オキシクリーン

その成分に危険性は
あるのか ないのか。

 

漂白剤として、

塩素系のようにツーンとした匂いも
ないし。
 
何より、酸素系漂白剤は
使って安全なのか。

 
 
気になる点を探ってみました。

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

 

オキシクリーンの危険な成分?

 
 
 
 
オキシクリーンの成分に
危険は潜んでいるのか?
 
 
それが問題ですね。
その謎を解くためには
2種類のオキシクリーンがある

 
それを前提にしないと
いけないようです。

 
オキシクリーンは
アメリカ版と日本版の
の2種類があります。
 
 
オキシクリーンは
チャーチ&ドワイシャという会社の登録商標です。
 
つまり、
この会社が生産販売をしているってことでしょう。
 
日本版は
グラフィコという会社が
日本の正規代理店として
販売しているそうです。

 
で、何が違うかというと
 
 
アメリカ版は、界面活性剤と香料が
入っている。
 
日本版はの場合は、界面活性剤と香料が
入っていない。
 
 
危険なのか安全なのか
という点については、
この
界面活性剤と香料がポイント
となります。
主原料である
・過炭酸ナトリウム
・炭酸ナトリウム
これは、
自然由来の昔からある
ものです。
とりあえずは 安全と思っていいと思います。
で、問題は

・界面活性剤
・香料

ですね。
これがちょっと…
グラフィコさんのページでは、
環境やお肌のことも考えた
効果とやさしさを兼ね備えた 洗剤
って書いてあります。
界面活性剤や香料は
石油由来のもので、
その安全性については
現在も議論されている
最中なんですね。
危険かどうかを気にする
人にとって
危険
が何を意味するのかが
わかりませんが、
とにかく、
より安全な危険の少ないものを

使うのであれば

日本版のオキシクリーン
がいいと思います。

 

界面活性剤

で、
アメリカ版オキシクリーン
に出て来る
界面活性剤
とは何なのか。
知っている人は
スルーしてもらっても
いいかもです。
早い話、
水と油を強引に混ぜてしまう
石油由来のものですね。
乳化剤
ともいいます。
泡立ちがよくなるので
いろんなものに使われています。
・石鹸
・シャンプー
・ボディシャンプー
・歯磨き粉
・マウスウォッシュ
・各種掃除用洗剤
・業務用、工場用の超強力洗浄剤

などなど。

泡がモコモコするものには
たいてい使われてますね

シャンプーや歯磨き粉
などに含まれている

界面活性剤はいくつか種類が
ありますが
体への安全面については、
その良し悪しの結論は
でていません。
とにかく、
アメリカ版オキシクリーン
の界面活性剤も同用です。
 
 
自然環境の面からみて

石油由来の界面活性剤は
自然に戻ると言われていますが
この点については証明ができている
ワケではないんですよね。

そういう疑わしさを避けるので
あれば、
界面活性剤を使用していない
日本版

がより安全だろうと
思われます。

だけど、
界面活性剤を使っていないということは
洗っている時の

アワアワ


あまり出てこないことに
なります。
だから、
ほんとに汚れとれるかな
ちょっと物足りないな


日本版オキシクリーンを使った時は
思うかもしれません。

逆に泡がモコモコすれば
洗っている気分になるのが
アメリカ版になります。
実際、それでアメリカ版を
使っている人もいる
みたいです。
コストコで売ってるんですよね。
あと、公式サイトでも
オンラインで買えるようです。

でも高い。安く買いたい!
いくらオンラインで買える
とはいっても値段が高いん
ですよねー
約1.5キロで1280円!(税抜!)
この値段でも大丈夫って人はいいけど、
少しでも安く買いたいって人も
いますよね。
もちろん、
オキシクリーンそのものを
安く買うのは難しいけど、
オキシクリーンの主原料
つまり、
漂白剤の部分補助剤としての成分を
それぞれ購入するっていう
手もあります。
ただし、その配合までは
わからないので、
そこは自分でやってみる
しかありませんが。
でも、すごく参考に
なるサイトがあります。
(ある意味ネタバレになってしまいますけど)
石鹸百科というところ。
URLは、
https://www.live-science.com/
です。
詳しい使い方や注意点や
それから使ってみた人の
声もあります。
今書いている記事って
いらないんじゃない?
と思ってしまうくらいです。
(笑)
で、話をもどして
オキシクリーンの主原料となるのは
・過炭酸ナトリウム
・補助剤が炭酸ナトリウム
となります。
名前はすごく似てますね。
ともかく、

過炭酸ナトリウムは、
1キロ432円というのが
あります。
過炭酸ナトリウム(酸素系漂白剤)(1kg)
送料は別なので
600円と仮定しても
約1000円くらいでしょう。
オキシクリーンよりは
ちょっとだけ安いと思います。

これだけでも、
かなりの汚れ落ちは
期待できるみたいです。
あと、補助剤としての
炭酸ナトリウムは
1kg618円
というのが ありました。
これは送料無料です。
炭酸ナトリウム 1kg(ソーダ灰/炭酸ソーダ)
補助剤としての
炭酸ナトリウムを
どう使うかっていうのも
ありますけどね。
まぁ重曹のアルカリ度が
もっと強くなったと
思えばいいみたいです。
要するに
お掃除に
使えるってわけです。
そもそも、オキシクリーンに
酸素系漂白剤の
過炭酸ナトリウムと

アルカリ系洗剤としての
炭酸ナトリウムを
一緒にしたのは、

より使い道を広げてユーザを広げる
意味があったのかもしれませんね。
結論としては、
過炭酸ナトリウムだけ
買って使ってみるという
のもアリかもしれません。
使い方は、石鹸百科に
もあります。
参考にしてください。
石鹸百科 過炭酸ナトリウムを使った洗濯

 
 


スポンサーリンク


 
 

結局、オキシクリーンの安全性ってどうなの?

