illustratedcottage / Pixabay

 

栄養価が高く、話題になっているパクチー

 

実は、

あの香りが苦手で・・・

というのはあなただけでは

ないはず。

 

そこで、

今回はパクチーが苦手な人でも

美味しく食べられるレシピを

ご紹介したいと思います。

 

ブームにより、

身近なスーパーでも

パクチーが手に入るようになりました。

 

食べやすくて簡単に作れるものを

厳選してご紹介しますので

 

ぜひ、

パクチー料理に挑戦してみてくださいね。

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

 

食べやすくて簡単!パクチー料理

 

qimono / Pixabay

 

まずは、こんなところから

挑戦してみましょう

 

 

・パクチーカレー

いつものカレーを煮込むときに、

刻んだパクチーを加えるだけの簡単料理です。

 

お好みによってパクチーの量は調節してくださいね。

ひき肉を炒めてキーマカレーにするのも相性が良いですよ。

 

パクチーの香りで

いつものカレーがエスニック料理に

大変身です。

 

パクチーの独特な香りが苦手な人は、

先ずは

生よりも熱を加えた料理で

チャレンジしてください。

 

匂いを完全に消すことは出来ませんが、

熱を加えることで抑えることが出来ます。

 

 

・パクチーのかき揚げ

お好きな野菜を千切りにして、

刻んだパクチーと合わせたもので

かき揚げを作ります。

 

パクチーは

エビやイカなどの魚介類との

相性がいいのでお好みで加えてください。

 

カリッと揚げたところに、

たっぷりのレモン汁と塩で

食べてみてくださいね。

 

こちらも熱を加えることで、

独特な風味が軽減されます。

 

食べる時に

レモン汁を加えることで、

エスニックな風味ながらも

 

パクチー初心者には食べやすい味です。

 

もう少し

パクチーの風味を残したいと思う時は

かき揚げにせず、

 

パクチーだけの天ぷらが

いいかもしれません。

 

パリパリとした食感で、

お酒のつまみとしてもばっちりです。

 

 

・パクチーの味噌玉

主な材料は、みそ、砂糖、パクチーです。

 

パクチーを

細かく刻んだらごま油で

しんなりするまで炒めます。

 

そこに同量のみそと砂糖を加え、

弱火で練り合わせます。

 

砂糖がしっかりと溶けて

艶がでてきたら完成です。

 

こちらもパクチーは過熱しますし、

ごま油の香りで独特な匂いが軽減します。

 

この味噌玉はアレンジがしやすいので、

お好きな食材を加えてみてください。

 

豚や鶏のひき肉を加えて肉みそにしたり、

辛いのがお好きな方は

コチュジャンを加えてみてもいいでしょう。

 

作った味噌玉は、

野菜炒めや焼きそば、パスタなど

 

普段の料理の時に

調味料として使ってください。

 

いつもの料理が

アジアンテイストな一品になりますよ。

 

 

苦手な人でも食べやすく、

なおかつ簡単にというポイントをおさえて

厳選したレシピです。

 

苦手な人がパクチー料理を克服するコツは

なんといっても加熱です。

 

生の状態では、

苦みや香りが強く、

なかなか克服できないでしょう。

 

でも、

加熱することで匂いは抑えることができます。

 

もし、

時間があるのなら

乾燥させるのもいいと思います。

 

加熱同様に、

乾燥後のパクチーは

匂いがあまり気になりませんよ。

 

意外とイケる&おしゃれ♪パクチー風味のレモネードレシピ

 

PhotoMIX-Company / Pixabay

 

パクチー料理に慣れてきたら、

思い切って変わったドリンクに

挑戦してみるのはいかがでしょうか?

 

ご紹介するのはレモネードです。

 

飲み物にパクチー?と

驚かれるかもしれませんが

 

パクチーとレモンは相性が良く、

暑い夏にピッタリの

爽やかなドリンクなんですよ。

 

 

・パクチー風味レモネード

 

用意するのは

レモンとお好みの甘味料の二つです。

 

レモンを輪切りにスライスしたら、

煮沸消毒した密閉容器に

 

レモン、甘味料の順に重ねていきます。

しっかりと蓋をして

一晩おいたら出来上がりです。

 

甘味料は、

砂糖やはちみつなど

お好きなもを選んでください。

 

出来上がったレモネードの素を

グラスに入れたら水や炭酸水で割ります。

 

そこに輪切りのレモンとパクチーを乗せたら

見た目も爽やかな

パクチー風味のレモネードが完成です。

 

とっても簡単で、

レモンやパクチーの彩りで

暑い夏を爽やかにしてくれるドリンクです。

 

レモネードの素を作るのが

面倒だな・・・と感じたら

 

100%のレモン果汁を使えば

もっと簡単に作ることが出来ますよ。

 

