pixel2013 / Pixabay

 

小学1年生の子を鍵っ子にするのは

不安になりますよね。

 

子どもの気持ちを考えたり、

防犯について考えたら

 

小学校1年生から

鍵っ子にするというのは

とても心配になると思います。

 

学童を利用したり、

実家などに

預かってもらう方が

 

不安は

少なくていいのですが、

 

学童に入れなかったり、

近くに頼れる人がいなかったりと

家庭の事情は様々だと思います。

 

鍵っ子にせざるを得ない

という場合の心配事は

たくさんあるかと思いますが、

 

今回は、鍵をなくさない方法や

子どものケアや防犯の対策について

ご紹介したいと思います。

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

 

鍵っ子はかわいそう?寂しい思いをさせないコツ&防犯のコツ

 

weinstock / Pixabay

 

「小1の壁」という言葉を

ご存知ですか?

 

共働きのワーキングマザーには

聞き覚えがある言葉

ではないでしょうか。

 

子どもが入学することで、

仕事の継続が難しくなり

 

退職しなくてはならない人が

多いことから

「小1の壁」と

言われているようです。

 

実際に、小学1年生は

入学してからしばらくの間、

給食を食べる前に下校します。

 

行ったと思ったら

すぐに帰ってくるんですよね。

 

これは、働くママに

とっては大問題。

 

子どもの帰宅時間に合わせて

仕事を抜けられる環境であれば

いいのですが、

 

仕事って

そう簡単に時間の調節は

出来ないものですよね。

 

学校の生活時間に合わせていたら、

仕事に支障が出ると、

働くママの多くが

感じているからこそ、

 

「小1の壁」という言葉が

できたのかも

しれませんね。

 

子どもの入学に合わせて

仕事を辞めるという人がいる中、

 

家庭の事情によっては

どうしても退職できないと

いうママもいるかと思います。

 

そんな家庭では、

学校が終わってからの時間も

心配が尽きないですよね。

 

近くに、子どもを頼める親戚がいたり、

学童保育を利用するのは

とてもいい対策だと思いますが、

 

頼れる人がいない場合や

学童保育の利用が

 

できないといった場合には

鍵っ子という選択をせざるを

得ないのではないでしょうか。

 

子どもを鍵っ子に

してしまうことには

賛否両論あると思います。

 

ですが、

子どもが可哀そうだとか

危ないのではないかと

 

胸を痛めているのは、

どんなママでも同じだと思います。

 

そんな風に

やむなく鍵っ子という選択を

しなければならないママは

 

子どものケアや防犯対策について

知っておくことが大切です。

 

小学生になったとはいえ、

ついさっきまでは

幼稚園、保育園に

通っていた子どもです。

 

誰もいない家に帰宅してから

家族が帰ってくるまでの長い時間を

一人で過ごすということは

 

とても

寂しさを

感じることだと思います。

 

学校という新しい環境で

毎日頑張っている

子どもの気持ちを考えると

 

できるだけ

心のケアは

してあげたいものです。

 

一人で留守番をしている間に

子どもが寂しくなったり、

 

困ったことが出来るだけ

起きないようにするには、

 

あらかじめ、

ルールを決めておくことが有効です。

 

経験の浅い子どもが、

一人で留守番をすることは、

些細な事でも

不安を感じやすいと思います。

 

その不安を少しでも解消できれば、

安心して家族の帰りを

待つことが出来ると思います。

 

ルールの中に防犯対策も

入れておけば

より安心できますよね。

 

私も二人の子どもがいて

仕事もしていたので

 

「小1の壁」を

感じたことがあります。

 

上の子は学童に馴染めたのですが、

下の子は全く馴染めず、

行き渋りもあったために

鍵っ子という選択をしました。

 

このときに

私と息子との間で決めたルールを

ご紹介したいと思います。

 

・家に入ったら、

すぐに鍵を閉める

 

・帰宅したことを

母親に連絡する

 

・インターフォンや

電話には出ない

 

・出かける時には、

どこに行って

誰と遊ぶのか連絡する

 

・家に友達を呼ばない

 

これらのルールは

防犯対策と

 

トラブル対策のために

決めました。

 

帰宅したらすぐに鍵を閉めて、

そのあとは誰かが

 

インターフォンを鳴らしても

出なくていいと教えました。

 

小学1年生になったばかりの子に

訪問客の対応は

 

まだ難しいと思ったので

このルールを決めました。

 

インターフォンや電話の対応は

子どもの成長に合わせて

出来そうになってから教えました。

 

子どもの交友関係も

知っておく必要があるので、

 

遊びに行く時には

連絡をするというルールと、

 

大人がいない家に

友達を呼ばないという

ルールも決めました。

 

これは、友達とのトラブルを

極力回避するためには

必要なルールだと思います。

 