 

結局、

オキシクリーンの安全性って
どうなんでしょう。

安全といっても
いろいろあって、

◆体や健康面の安全性
 つまり
 ・体に安全?
 ・赤ちゃんにも使える?
 ・ペットのワンちゃんや
   ネコちゃんには問題ない?
というポイント

◆素材に対する安全性
つまり
 ・色落ちしない?

という、つまり
素材をしっかり守って
くれるかどうか

◆環境に対する安全性
つまり
オキシクリーンを
使った後の排水とかが
環境を破壊しないか

ということ

という3点が
安全性を考える上で
大切になりますよね。

体や健康面の安全性

体に対して
安全なのかどうか。
ましてや、

すごくデリケートな
赤ちゃんにはどうなの?
そして、
ワンちゃんやネコちゃん
(ネコはなんでニャンちゃんって
 言わないんでしょうね?)

 

 
それはともかく
ペットだって
すごく大切だから
安全性が高いもの
を使いたい
というのは
のよくわかります。
ここで、大事なポイントは
やっぱり
界面活性剤
オキシクリーンの界面活性剤は
エトキシレートアルコール
という舌をかみそうな名前。
非イオン系という部類の
界面活性剤なんだそうです。
さて、
この エトキシレートアルコール
がどこまで安全なのかが
気になるんですよね。

 

 
調べてみると
実際どこまで
安全なのかは
わからないみたいです。
わからないというは、
その確認がすごく難しい
ということ。
今、世界で一番使われているのが
このエトキシレートアルコール
という界面活性剤なのだそうです。

 

 

であればなおさら
その安全性を早く確認できると
いいなと思います。
でもそれでは不安になるばかり
なので、いい話も。
日本触媒という会社をご存知ですか。
以前、炎の経営者というドラマ
にもなった会社です。
(2017年のフジテレビ系)
(みました?)
とにかく、
その日本触媒で作っている
製品のひとつが
ソフタノール
という
エトキシレートアルコール。
つまり、界面活性剤。
そのソフタノールの特徴として
日本触媒のサイトに
・低毒性
・低刺激性
で安全性が高い、
つまり、
目や皮膚に対する刺激が
低いと紹介してあります。

(参照先 日本触媒サイト)
https://www.shokubai.co.jp/ja/products/eo/sofu.html

なので、
人の体、とりわけ赤ちゃん
そして
ペットのワンちゃんや ネコちゃんに
対する安全性は
比較的高い
んじゃないかと思います。
(あくまでも個人的な意見ですよ~)
 
 
 

素材に対する安全性

素材に対する安全性は、
どうでしょう?

使用している界面活性剤自体は
刺激臭が低いとされています。
洗濯しても色落ちしないという
口コミもあります。
もちろん、
オキシクリーンを
使ってはいけない
素材もあります。

・ウール
・シルク
・麻
・ドライクリーニングのみの服
・革製品
・籐かごなどの籐製品
・塗装されてない木材
・金属製品
・乾いた塗料がついている場所
・ペルシャカーペット
・宝石
・畳

などです。
こういうもの以外に使う限りは 素材に優しい
オキシクリーンと
いえると思います。
 
 

環境に対する安全性

エトキシレートアルコールという
界面活性剤は

水に溶かしてほおっておくと
炭酸ソーダと水と酸素に分解
されるそうです。
もちろん、
メインとなる成分である
・過炭酸ナトリウム
・炭酸ナトリウム

自然の素材なのでもともと
自然に優しい
つまり、
環境を汚染するリスクは
きわめて低いと

考えていいような気がします。

 
 

 
その一方では、
環境を害するリスクも

ある
という説
もあるみたいですけど。

ただ、
こればかりは、
何がどこまで安全か
というのを
きっちり見極めるのは、
実際は難しいそうです。
今のところ、
確かに環境には優しくない
という証明がない以上は
環境にも安全と考えるのも

アリ
だと思います。

安全性は結局どうなの

結論としては、
一番安全性が高いのは

日本版のオキシクリーン
界面活性剤や香料など
いらんものが
入っていないですからね。
本家のオキシクリーンは
界面活性剤が入っているので
安全性という部分では
一歩引けを取るかも。
本家、日本版といっても
同じオキシクリーンですけどね。

まとめ

 

 
オキシクリーンの成分に
危険性はないのか
答えは
日本版ならアメリカ版よりも
安全な可能性が高い
といえるでしょう
自然に優しい成分だけ
という点は日本版が
優勢です。
結論としては、
一番、安全性が高いのは
日本版のオキシクリーン。
界面活性剤や香料など
いらんものが
入っていないですからね。
 
 
わたしみたいに

本家のオキシクリーンは
界面活性剤が入っているので
安全性という部分では
一歩引けを取るかも。
本家、日本版といっても
同じオキシクリーンですけどね。
オキシクリーンが高いなら
その主成分の
・酸素系漂白剤
・過炭酸ナトリウム
を買うという方法もあります。
ただ、私の意見としては
日本版の
オキシクリーンが
より良いと思います。

いちいち、

別々に購入して
分量を確認する
必要もないので。

面倒くさい派に
オススメの理由です。


スポンサーリンク