グラスに

レモン果汁、はちみつ、氷を合わせて

良く混ぜます。

 

そこに

水や炭酸水を注げば

簡単レモネードの完成です。

 

手作りのレモネードの素より、

酸味を強く感じるかもしれませんが

 

これなら一晩待たなくても、

飲みたい時にすぐ作ることが出来ますよ。

 

 


スポンサーリンク


 

 

ドレッシングが鍵!パクチーのサラダレシピ♪

 

chengzhu / Pixabay

 

健康や美容に効果的な

パクチーを使って、

 

普段のサラダを

アレンジしてみるのはどうでしょうか。

 

パクチーが苦手という人の多くは、

あの独特な香りで

食べられないのではないでしょうか。

 

特に、

生で使うパクチーは香りが強く、

苦手な方はサラダは

敬遠してしまうかもしれません。

 

でも、ドレッシングを工夫すると

意外と食べやすくなるんです。

 

ポイントは

パクチーに負けない個性のある

食材を使うこと。

 

これがドレッシングの鍵になりますよ。

 

・酸っぱくて甘いエスニックサラダ

好きな野菜や

エビ、イカ、鶏肉などを

ボイルしたものを

ざっくりと混ぜ合わせます。

 

そこにパクチーを

好きなだけ乗せたらサラダは完成です。

 

ドレッシングは

 

醤油をベースに

はちみつ、レモン果汁、トウガラシの輪切り、

サラダオイルを

 

混ぜ合わせて作ります。

 

レモンの酸味、

はちみつの甘み、

トウガラシの辛味で

 

エスニックなドレッシングになります。

 

酸味と辛味でパクチーの香りが

抑えられて食べやすくなりますよ。

 

・中華風パクチーサラダ

お好みの葉野菜、

セロリの千切りをサッと混ぜ合わせます。

 

ドレッシングは

醤油、酢、ごま油を混ぜ合わせて作ります。

食べる直前にドレッシングをかけてくださいね。

 

セロリの風味とごま油や酢の効果で、

パクチーの香りが和らぎます。

 

豆類や茹でた鶏肉を加えると

ボリュームのあるサラダになりますよ。

 

・やみつき玉ねぎドレッシングのサラダ

 

シンプルに

パクチーだけを食べるサラダです。

 

苦手な人にはハードルが高いと

感じるかもしれませんね。

 

でも、

ドレッシングが抜群に美味しいので

苦手だったはずのパクチーも

後を引く美味しさで箸が止まらなくなります

 

千切ったパクチーに合わせるドレッシングは

すりおろした玉ねぎ、

醤油、

酢、

トウガラシの輪切り、

ごま油

 

を混ぜ合わせます。

玉ねぎはたっぷり、すりおろしてください。

 

ドレッシングと言うより、

玉ねぎも一緒に食べるサラダです。

 

ごま油の香りと、

トウガラシの辛味、

酢の酸味で

 

パクチーだけのサラダでも、

パクパク食べてしまいます。

 

パクチーだけというのはちょっと・・・という方は

お好きな野菜を加えてください。

 

玉ねぎと相性の良い

お肉を加えてもいいですね。

 

ローストビーフや

グリルチキンなどを加えると

サラダといわずメインの一品になります。

 

手軽に料理できるパクチーですが

実は室内で育てることもできますよ。

是非こちらの記事も読んでみてくださいね。

室内でのコリアンダーの育て方のコツと注意点 これなら安心楽ちん!

 

 

まとめ

 

6689062 / Pixabay

この数年で人気急上昇中のパクチー。

独特な香りと苦みがクセになると

話題になっていますね。

 

特に女性に人気なようで、

パクチーの専門店が出来るほど。

 

パクチーは

タイ料理で良く使われる香草の一種。

セリ科の一年草で香菜とも。

 

独特な強い香りを持つパクチーですが、

高い栄養価に加え、

消化の促進や殺菌作用など

多くの効果があり

 

古くから薬草として

大切にされてきました。

 

また、

美容に適しているビタミン類が豊富であり、

抗酸化作用や女性ホルモンの分泌を

促進する効果もあると言われています。

 

女性に人気なのも頷ける効能ですよね。

 

最近では「パクチニスト」という言葉が生まれるほどで

パクチーブームの強さを感じます。

 

今回は

健康や美容にとても効果があるパクチーを

できるだけ食べやすい

レシピとしてご紹介しました。

 

どれも簡単

ですぐに作れるもの!

 

パクチーブームと言われていますが、

これだけ身体に良い効果があるのなら、

積極的に食べていきたい食材ですよね。

 

初めは苦手だった強い香りや苦みも

工夫一つでぐっと食べやすくなります。

 

パクチーが苦手という方にも、

ぜひトライしてほしいなと思います。

 

今年の暑い夏を

パクチーのパワーで乗り越えましょうね。


スポンサーリンク