白髪が増えると、明かりの下で反射して

目立ってしまいますよね。

気になって、屋内でも帽子が手放せなくなったり、

おしゃれが楽しめなくなったり。

 

白髪を増やさないために必要なこと、

特に40代後半からの主婦のあなたにお教えしましょう。

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

 

白髪は日焼けで増える?

 

 

 

白髪が増えてくると、

実年齢より上に見られてしまうことが

あると思います。

 

肌や髪は見た目年齢を左右する

大事な要素です。

 

ところで、

肌には日焼け対策をする方が多いですが、

髪の日焼け対策って必要なのでしょうか。

 

日焼けは紫外線によって起こります。

メラノサイトという組織がメラニンを作り、

そのメラニンが紫外線を肌の奥に届かないように

防いでくれます。

 

長時間日光に当たった場合、

このメラニンが紫外線から守れる能力を超えてしまうと

肌がダメージを受けて、

赤くなったり、ほてったりしてしまうのです。

 

海水浴なんかで長時間日光に当たった後、

髪の分け目が赤くなって、

皮が剥がれたりしたことはありませんか?

 

頭皮も肌と同じく日焼けしてしまうのです。

それに、頭は一番高い位置にあります。

顔や体の肌よりも日光に近く、

実はダメージを受けやすいのです。

 

髪があるから日よけになって、

日焼けするのは分け目だけで他は大丈夫

と思ってはいませんか。

 

紫外線にはUV-AとUV-Bがあって、

この2つは髪を通り抜けて頭皮に影響

与えてしまうのです。

 

頭皮が日焼けすると何が起こるかというと、

 

  • 皮膚が炎症を起こして赤くなる
  • 頭皮が乾燥する
  • 皮がむけてフケのようなものがでる
  • 白髪が増える

 

などです。

 

白髪以外にも、かゆみや抜け毛など

頭皮と髪にとってよくないことばかりです。

 

また、髪が焼けると色が退色して

赤っぽくなっていくことがあります。

 

そもそも髪が黒い理由は、

毛根の奥の黒い色素メラニンを作る細胞、

メラノサイトの働きによって

髪に色がついて生えてくるのです。

 

紫外線によってこのメラノサイトがダメージを受けると、

メラニンが作られなくなってしまいます。

 

また、日焼けによって肌のターンオーバーが乱れると、

頭皮は新しい皮膚を作ることができず、

乾燥が進んだり、血行が悪くなったりして

メラノサイトに栄養が行きわたらなくなります。

 

そうすると、髪を黒くすることができずに

白髪となって生えてきてしまうのです。

 

 


スポンサーリンク


 

 

白髪予防にはいつもの日焼け対策を一工夫!

 

 

頭皮が日焼けしてしまうと

白髪が増える可能性があることが分かりました。

 

そこで顔や体と同じように日焼け対策を

取っていきましょう。

 

紫外線が多いのは夏と思いがちですが、

白髪の原因になりやすいUV-Aは、

UV-Bよりも多く降り注いでいます。

 

ですから1年を通して日焼け対策を

とるのがベストです。

 

また、10時から14時は1日のうちでも

紫外線が多い時間帯です。

 

雨の日でも紫外線は全くないといえないので

軽めの予防をしておくと気分がラクかもしれません。

 

日常で出来る頭皮の日焼け対策ですが、

  • 日傘をさす、帽子をかぶる
  • 日焼け止めスプレーを使う

などがあげられます。

 

日傘や帽子は、表面に紫外線を遮る加工がしてあるもの

などUVカット効果のあるものが売られています。

おしゃれなものも多いので、似合うものを探してみましょう。

 

 

帽子だと蒸れるのが気になるという方には、

紫外線対策用のヘアスプレーがおすすめです。

お出かけ前にスプレーするだけです。

 

全身に使えるものや、

UVカットのほかに、髪と頭皮に優しい成分が

入っているものなど様々です。

 

最近だとドラッグストアでも見かけるようになりました。

大きさも普通のスプレー缶と

変わらないくらいで持ち歩きもできます。

 

1本持っておけば、気になるときに

使えるので便利です。

 

まとめ

 

 

紫外線で頭皮が日焼けしてしまうと、

髪を黒くする成分が作られにくくなってしまいます。

 

その結果、

白髪に繋がってしまうことが分かりました。

 

そんなに気にしないことが多い頭皮の日焼けですが、

肌と同じように対策をとっていくことが白髪を

増やさない予防になります。

 

日焼けを防ぐのは大切ですね~

スポンサーリンク