何気なく使っている言葉、

でもいざきちんとした意味や

使い方を聞かれるとわからない言葉ってありますよね。

 

「おもたせ」もその1つです。

私はなんとなくわかっていたつもりでしたが、

気になって調べてみると間違って覚えていたんです。

 

「あぶない、あぶない」

恥ずかしい思いをするところでした。

 

あなたはどうですか?

「おもたせ」の正しい意味と使い方、

もう一度しっかり確認しましょう!

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

 

間違えると恥ずかしい!「おもたせ」と『手土産』の違い

 

 

同じような場面で使うことの多い

「おもたせ」と「手土産」ですが、

実は明確な違いがあるのです。

 

実は、使う人の立場によって違うのです。

 

「手土産」とは

知人や親せきなどのお宅を伺うときに持参していく、

ちょっとした贈り物のことを言います。

 

よく似た言葉に「お土産」があります。

「お土産」も人に贈り物を渡すことは同じです。

 

ですが「お土産」は、

あなたが旅行したり、どこかへ出かけたときに

 

友人や親せきに配るために

その土地の名物などを買って渡す品物のことを言います。

 

  • 「お土産」・・・誰か決まった人に渡すために買う品物である
  • 「手土産」・・・どちらかに訪問する時の贈り物

     

品物を買う目的が違います。

なんか理屈っぽい言い方になってますが、

「手土産」と「お土産」の違いはそういうことです。

 

では「おもたせ」とは何でしょう。

ずばり、

「手土産」や「お土産」をいただいた方が、

その品物を指していう言葉です。

 

漢字を当てはめると「御持たせ」

「お持ちいただいたもの」という意味

なのです。

 

品物を渡す立場と受け取る立場で、

同じ品物に対する言い方が違うって、

日本語は本当に難しいですね。

 

でもだからこそ、

日本語は他の言語に比べて

表現が豊富で美しいとも言えます。

 

このような

美しく表現豊かな日本語を使う私たちは、

もっときちんと日本語を使わなければなりませんね。

 

じゃないと、なんかもったいないです。

『宝の持ち腐れ』

 

「おもたせ」の正しい意味が分かったのですから、

正しい使い方も確認しておいたほうがいいですね。

 

 


スポンサーリンク


 

 

「おもたせ」でおもてなしは失礼?知っておきたい正しいマナー

 

 

お客様から頂いた「手土産」を

お客様をおもてなしするために出すのは

マナー違反なのでしょうか?

 

やはり

こちらで用意していたお菓子を出すべきなのか。

悩んだことありませんか?

 

 

答えは、「どちらでもいい」のです。

 

 

「おもたせ」をお出ししても、

用意していたお菓子をお出ししても

マナー違反とはなりません。

 

ただ、

昔は「いただきものはまずお仏壇にお供えして、お客様が帰ってから中身を見るものだ。お客様のいるうちに中身を確認するのは失礼にあたる」と考えられていました。

 

そのため、

今でもお客様に「おもたせ」を出すことに

抵抗のある人もいらっしゃいます。

 

ですが、

今は

「いただきものは、その場で開けてできれば一緒に食べましょう。お客様に喜ぶ顔を見ていただきましょう」という考えのほうが多くなっています。

 

また

「手土産」を持ってきた方も、

みんなで食べるつもりで買ってきた場合もありますので、

「おもたせ」を出すことが増えてきているようです。

 

「おもたせ」を出す時は

「おもたせで失礼します」とか「おもたせで恐縮ですが」とか言って

お出しすることがマナーとされています。

 

また、お客様にとっては

「手土産」を喜んでもらえたのか気になることですので、

「手土産」がすごくうれしかったという

お客様への一言は忘れないでくださいね。

 

ここでまだ一つ気になることがあります。

 

「おもたせ」を出しても、

用意していたお菓子を出しても

マナー違反ではないけれど、

ではどちらを出すかの判断はどうするのか?

 

どちらを優先すればよいのかは、

以下のようなことである程度決められます。

 

「おもたせ」が

  • 日持ちしないもの
  • 明らかに家族の人数分より多い
  • 「一緒にいただきましょう」と言われた

 

このような場合は、

「おもたせ」をお出ししましょう。

 

そこちらで用意していたお菓子は、

持ち帰りできそうなら、

お客様のお帰りの際に包んで渡すこともできます。

 

もし用意していたお菓子が

日持ちしない生ケーキなどで、

お客様に食べていただきたいときは、

 

「○○さんに召し上がっていただこうと用意していたお菓子があるので、こちらをお出ししてもいいですか」

などの一言を添えておけば良いでしょう。

 

または、

まず「おもたせ」を出してから、

時間を置いて用意していたお菓子を出すという方法もあります。

 

用意していたお菓子を出す場合は

「粗菓で失礼ですが」と一言言って出しましょう。

 

まとめ

 

 

「おもたせ」と「手土産」の違い、

思っていたより単純なことだと思いませんでしたか?

 

「いただく立場」と「渡す立場」の違い。

正直私は予想外でした。一つ勉強になりました。

 

これであなたも私もマナー美人に一歩近づきましたね!

 

人付き合いに関するマナーは、

時には頭が痛くなるような小難しいこともあります。

 

でも、

一つのマナーが人と人との関係の

緩衝材になるなら、それも必要なことです。

 

「手土産」を持って友人と仲良く、

「おもたせ」で知人をおもてなし、

 

何かとぎくしゃくしている世の中を

少しでもほんわかと進んでいきましょうね。


スポンサーリンク