね。

 

凍ったぶどうを使うと

ミキサーにかけるときに

氷を入れなくてもいいので

 

水っぽくならないのも

嬉しいです。

 

牛乳を飲むヨーグルトや豆乳に変えて

アレンジも楽しめますよ。

 

バニラアイスを加えて

自家製ぶどうシェイク

なんていうのもいいですね。

 

余った冷凍ぶどうは、

そのままミキサーにかけて

シャーベットにするのもおすすめ。

 

自然な甘さで暑い季節にも

ぴったりです。

 

ぶどうは冷凍しても

味は落ちないし

栄養価もあまり変わらないんですよ。

 

冷凍保存できる期間は

2~3週間

 

そのままだと傷みやすいぶどうは

とりあえず冷凍しておくと

便利に使えそうですね。

 

 

 

 

 

種ありぶどうでジュースを作りたい!種や皮はどうする?のまとめ

 

627389 / Pixabay

 

今回の記事のポイントは次の二つ

 

・ぶどうは種と皮ごとジュースにした方が

 栄養価が高くメリットが多い

・ぶどうは凍らせてからジュースにするのが簡単

 

ぶどうって、すぐに傷んじゃうから

頂きものが重なったときって

食べるのちょっと飽きちゃうんですよね。

 

でも、冷凍しておけば日持ちするし、

ジュースやシャーベットへの

アレンジも簡単

 

そのまま解凍して食べても

皮がむきやすくなって

良さようですよね。

 

今度たくさんぶどうを頂いたら

とりあえず冷凍ぶどうにして、

いろいろなアレンジ試してみたいです。


スポンサーリンク