オリーブオイルを通販で買いたいんだけど、

オリーブオイルにも偽物があると聞いて

どうやって偽物と本物を見分けるのか知りたい!

 

なんてことありません?

 

健康や美容にいいと話題のオリーブオイル。

偽物でなく本物がやっぱり買いたいですよね~

 

はたして偽物とはどんなものなのか、

本物と見分ける方法はあるのか、

調べていきます。

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

 

オリーブオイルの偽物の見分け方

 

 

日本で売られているオリーブオイルには、

オリーブを絞っただけのエクストラバージンオイルと

精製して香りや味を調整したピュアオイルの

2種類があります。

 

エクストラバージンオイルと名乗れるのは

IOCという国際的なオリーブの専門機関の基準を

クリアできたものだけ。

 

IOCでは、高品質な順に

  • バージンオリーブオイル
  • 複製オリーブオイル
  • オリーブオイル

 

とオリーブオイルを分けています。

 

その中でも最高クラスのバージンオリーブオイルが

エクストラバージンオイルとして販売されるのです。

 

エクストラバージンオイルは

酸度が0.8パーセント以下とIOCは基準しています。

 

しかし、日本はIOCに入っていないため、

JAS(日本農林規格)の酸度2.0パーセント以下

であればエクストラバージンオイルと

表記していいことになっているのです。

 

これが、日本で売られているものと

世界基準のオリーブオイルの差が

出てくるからくりです。

 

また、オリーブオイルが健康面などで

世界的に需要が高くなっていることから、

少しでもよいオイルとして販売したい、

という販売側の不正もあるといいます。

 

 

例えば、

イタリア国外のオリーブをイタリア国内で製品にして、

作ったところをイタリアと表記する

 

収穫してから時間が経っているオリーブの実からオイルを作り、

味や香りの調整をするなどです。

 

イタリアはオリーブオイルの産地として有名なので、

イタリア表記があるとそれだけでいいオイルだと

勘違いしてしまいそうですね。

 

このように、

基準はあるものの、日本と国際的な差だったり、

基準をかいくぐって品質の悪いものをよくみせたり、

と売られているオリーブオイルが偽物だった、ということがあるのです。

 

 


スポンサーリンク


 

 

本物のオリーブオイルはこの見分け方がおすすめ

 

 

では、実際に買うときに、

本物のオリーブオイルを見分ける方法で

カギになるのを何点かピックアップします。

 

・遮光のビンや缶に入っている

オリーブオイルの品質が落ちないように

遮光性のある黒や緑色のビンや缶に

入っているものを選びます。

 

よく見られる透明なプラスチックのボトルでは、

太陽光や蛍光灯の光で酸化が進み

味が落ちてしまいます。

 

・酸度0.8パーセント以下のもの

これはIOCの基準をクリアしている証です。

日本基準のものとはだいぶ差があるので、

英語表記であれば、acidityなどで表記されています。

 

・値段が安すぎるものは避ける

1本のオリーブの木からとれるオリーブオイルは

だいたい20㎏程度です。

その中から、エクストラバージンオイルになれるのはほんの少し。

 

また、無農薬で育てられたオリーブは

作るのにも手間がかかります。

生産者が大事に育てたオリーブです。

 

 

輸入するのにも移動コストなども

かかるので、あまりに安すぎるものは、

他のものが混じっている可能性もあります。

 

・コールドプレス製法で作られている

オリーブオイルに加工する際、熱に弱いため、

低温で圧力をかけて絞る

コールドプレス製法がとられているかが重要です。

 

熱を加えてしまうと栄養がなくなってしまったり、

トランス脂肪酸という善玉コレステロールを

減らしてしまう成分ができる可能性があります。

 

鮮度の高い取ったばかりのオリーブの実を

すばやく加工するため、原産地でしか作ることができない

とても手間のかかる作り方です。

 

まとめ

 

 

オリーブオイルの偽物は基準の違い、品質を良く見せる業者がいる、

などでした。

 

せっかく買うのなら、いい品質のものを買いたいと思います。

 

本物と偽物の見分け方を参考にしてみて、

美味しいオリーブオイルを楽しんでください。

スポンサーリンク