うちの場合は、

下の子がかなり

やんちゃだったので・・・

 

どこかにお邪魔した場合には

後からお礼の連絡をいれつつ、

 

何かやらかしてはいないか

確認したかったからです。

 

そのかわり、

私が休みの時には

 

友達を家に

呼んで遊ばせました。

 

どんな友達と遊んでいるのか、

友達との関わり方は

どうなのかがわかるので、

 

このルールは

作ってよかったと思います。

 

ルールは忘れないように、

子どもが見れる場所に

ずっと貼っておきました。

 

半年くらい過ぎると、

ルールが定着して

当たり前に出来るように

なっていましたよ。

 

そして、

防犯対策と同じように気になるのが

子どもの心のケアだと思います。

 

誰もいない家で

一人で留守番をしているのは

 

心細さや寂しさを

感じていると思います。

 

仕事から帰ってきたママは

夕飯の支度にお風呂の支度、

 

子どもの宿題を見たり、

翌日の準備をしたり、

 

やることがいっぱいで

大変だとは思いますが、

 

子どもの話を

しっかり聞く時間は

必ず作ってあげてください。

 

ママとして、

勉強はどうなのか、

 

友達とはどうなのか

気になる事が

たくさんあると思いますが、

 

まずは、子どもが伝えたいことを

しっかりと聞いてあげることが

大切だと思います。

 

子どもから話してくることは、

知ってほしい、

共感してほしいという気持ち

だからこそだと思います。

 

ママが聞きたい話とは

違う時もあるかと思いますが、

 

どんな話も、

じっくりしっかり

聞いてあげてくださいね。

 

このほかに、

一人で過ごす時間を出来るだけ

寂しくならないような

工夫もあればいいと思います。

 

わが家の場合は、

DVDをレンタルしたり、

 

間違い探しやパズルなど

一人で長い時間楽しめる

グッズを用意していました。

 

それから、おやつにも

一工夫をしていました。

 

ヒントのメモを見て、

子どもが自分でおやつを探す

宝探し方式だったのですが、

 

これは子どもがとても

楽しんでいましたよ。

 

家族が帰ってくるまでの時間を

楽しく過ごせるような工夫をしたら、

 

子どもの寂しさは

減るのではないでしょうか。

 

 


スポンサーリンク


 

 

子どもが鍵をなくさない方法3つ

 

472301 / Pixabay

 

鍵っ子が何よりも

忘れてはいけないのは、

鍵そのものですね。

 

鍵がなくては

家に入ることが出来ないので

 

絶対に失くさないように

対策を考えなくてはなりません。

 

肌身離さず鍵を

持っていることが理想ですが、

小学1年生には難しいところです。

 

でも心配はいりません。

 

最近では、子どもが

鍵を失くしてしまわないような

対策グッズがたくさんあります。

 

その中から、

子どもでも簡単に使える

 

鍵の紛失防止にピッタリな

アイテムを3つご紹介しますので

ぜひ参考にしてみてくださいね。

 

ランドセルキーケース

 

ランドセルに取り付ける

タイプのキーケースです。

 

リールが付いているので、

手間なく鍵を開けることが出来ます。

 

ケースに鍵を収納できるので、

人目に触れにくく、

防犯対策にも適しています。

 

キーファインダー

 

探し物の場所を、

音や光で知らせてくれる

アイテムです。

 

ランドセルの中に入れたはずの

鍵がすぐに見つけられない時など

 

ボタン一つで簡単に

見つけることが出来ます。

 

また、タグを付けたものが離れると、

音が鳴って知らせる機能が

付いているものもあるので、

紛失予防にもなります。

 

キーボックス

 

鍵は持ち歩かずに、

キーボックスに収納して

家族で共有して使うアイテムです。

 

家の外に設置し、

ボックスの中に玄関の鍵を

入れておきます。

 

ボックスには暗証番号の

鍵が付いているので

番号さえ覚えられるなら、

鍵を持ち歩かなくて済みます。

 

このほかにも、

鍵をなくさないためのグッズは

たくさんありますので、

 

子どもに合ったものを

選ぶと安心ですよ。

 

 

フルタイムで働くママって

色々心配ですよね!

小学生一年生の子供を持つフルタイムママは

こちらも是非読んでみてくださいね!

子供が小学生になったら…フルタイムで働くママが考えたいこと!

小学一年生から鍵っ子って大丈夫?鍵をなくさない方法3つ のまとめ

 

geralt / Pixabay

 

いかがでしたか?

今回は、小学1年生が

 

鍵っ子になる時の

心配事についてご紹介しました。

 

お子さんは、

初めての学校生活に

ドキドキすることが

たくさんあると思うので、

 

家の中では、

出来るだけ安心して

 

家族の帰りを

待っていられるように

 

工夫や対策を

してあげたいですね。

 

 


スポンサーリンク