最近よく見るオキシクリーン。

衣類のシミや汚れが、

気持ちいいくらい落ちると噂の漂白洗剤です。

 

オキシクリーンは酸素系漂白洗剤なので、

ツンとした刺激臭もなく

また、色柄ものにも使用できるという事で、

今人気ですよね。

 

オキシクリーンは、衣類以外でも

キッチンやお風呂場、トイレ、洗濯槽などで大活躍ですが、

靴も洗えるって知ってました?

 

白スニーカー好きの私には、

聞き逃せない話です。

 

 

オキシクリーンで上手に靴を洗うには?

 

 

 

け置きからのこすり洗い。

こすり洗いが面倒な人にはもっと簡単な方法が・・・・。

 

おっと、予告編はここまで。

これ以上知りたい人は、本編を見てくださいね!

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

 

オキシクリーンと靴の素材の関係がポイント

 

 

キシクリーンで靴を洗う前に

チェックすることがあります。

それは、靴の素材です。

 

オキシクリーンは、ご存じの通り

強力な洗浄力と漂白力がありますので、

 

靴の素材によっては、傷めてしまうことがあります。

 

 

基本的には、布で出来た靴以外は、

オキシ洗いは避けたほうが良いと思います。

 

具体的には

「革・合成皮革・エナメル製」

「ドライクリーニング表示がある」

このような靴は、オキシクリーンで洗うことはやめましょう。

 

 

でも、私の好きなスニーカーや子どもの上履きなどは、

オキシ洗いにもってこいなので、

ジャンジャン洗っちゃいましょうね。

 

 

オキシクリーンで靴を洗う分量と漬け置き時間

 

 

 

材の確認をしたところで、

さあ、オキシ洗いスタートです。

 

用意するものは、

 

オキシクリーン

バケツ

ゴム手袋

靴洗い用のブラシ(歯ブラシでもOK)

 

 

① オキシクリーンの効果がよく出る50℃くらいのお湯を

バケツ8分目ほどまで入れます。

 

② オキシクリーンを付属のスプーンで半分から1杯ほど入れて混ぜます。

 

 

③ 靴が全部浸かるように②のバケツに入れます。

このとき、靴が浮いてこないように水を入れたペットボトルなどで

上から押さえておきましょう。

 

④ 2時間~6時間つけたまま放っておきます。

 

一晩置いておいて、翌日に仕上げをしても大丈夫です。

 

 


スポンサーリンク


 

 

⑤ ゴム手袋をしてからブラシでこすり洗いをします。

このとき、漬け置いていたオキシ液を

洗剤として使えば洗剤を足す必要がありません。

 

⑥ オキシクリーンを残さないようにしっかり流水ですすぎます。

 

⑦ 洗濯機の脱水コースで水を切ってから

風通しの良い場所で陰干します。

 

 

以上が、オキシクリーンによる靴の洗い方です。

簡単ですよね。

・・・もっと簡単な方法があるって聞いてました?

予告してました?

 

予告が一番面白いこともありますよ。

 

そんなことでは許さないですよね。

 

では、本編のクライマックスです。

先程のオキシ洗いの④までは一緒です。

 

もうひとつの⑤

ゴム手袋を付けて靴をバケツから出して

靴用の洗濯ネットに入れて

洗濯機ですすぎ2回コースで回します。

 

もうひとつの⑥

風通しの良いところで靴を陰干します。

 

こちらで大切なのは

洗濯機で洗うときは、必ず2回すすぎコースにすることです。

洗剤成分が残っていると、後で黄ばんでしまうことがあります。

 

もう1つ、靴を洗濯機で洗うときは、

必ず靴用の洗濯ネットに入れてください。

 

 

衣類のネットで洗うと靴や洗濯機を傷めてしまうかもしれません。

靴用のネットは内側に衝撃吸収材が貼ってあるので、

靴も洗濯機も傷めません。

 

靴用の洗濯ネットは、Amazonや楽天などで

500円から1000円くらいで売っています。

 

フェリシモでも扱っていますが、

1900円くらいと少しお高めです。

でも、フェリシモらしく可愛い柄になっています。

 

 

まとめ

 

 

倒な靴洗いが、

オキシ漬けで楽しく簡単にできそうですね。

 

・オキシ漬け 2~6時間

・洗濯ネットに入れて洗濯機へ

・陰干し

 

これで子どもの上靴から

あなたのおしゃれスニーカーまで

スッキリきれいになります。

 

足元がきれいだといい気分になりますよ。

私も、汚れっぱなしで諦めていた靴を

オキシ洗いできれいにします!

 

 

オキシクリーンは、もちろんもっといろいろきれいにしてくれますので

これからのお掃除が少しだけ楽しくなりそうですね。

 

ただし、良い加減にしておいたほうがいいですよ。

きれいになるのがうれしくて

ついやりすぎってことがあるんです。

 

炊飯器を磨きすぎて、色が剥げた経験の持ち主が

注意喚起です!

(私だけ?!)

 

この記事も読まれていますよ

https://www.mimiyori.link/oxiclean_anzensei/


スポンサーリンク