今年もお正月は主人の実家で

お歳暮のおすそわけを

たくさんいただいてきました。

 

2人暮らしだから

こんなにあっても困って・・・

 

うらやましい限りです。

 

 

食べ盛りの子どもがたくさんいるため

毎年ありがたく頂戴しています。

 

主人の実家のようにお歳暮でもらったけど

  • 食べきれない
  • 飲めない
  • 使わない

 

なんてことありますよね?

そこで

お歳暮でもらったものの処分法について

調べてみました。

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

 

いらないお歳暮の処分のコツ

 

 

 

自分だったら

お歳暮でもらったいらないものを

どうするか考えてみました。

 

思いつくのは

  • 人にあげる
  • バザーに出す

くらい??

 

基本的に我が家でいらないものを

もらうことがないため発想が乏しいようです。

 

そこで今度は調べてみました。

すると

 

  • ほかのお歳暮と交換する
  • バザー以外で売る

 

ということができることがわかりました。

 

 

お歳暮を交換できる?!

お歳暮をバザー以外で売ることができる?!

 

もううれしい驚きですね??

早速詳しく見ていきましょう。

 

 

≪他のお歳暮と交換する≫

お店にもよりますが百貨店やデパートでは

お歳暮を交換してくれるケースがあるようです。

 

ただお店によって細かい条件があったり

交換についても

  • 同額の商品との交換が可能
  • 同額の商品券との交換が可能

とお店の対応が異なったりします。

 

そのため直接出向く前に各店舗に

電話で確認することがおすすめです。

 

またどの店舗でも共通する事項として

 

  • 食料品やセール品である
  • もらってからの日数がたっている
  • 箱などに破損がある
  • 配送伝票が残っている
  • 他のお店の商品である

などの場合は交換できないことが多いため

要注意です。

 

≪バザー以外で売る≫

お歳暮を売るときはどこに売ればいいのでしょうか?

家電などであればリサイクルショップかな?

 

と予想できますが

それ以外のものとなると

なかなか思いつきませんよね?

 

実はビールやお酒の場合

買取専門業者があるそうです。

 

お酒が飲めない人にとって

これはうれしい話ですね。

気になる方は「お酒買取」などで検索してみましょう。

 

業者の中には

宅配買取が可能なところもありますので

重いものを持込みしなくてすみさらにうれしいです。

 

またお菓子やハムなどの食料品でも

生ものでなければ

買い取ってくれるリサイクル業者もあり

 

  • 食べきれない
  • 配れない

 

といった場合の心強い味方です。

 

気になる方は

「食料品 買取」で検索してみましょう。

 

中には

賞味期限の近いものでも

買い取ってくれる業者もあるようです。

 

さらに

食器やタオルなどのうち

ブランド物の場合は

オークションやフリマアプリなどで

高く売れることもあるそうです。

 

 


スポンサーリンク


 

 

食材はお料理で使い手もあり

 

 

 

食料品でも買取してくれる業者がある

と書きましたが

 

せっかくもらったのですから

ただ売ってしまうのではなく

 

お料理に使うというのも1つの手段だと思います。

 

◆ビール

煮込み料理やてんぷら,カレー,炊き込みご飯

などに使うことができます。

 

ビールには

お肉を軟らかくする作用があるため

煮込み料理にはぴったりなのです。

 

煮込むことでアルコールも飛び

味付けにも影響はありません。

普段の煮込み料理と同じ味で

楽しむことができます。

 

またビールをてんぷら粉に混ぜると

衣がサックサクになります。

 

その衣は

覚めても時間がたっても

衣がサックサクのままなのです。

 

一度試したら癖になってしまいますよ。

残念ながら私はまだ

ビールをカレーや炊き込みご飯に

使ったことはないのですが

 

話によると

ビールを入れることで

カレーは苦みが増して大人なカレーに

炊き込みご飯は奥深い味に仕上がるそうです。

 

ちょっと気になりませんか?

 

◆ハム

ハムはそのままでも食べられますが

そればかり食べていると飽きちゃいますよね?

 

そこでハムを厚めに切って

衣とパン粉をつけて油で揚げると

ハムカツの出来上がりです!

 

ボリューム満点のメインディッシュです。

 

その他にも、

チーズと一緒にサンドウィッチにしたり

コロコロサイズに切って

ゆで卵やレタス、トマトなどと和えてサラダにしたり。

 

我が家では

オムレツの中に入れたのが好評でした。

また実家では

厚めに切ったハムやベーコンの上に

とろけるチーズを乗せてオーブントースターで焼いていました。

 

簡単でおつまみにもぴったりでした。

 

◆おかき

お菓子を料理に使うのはなかなかハードルが高そうですが

おかきやせんべいは意外と料理にも使えるのです。

 

まず

ご飯と一緒に炊くとおこわが作れちゃいます。

 

もち米を使わなくてもおこわができるなんて

お得じゃないですか?

 

またおかきに

あんかけ野菜をのせるとなんと

あんかけおこげに大変身?!

立派なおかずですね。

 

おかきやせんべいは

お米からできているものが多いので

料理にはぴったりなのです。

 

さらに

おかきを砕いてチョコレートと混ぜて固めれば

和風チョコクランチの出来上がりです。

 

 

まとめ

 

 

 

お歳暮でもらったものを

人にあげるのも

交換するのも

売るのも

 

もらった人次第です。

 

けれどお歳暮には

贈ってくれる人がいる

ということを忘れないでください。

 

中には毎年の恒例行事として

ただ送っているだけ

という人もいるかもしれませんが

 

多くは

「今年は何を贈ろうか」

「何が喜ばれるだろうか」

贈る相手のことを考えながら選ばれた品物です。

 

贈られる方はいらなくても

贈った人が悲しくなるような処分法は

避けてほしいと思います。

 

素直に

「贈ってくれてありがとう

と言える有効活用法を考えたいですね。

スポンサーリンク