2554813 / Pixabay

人生の一大イベント、出産。

産前産後、ゆっくりと過ごせる

 

里帰り出産をされる方も

多いですよね。

奥さんが実家に帰るのは、

産前に1ヶ月、産後に1ヶ月、

最低でも2ヶ月はかかります。

 

1人増える分、食費や光熱費、

そして赤ちゃんのオムツなど、

生活費が増えていきますよね。

そのお礼は、

お世話になる初日に渡すと

 

ご両親も気持ちよく

お世話してくれます。

 

が、その額の相場は

どれくらいなの?

お答えします。

相場は、

一月に奥さん1人につき2万円。

 

二ヶ月分であれば、

4万円です。

 

小さい子どもも連れていく場合は、

子ども1人につき

一月5千円が相場です。

今回は、

この里帰りのお礼の金額

についてご紹介していきます。

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

 

里帰り出産のお礼の金額はいくらが妥当?非常識って思われない額は?

TBIT / Pixabay

臨月の母体は

とてもお腹が大きくて

動きにくく、

 

また胃が圧迫されて

苦しい時期です。

 

この時期は家事も大変。

そして産後は産褥期と言って、

体を休ませなければいけない時期です。

 

が、生まれたばかりの

赤ちゃんは2.3時間おきに

おっぱいで起きて泣くので、

 

休みたくても

ゆっくり休めない時期。

 

家族のサポートが

必要になってきます。

そんな時、

奥さんの気心知れた

ゆっくりできる実家で、

 

気を遣わなくてもいい

お父さんやお母さんのところで

お世話になる方も多いですよね。

しかし、奥さん1人増える分、

そして赤ちゃんが増える分、

かかってくるのが生活費。

 

気持ちだけで十分、

と言ってくれるご両親も多いですが、

 

奥さんと赤ちゃんが

お世話になるという事で、

きちんとお礼はしたいですよね。

 

でも、だいたいいくらくらいを

包めばいいの?

 

あんまり少ないと失礼だし、

多すぎると気を使わせてしまうし…。

冒頭でも伝えた通り、

相場は一月2万円です。

 

小さい子どもも連れていく場合は、

子ども1人につき

一月5千円が相場です。

 

一人当たりの生活費より

少し多いくらいの金額ですが、

 

お礼も込めて

この金額にされる方が多いです。

赤ちゃんの泣き声や

産前産後の母体のお世話は大変。

 

そんな時期を任せて

お世話になるのですから、

少し多めにお礼をしたいですよね。

 

という事で、

この額が相場になっています。

 

 


スポンサーリンク


 

 

里帰り出産のお礼を渡すタイミングはいつ?もしも断られたら?

geralt / Pixabay

では、

いつお礼を渡したらいいのか?

お世話になる初日がベストです。

 

最終日、ではなく

初日にお礼をお渡しすると、

 

ご両親も気持ちよく

お世話してくれますよ。

 

この時に、一緒に行けるのであれば

「妻と子がお世話になります。

よろしくお願いします。」

 

としっかりと

気持ちを伝えましょう。

嬉しいのは、

やはりその気持ち。

もしも一緒にいけないのであれば

、奥さんに代わりに伝えてもらい、

後から電話をするといいでしょう。

 

しかし、お金はいいから、

と受け取ってくれない方も多いです。

親としては、

これから子どもに沢山のお金が

かかることを知っているので、

 

できるだけ負担がないように、

と思うもの。

そんな方には、

お礼の品や、孫に会いにきてね、

 

ということで旅行券などを

プレゼントすると

受け取ってくれることが多いです。

お礼として現金を

受け取ってもらえなかった場合は、

 

ご両親が喜ばれそうな品や温泉旅行、

自宅に遊びにきてもらえるような

旅行券などがオススメですよ。

 

さいごに

 

KathrinPie / Pixabay

私は里帰り出産はせずに

自宅で主人が仕事の間は

一人で産後を乗り切りましたが、

 

やはり2.3時間おきに

おっぱいをほしがる赤ちゃん、

 

おっぱいを飲むのに

10分や20分かかり、

 

ミルクの場合は哺乳瓶の消毒

などをしていると

 

あっという間に時間が過ぎ、

気づけば次の授乳、という感じ。

それに自分や主人の食事の用意、

家事、もう休ませて…と

懇願したいくらいでした。

産後、1週間は

ゆっくりと体を休ませたいもの。

里帰りできるのであれば、

ぜひこの時期は

たくさんの家族のサポート

を受けてほしいです。

産後の治りは

この産褥期にかかるといっても

過言ではありません。

無理すると、

やはり治りも少し時間が

かかってしまうので。

そんな大変な時期に、

代わりにたくさんサポートを

してくれる奥さんの家族には

 

感謝しても

仕切れないですよね。

喜ばれるのは、

使いやすい現金。

 

現金は…という場合は

商品券でもいいでしょう。

大切なのはその気持ち。

気持ちよく受け取って頂き、

気持ちよくお世話してもらうためにも、

 

しっかりとお礼の気持ちを伝え、

大切な奥さんや子どもを

サポートしてもらいましょう。


スポンサーリンク