春夏、着る機会が多くなる白い服。

一枚できるとどうしても透けるのが

悩みですよね。

 

透けないようにするには

インナーの色が大事です。

 

服によってインナーを

変えてみましょう。

 

白い服を楽しむための

インナー選びを見ていきましょう。

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

 

ポイントはやっぱりインナー?

 

 

い服は太陽や光に当たると

中に着ているものが透けてしまうことが

あります。

 

せっかくの白い服なのに…と

気になってしまうと

その日一日楽しむことも

出来なくなってしまいます。

 

 

なぜ、白い服は中に着ているものが

透けやすいのでしょうか。

 

それは、白は光を通してしまうからです。

 

光を通してしまうので、

中に着ているものまで

光が届きます。

 

それが反射して人の目に映るため

透けて見えるのです。

 

反対に光を吸収してしまう黒は

中に着ているものまで

光が届かないので反射することなく

透けないというわけです。

 

 

では、白い服を着るときには

どう対処したらいいのでしょう。

 

やはり、

インナーを着るということです。

 

しかし、この時着るインナーは

何でもいいわけではないのです。

 

 

ポイントはどう見せたいかによって

色を選ぶということ

です。

 

 

せっかくの白を

中のインナーが透けることで邪魔したくないとき、と

あえて中に着ているものを目立たせたいとき、

とは選ぶものが変わってくるのです。

 

 

中に着ているインナーを透けさせたくないとき

選ぶべき色は、ベージュ系。

 

ベージュでも肌より少し濃い色だと

透けません。

 

モカベージュなどですね。

 

ただ、ベージュ系は見えたときにいかにも、

透けさせないために着ました感が

出るので、見えないようにしましょうね。

 

 

また、くすみがかったピンクやパープル、

グレーも透けにくいです。

 

同じ白なら目立たないのでは?

と考えちゃいますが、

意外にも白のインナーは、肌との境目が強調されて

目立ってしまうのでおすすめできません。

 

 

次に、

首元が大きく開いているようデザインのシャツや

カットソーなど。

 

この場合は

逆に見えてもいいような

インナーを選びます。

 

その時は、

黒やブルーなど色は問いません。

 

デザインが入っていても

いいですね。

 

あえて違う色を合わせている、

見えてもいいデザインのものを

合わせることで

透け対策と思われません。

 

 

トップスの場合は

キャミソールやタンクトップを。

 

スカートの場合は

肌より少し濃い目のベージュのペチコートで

対策をとってみてくださいね。

 

 


スポンサーリンク


 

 

白でも透けない生地がある

 

 

い服でも透けやすい生地と

透けにくい生地があります。

 

レディースだとブラウスやシャツなどは

透け感が目立つ気がしますよね。

 

てろてろとしたサテン系の生地も

透けやすいです。

 

逆にコットン100%のカットソーなどは

比較的生地が厚めなので

透けにくいです。

 

生地が厚くなれば厚くなるほど

透けにくくはなりますが、

多少重さも出てきます。

 

 

そして夏は生地が厚いと

風の通りも悪くなる気がしますよね。

 

そこで、

天竺生地を使った服を探してみましょう。

 

天竺とは木綿の生地で

天竺編みという織り方がされているものです。

 

伸縮性もあり、肌触りもいいです。

比較的生地が厚めですが

さらっとしているので

気になりにくいです。

 

そして透けにくいのが特徴なので

白い服にはもってこいです。

 

白い服でも色んな素材がありますので、

その服に応じておしゃれを楽しんでみてください。

 

 

まとめ

 

 

い服が透けるのは、光を通しやすいからだと

いうのにはなかなか気づかないですよね

 

透け防止のためには、

肌より少し濃いベージュが一番効果があるということ

 

白は逆に目立ってしまうということが

驚き。まさに目からウロコ!!

 

服に合わせてインナーを変えることで

雰囲気を変えることができます。

 

天竺編みという編み方の服は

比較的透けにくいということなので

白い服を探す際には参考にしてみてくださいね。


スポンサーリンク