せっかく、冬に家族旅行するなら

さっぽろ雪まつりが

ダンゼン、オススメ!

 

日本の冬のイベントですもの!

 

そう、一番に思い付くのは

「さっぽろ雪まつり」

 

雪まつりといえば大きな雪像ですが、

 

楽しみなのは

実は雪像だけではないんです。

 

雪まつりならではのポイントをご紹介します。

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

 

さっぽろ雪まつり 期間と楽しみ方

さて、

雪まつりの開催時期は毎年2月上旬です。

 

2018年でいうと

すすきのは2月5日~2月12日まで

つどーむは2月1日~2月12日の予定です。

 

札幌市内で

「大通会場」を中心に

「すすきの会場」

「つどーむ会場」

と、現在では3ヶ所で開催されます。

 

 

ちなみに会場へのアクセスは

「地下鉄」

がオススメです。

 

メイン会場となる

大通公園はJR札幌駅からたったの一駅なんです。

 

さらに

大通公園からすすきのまでも一駅。

 

つどーむの最寄り駅(栄町)までは

7駅、約15分で向かえます。

 

車では渋滞が予想され一方通行も多く、

駐車場も探さなくてはいけません。

 

地下鉄のほうが便利だと感じませんか。

 

 

さっぽろ雪まつりは3会場で家族みんなが楽しめる!

 

会場にそれぞれ違った

コンセプトがあります。

まず、やはり雪像はメイン会場となる

 

大通会場」です。

 

特に注目したいのが

陸上自衛隊と市民のボランティアで製作される

 

大雪像です。

 

こだわりの作品は毎年5基作られています。

 

細かな部分まで作り込まれていて、

大迫力の雪像達。

 

まさに雪まつりの中心です。

 

続いて、お子様と遊べるナンバーワンは

 

つどーむ会場」です。

 

こちらは大通会場からシャトルバスも出ていますよ。

 

魅力はなんといっても雪遊びです。

  • 氷の滑り台
  • スノーラフト
  • そり滑りのゲレンデ
  • 雪のトンネル

 

などまだまだ沢山の催しがあります。

屋内施設もあり、天候も年齢も問わず

 

北海道の雪

を目一杯楽しめる会場になっています。

丸1日遊べそうですね。

 

また第3会場となっている

 

すすきの会場

 

すすきのは北海道の中でも最大級のネオン街です。

こちらは「アイスワールド」によって雪像ではなく

 

氷像

 

が並んでいます。

 

ネオンの光を反射した氷をイメージしてみて下さい。

キラキラと幻想的な世界が広がっていませんか。

 

そう、

特にオススメしたいのが夜 なんです。

 

大切な人とデートへ向かうような

ロマンチックさ。

 

是非、思い起こしてみてはいかがでしょうか。

 

 


スポンサーリンク


 

 

さっぽろ雪まつりならライブカメラの映像で準備も安心

 

 

「ライブカメラ」はご存知ですか。

 

テレビで見かけるお天気カメラ。あれのことです。

 

さっぽろ雪まつりではインターネットを経由して

会場の様子を見ることが出来ます。

 

事前に会場の雰囲気をチェックしたり

観光当日の天候も調べられますね。

 

ライブカメラでも見てみよう

 

ライブカメラの映像で是非見ていただきたい場所があります。

 

それは

大通公園を見渡すさっぽろテレビ塔からの会場です。

 

私がオススメするのはやはり夜なのですが、

 

ライトアップとプロジェクションマッピングを上空からの視点で楽しむことが出来ます。

 

例えば部屋の中で、

お昼間に見た光景を思い出しながら、ライブカメラ映像を覗いてみるのはどうでしょうか。

 

 

お土産に便利!さっぽろ雪まつりの公式記念品あれこれ

 

 

さっぽろ雪まつりの楽しみのひとつは

なんといっても公式記念品

 

さっぽろ雪まつりのシンボルキャラクターは

オレンジ色のマフラーとハットを斜めにのせた

おしゃれな雪だるまです。

 

デザインの多くには

○○th (第○○回)

SAPPPORO (さっぽろ)

SNOW (雪)

FESTIVAL (まつり)

と入っています。

お土産には

  • バッチ
  • キーホルダー
  • ミニタオル

 

などが定番ですね。

 

今、お土産に人気が高まっている

フリフリマグネット

も登場しています。

 

貰って嬉しいボールペンやクリアファイルは

可愛いデザインが揃っています。

 

ここに挙げた商品はどれも1000円以内なので

沢山買いたい方にオススメですよ。

 

また、コカ・コーラとのコラボレーションで

さっぽろ雪まつりオリジナルデザイン缶

が販売されます。

 

コカ・コーラとコカ・コーラゼロがセットになっています。

 

もちろん

中身は普段飲んでいるものと一緒のはずですが、

キャラクターの描かれた可愛い缶は

窓辺に飾ったりしても素敵だと思います。

 

見かけたら手に取ってみたいです。

 

最後に

 

さっぽろ雪まつり家族みんなが

喜んでくれるでしょう。

 

会場はそれぞれ、

  • 雪像は大通会場へ。
  • 遊ぶならつどーむ会場へ。
  • 氷像はすすきの会場へ。

と覚えて下さい。

 

ちなみに、さっぽろ雪まつりは

1950年から始まったと言われています。

 

きっかけは大通公園に学生が雪像を作ったことでした。

 

まずは市民のお祭りとして定着して

そこから10年後、メディアに紹介されて全国へ広まりました。

 

大規模になっていくお祭りに合わせて

雪像も大きくなっていったのでしょうか。

 

約70年の歴史。長いですね。

 

この時期は晴天でも寒い。それが北海道です。

 

雪が降っているようならさらに冷えます。

 

だから、ヒートテックにダウンジャケット

はあると良いでしょう。

 

防寒グッズも普段より多めに持ち歩いて下さいね。

 

特に雪をさわると手が冷えるので

手袋は防水機能のものがオススメです。

 

また、

吹雪いていると傘はもう意味がありません。

むしろ危険だと思います。

 

そこで、

レインポンチョのようなサッと羽織れる雪対策も

良いと思います。

 

お子様はスキーウェアでも暖かくて

可愛いですね。

 

この冬、家族での旅行は

一生の宝物になるはず。

 

どうぞ、暖かい格好で
お出かけ下さい。

スポンサーリンク