zuzyusa / Pixabay

 

産後のダイエットに

悩んでいるあなた。

 

早く出産前の

体重に戻したいですよね。

 

でも育児は想像以上に体力勝負。

ダイエットをしたくても

食事量を減らすわけにはいきません。

 

良い母乳を出すためにも

栄養のある食事を

しっかり摂る必要があります。

 

 

そこで食物繊維の豊富な

おからを使ったダイエットを

おすすめします。

 

産後や授乳中の方でなくても

ダイエットにおからを取り入れる人は

多いと思います。

 

でも、おからは授乳中の方に

特に適しているんです。

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

 

ダイエット効果もある!?おからが授乳中におすすめの理由

 

Jing / Pixabay

 

では、一体おからの何が

そんなに良いのかを

ご紹介していきますね。

 

 

まず「食物繊維」。

 

食物繊維といえば、

ご存知の方も多いと思いますが

便秘解消に大いに役立ってくれます。

 

思えば妊娠中から産後にかけて

身体が大きく変化し、

 

ひどい便秘や体の不調に

悩まされていませんか?

 

おからに含まれる食物繊維は

不溶性食物繊維。

 

つまり、水に溶けにくく

胃や腸の中で大きく膨らんで

腸を刺激することで

 

腸の動きを

活発にしてくれるんです。

 

 

このため、便秘解消はもちろん妊娠、

出産を経て腸の働きが

 

弱っているあなたの腸内環境も

きれいに整えてくれますよ。

 

さらに、食物繊維は

水分を含むとお腹の中で膨らむので、

少しの量で満腹感を得られるんです。

 

授乳中は

ダイエットしたい気持ちとは裏腹に

すごくお腹がすきやすいですよね。

 

赤ちゃんに母乳をあげているのだから

当然といえば当然なのですが、

 

私はこれをいいわけにして

いつもダイエット失敗に終わっていました。

 

母乳を出すということを

大義名分にして

 

たくさん食べてしまう自分を

甘やかしていたわけですね。

 

当然、これでは体重は減りません。

 

産後ダイエットしたいと思っている

あなたにも身に覚えはありませんか?

 

でも大丈夫!

 

おからなら、

お茶やお水と一緒に食べることで

 

すぐに満腹になるので

食べ過ぎを防いでくれますよ。

 

それでももし、

食べ過ぎてしまったとしても

 

おからであれば低カロリーなので

それほど気にする必要はありません。

 

たくさん食べれて低カロリー、

なんて嬉しい食品なんでしょう。

 

さらにおからは

食物繊維だけではありません。

 

 

「大豆サポニン」

 

大豆サポニンには

抗酸化作用があります。

 

脂質の酸化を防いで

代謝を促進してくれるので、

 

太りにくい身体づくりには

欠かせない要素です。

 

さらに脂肪を燃焼してくれる

「大豆たんぱく質」

「大豆イソフラボン」。

 

「大豆レンチン」は

中性脂肪の低下を促してくれます。

 

いかがですか?

おから一つで

こんなにダイエットに効果的な

 

栄養素がたっぷり

つまっているんです。

 

質の良い母乳を出すためにも

栄養価が高いことは

とっても嬉しいですよね。

 

 


スポンサーリンク


 

 

授乳中におすすめ!栄養価の高いおからを使ったダイエットレシピ

 

silviarita / Pixabay

 

おからを使ったレシピ、

ご存知ですか?

 

実はおから自体には

そんなに味がありません。

 

なのでどんなお料理にも取り入れやすく、

味もよく染み込むので

 

飽きることなく

色んなレシピを試せちゃうのも

大きな魅力です。

 

なかでも授乳中で

忙しいあなたにぴったりの

レシピをいくつかご紹介しますね。

 

・おからパウダーを

好きなものに混ぜるだけ!

 

ごめんなさい。

レシピと呼べるほどの

ものではございません。

 

おからはおからでも

最も手軽なおからパウダー

というのも売っています。

 

これを買ってきて

好きなものに混ぜてみてください。

 

先にも述べましたが

ほとんど味がしないので

 

違和感なく

取り入れられると思います。

 

カレーでもコーヒーでも

本当になんでもOK ですよ!

 

一つだけ注意したいのは摂取量。

1日50gを目安にしてください。

 

あまり摂りすぎると

腸内の水分を吸収して

便が硬くなってしまうことがあります。

 

おからを食べるときは

お茶やお水と一緒に取りましょう。

 

 

・おからクッキー

 

授乳中は

なるべくお菓子を控えるように、

と言われたりしますよね。

 

甘いもの大好きな私は

お菓子を我慢するのが

本当に苦痛でした。

 

でもおからクッキーなら罪悪感なし!

 

作り方も簡単で

洗い物も少ないレシピです。

 

材料

生おから 50g

薄力粉  大匙2

 

砂糖   大匙3(お好みで減らしてもOK)

きなこ  大匙3

牛乳   大匙2

バター  10g

 

手順

バターを室温に戻したら、

材料を全部袋に入れて混ぜる

 

袋のまま棒状に形成し、

冷凍庫で30分寝かせる

 

生地を5ミリ幅に切ったら

オーブン200℃で15分焼く

 

以上です。

 

赤ちゃんがお昼寝している間に

サッと作れると思います。

 

たくさん作って

保存しておいても良いですね。

 

まとめ

 

DeeDee51 / Pixabay

 

お産の後、

私は体重よりも体形が気になりました。

 

妊娠前と別人のような

お腹のたるみを見ては愕然とし、

 

一日でも早く痩せたいと

思っていました。

 

そう思っている人は

私だけじゃないはず。

 

だけど産後のダイエットは

焦ってはいけません。

 

大事な赤ちゃんを育てるため、

まずはあなたが

元気でいなくちゃですよね。

 

そのためには

しっかり食べてください。

 

・食物繊維で便秘解消

・栄養素が高く低カロリー

・脂肪燃焼を促進

 

おからは授乳中のダイエットの

強い味方です。

 

ぜひおからを

毎日の料理に

取り入れてみてください。


スポンサーリンク