オリーブオイルが体に良い

 

ということは知っていたので

育ちざかりの子どもたちのためにも

毎日の料理に取り入れています。

 

でも、どうやら

そのまま飲むだけでも

その効果はあるらしいのです。

 

それなら

子どもたちにも手軽にオリーブオイルの摂取を

習慣づけることができる!!

 

と期待を込めて早速試してみましたが

 

えーっ!

喉がピリピリする?!

これはいただけな~い!!

 

 

そんなあなたに

オリーブオイルのピリピリの正体と

ピリピリするオリーブオイルの見分け方について

教えちゃいます。

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

 

オリーブオイルを飲むと喉がピリピリする理由

 

 

オリーブオイルを飲むときに

喉がピリピリするこの感じ

 

これは

ペッパリーというオリーブオイル専門用語

でいう、苦み、辛み、渋みの中の

 

「辛み」

 

として表現されるもので口にしたオリーブオイルが

100%純正のものであるという証拠なのです。

 

そして

このピリピリとする刺激は抗炎症作用を持つ

Oleocanthal(オレオカンタール)

と言われる成分によって

 

引き起こされるものでありさまざまな薬効がある

と言われています。

 

またこの刺激は

唐辛子やビールの刺激とよく似ていて

人によっては

やみつきになってしまうこともあります。

 

オリーブオイル愛好家たちの間では

オリーブオイルが喉を通るときに

何回咳き込むかでその刺激のレベルが決まる

とまで言われています。

 

刺激のレベルは

もちろん咳き込む回数が多いほど

その度合いが強いそうですが

 

何を好き好んで

何度も咳き込むことを承知で

オリーブオイルを飲んだりするのだろう・・・

って思ってしまいませんか?

 

とはいえ

オリーブオイル愛好家全員が

ピリピリするオリーブオイルを好む

というわけでもないようで

 

彼、彼女らの体調や嗜好によって

ピリピリとした刺激の中でも

マイルドなものを好んだり強いものを好んだりするようです。

 

そもそもオリーブオイルにはマイルドなものから

強いものまでさまざまありますが

 

オリーブオイルに刺激がある

ということはごく当然のことであり

 

逆にオリーブオイルに

この刺激を感じられないときは

その品質に問題がある可能性もあるそうです。

 

その品質を見分けるには、コツがあります。

どうやって問題のないオリーブオイルをセレクトするかは、

こちらの記事に書いています。

オリーブオイルの危険でない本物の銘柄はこれ!知っておきたい4つの見分け方

 

 

そう、オリーブオイルって

もともとピリピリするものだったのですね・・・

 

そういえば 以前便秘対策で

一口試してみたことがありますが

 

確かに飲みにくい

 

 

と感じた覚えがあります。

 

あれ以来オリーブオイルだけを

そのまま飲むことは

私には合わないときっぱりあきらめて

やめてしまいましたが

 

あの飲みにくさは

ピリピリのせいだったのでしょうか??

 

う~ん・・・

 

それよりも口の中に残る感じが

不快だったような気も・・・

 

ん?!

もしかして

上質のオリーブオイルではなかったせい・・・?

 

 


スポンサーリンク


 

 

オリーブオイルがピリピリしないオリーブオイルの見分け方

 

 

 

さて

オリーブオイルには

ピリピリとした刺激があるものとお話してきましたが

 

実は

オリーブオイルの中には

ピリピリとした刺激が少ないものや

 

刺激を全く感じないものもあるのです。

 

それはオリーブオイルには

エキストラバージンオリーブオイルと

ピュアオイル(一般的なオリーブオイル)の

2種類があるためです。

 

オリーブオイルの中でも

高品質なオリーブオイルと言われる

エキストラバージンオリーブオイルは

 

オリーブを搾っただけの

オイルであるためそのピリピリとした刺激が

はっきりとみられます。

 

それに対してピュアオイルは

搾っただけのオイルを

香りや味などをおさえるために精製したり

 

複数のオリーブオイルなどをブレンドしたりして

作られているため

 

エキストラバージンオリーブオイルにある

ピリピリとした刺激が少なかったり

刺激がなかったりすることもあるのです。

 

オリーブオイルにピリピリがあるかないか

という見分け方は

 

そのオリーブオイルが

エキストラバージンオリーブオイルなのか

ピュアオイルなのか

 

という違いにあると言えるのです。

 

 

まとめ

 

 

高品質のエキストラバージンオリーブオイルには

オレオカンタールなどの

体に良い成分が多く含まれるため

 

喉がピリピリする辛みがあるそうです。

 

しかし

高品質なオリーブオイルは

大変高価であるためなかなか我が家に

常駐していただくことができません。

 

もし

ピリピリとした刺激を持つオリーブオイルが

我が家にやってきた際には

 

そのピリピリに敬意を示し

 

何を好き好んで・・・

なんて言わずに思い切って

そのまま口に含んでみたいと思います。

 

幸運にも

ピリピリとした刺激を持つ

オリーブオイルに出会えたあなた

 

いただけな~い!

なんて言わないで

 

存分にその高品質感を味わってくださいね。

スポンサーリンク