Claire51700 / Pixabay

 

出産も間近になると、

そろそろ里帰りの準備をしなければと

忙しくなってきます。

 

自分の実家で出産までの間、

家族のサポートを受けながら生活できることは

妊婦さんにとってはとても心強いですよね。

 

自分の親なら何かと要望も出しやすいし、

ストレスなく出産まで過ごすことが

出来るのが里帰り出産の魅力です。

 

でもちょっと気になるのが

義両親との関わりではないでしょうか。

 

出産の前後で考えると、約2か月ほどの

滞在期間となるのが平均的なようですが、

 

その間、旦那とは別居になり、義両親とも

接する機会は自然と減っていきますよね。

 

産まれてくる子どもは、

両家にとって大切な孫ですから、旦那の

家族も出産を心待ちにしているはずです。

 

そう思うと、里帰り中とはいえ旦那の

両親とも接する機会を

作った方がいいのでは?と

悩んでしまいます。

 

 

今回は、そんな里帰り中妊婦さんの

旦那の両親との関わり方について

考えてみたいと思います。

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

 

出産後の里帰り中旦那の両親は誘うべき?

 

miltonhuallpa95 / Pixabay

 

マタニティブルーや産後クライシス

という言葉があるように、

 

女性は出産前後に気持ちが

不安定になることがあるものです。

 

自分の体に負担を掛けながら、出産という

大きな仕事を成し遂げるわけですから、

 

情緒不安定になってしまうのは、

当たり前のような気がします。

 

ちょっとしたことでイライラしたり、

急に不安になって涙が出たり、

 

自分でも分からない感情に

襲われることがあるものです。

 

赤ちゃんのいる生活は、想像以上に

過酷です。

 

出産後の女性は

初めての子育てならなおさら、

育児に大きな疲労を感じるでしょう。

 

正直こんな状態の時に、

旦那の両親まで気遣うなんて

そんな余裕はないかもしれませんね。

 

けれど、孫が生まれたとなると義両親の

気持ちも普通ではありません。

 

待望の赤ちゃんが産まれたとなると、

早く会いたい、この手で抱っこしたい

そう思うのも仕方ありません。

 

お嫁さんの実家とはいえ、

孫の顔が見たいという気持ちが強ければ、

会いに行きたいと思うのです。

 

出産後は体力もまだ回復しておらず、

気持ちも不安定なのでそっとして

おいてほしいという気持ちも分かりますが、

 

これからの将来のことを考えると、

義両親とは良好な関係でいることがベストですよね。

 

大変な時にわざわざ自分から誘うことは

しなくていいと思いますが、

 

もし、義両親から実家に行きたいという

申し出があった場合は余程の問題がなければ

受け入れたほうがいいでしょう。

 

実家の両親の都合もあるでしょうから、そこは

上手く時間を調節しなくてはなりませんが、

 

孫を大切に思ってくれる気持ちを

受け入れるほうが

今後の関係も上手くいくでしょう。

 

しかし、あくまでも自分の負担が

大きくならないようにするのが必要ですね。

 

長時間の滞在は避けてもらう方が

ストレスを最小限に済ますことが出来ます。

ここは、旦那に協力してもらいましょう。

 

旦那から長時間の滞在は避けてもらうように、

事前に話をしてもらい実家に招くときには、

もちろん旦那にも同行してもらいましょう。

 

あらかじめ、このくらいの時間で・・・と

旦那と計画しておくといいですね。

 

この時に気を付けたいのが、

旦那への配慮です。

 

あからさまに義両親には来てほしくない

という態度であれば、

旦那としてもいい気分はしないものです。

 

自分のお嫁さんが、

自分の親を大切にしてくれないと

不満が募ってしまいます。

 

体力が戻っていないことや、精神的に

落ち着かない事の他に赤ちゃんが

 

長い時間だと疲れて機嫌が悪くなってしまうなど

産後間もないからこそ配慮してほしいことを

強調して協力してもらいましょう。

 

 


スポンサーリンク


 

 

旦那の両親は旦那に任せるのがベスト

 

andreahamilton264 / Pixabay

 

里帰り出産中の義両親とのやり取りを、

実家にいるお嫁さんや

 

実家の両親がするのは気を遣うので

ストレスを感じてしまいかねません。

 

里帰り出産をするかしないか、

夫婦で話をする時には事前に、

 

里帰りをした場合は旦那に実家と

義実家の間にしっかり入ってほしいことを

お願いしましょう。

 

訪問したいという申し出も、

旦那が間に入ってもらう方が

お互いストレスを感じずに済みます。

 

良い嫁にならなくてはと

産前産後に無理をするより

 

旦那の両親は、

旦那に任せるのが一番無難です。

 

何より

赤ちゃんを中心とした生活がスタートすれば

ママの精神状態が

なにより大切になりますからね。

 

旦那の気分を害さないように

言葉は慎重に選ぶべきですが

 

無理せず、負担なく過ごすためには、

自分の要望は旦那にきちんと伝えて

 

両家のクッション材に

なってもらえるといいですね。

 

 

まとめ

 

Sanjasy / Pixabay

 

新しい命が誕生するのですから、

夫婦どちらの両親も、同じ気持ちで

喜びにあふれていることは間違いありません。

 

里帰り出産で一時は実家に戻ることに

なりますが、これは赤ちゃんとママのための

 

サポートであって自分の両親だけが

いい思いをするわけではありません。

 

出産後の自分の状態に合わせて、

出来る範囲で旦那の義両親と

関わっていくのが

ベストではないでしょうか。

 

長い夫婦生活の中で、これから先

もしかしたら義両親の世話にならなければ

いけないような事が起きるかもしれません。

 

お互いが良い関係でいられることが

産まれてくる赤ちゃんのためには

最高の環境になります。

 

義両親との関わりは

長く長く続くものですから、

多少の嫌な事には目をつむり、

 

無理せず出来る範囲の関わりを

旦那と相談しながらしていけるといいですね。

 


スポンサーリンク