赤ちゃんによくある肌トラブルや便秘

 

わざわざ病院に行って診てもらうほどでもない

と思ってお家でできる対処法を調べてみたら

 

なんとオリーブオイルでなんとかなるみたい

でも今、お家にあるのは食用のオリーブオイルだけ

 

食用のオリーブオイルを赤ちゃんの肌に使っても

大丈夫??

 

そんなあなたに食用油でもできる

赤ちゃんのスキンケアについて紹介します。

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

 

赤ちゃんの肌トラブル!頭皮にも使えるオリーブオイル!食用油の裏技!

 

 

 

赤ちゃんの肌トラブルで

多いものが脂漏性湿疹(しろうせいしっしん)でしょうか?

 

赤ちゃんの頭にかさぶたみたいなものが

ついているのを見たことがありませんか?

それが脂漏性湿疹です。

 

そしてこの脂漏性湿疹による

かさぶたのようなものをふやかすために

 

よくオリーブオイルが使用されるのです。

 

生後間もない赤ちゃんは皮脂がたくさん出るという特徴があり

皮脂がたくさん出ることによって

脂漏性湿疹になりやすくなっています。

 

 

脂漏性湿疹の対策はとにかく

頭皮についている皮脂をしっかりと落すこと

 

ですが

お湯で流すだけではなかなか落ちにくいことがあります。

 

そこで

赤ちゃん用のシャンプーを使うのはもちろんですが

シャンプーの前に頭皮に

オリーブオイルをなじませておくと

 

かさぶたのようなものが

ふやけてとれやすくなるのです。

 

ただ

このときに気になるのが

使うオリーブオイルは食用でもよいのかということですよね。

 

一般的には

食用のオリーブオイルを使用しても特に問題はないとされています。

 

しかし食用のオリーブオイルには時として美容成分

などが含まれていることもあり

赤ちゃんに使うと肌荒れを

引き起こしてしまうこともあるそうです。

 

そのため

赤ちゃんの肌に使用するときは

オリーブオイルの成分をよくよく確認

天然成分で作られているものや質の良いものにしましょう。

 

食用のオリーブオイルの中では

エキストラバージンオリーブオイルがオススメのようです。

 

 

!こちらの記事も参考になりますよ~

オリーブオイルの危険でない本物の銘柄はこれ!知っておきたい4つの見分け方

 

 

 

ただ何でも個人差があるように

赤ちゃんだからというわけでなく

オリーブオイルが肌に合わない子もいます。

 

そのため肌に使用するときは

必ず事前に太ももや腕などでパッチテストをしてから

使用するようにしましょう。

 

もし、オリーブオイルを肌に使用して

赤くなるなどの症状が見られたときは

すぐに使用をやめるようにしてくださいね

 

 


スポンサーリンク


 

 

赤ちゃんが便秘!綿棒浣腸にはオリーブオイル?食用油なのにいいの?

 

 

 

脂漏性湿疹のほかに

赤ちゃんの便秘対策でもオリーブオイルが活躍します。

 

やり方は簡単です!

 

まず

大人用の綿棒を用意し綿棒の先を少しほぐしておきます。

ほぐした綿棒の先にオリーブオイルを

たっぷりと含ませて

 

赤ちゃんの肛門に綿棒の頭部分を挿入します。

 

そして

そのまま優しく円を描くように15~20秒程度

くるくる動かして刺激します。

 

綿棒を抜いたら指の腹で肛門を押さえ

再度刺激をしておしまいです。

 

綿棒を肛門に挿入しているときに

軽くおなかをさすってあげるとなお良いです。

 

この綿棒浣腸は赤ちゃんの腸に

直接刺激を与えるため確実性と即効性があります。

 

そのため、綿棒浣腸後、すぐ排便

という赤ちゃんもいるので

 

赤ちゃんの下におむつや新聞紙などを敷いておき

慌てることがないようにしましょう。

 

また

この綿棒浣腸は腸のはたらきが活発になる

授乳や食事の30分後がベストだと言われています。

 

ここでも

出てくる疑問は使用するオリーブオイルは

食用でもいいのかということですが

 

綿棒浣腸で使用するオリーブオイルは

肛門に挿入する際の綿棒の滑りを良くするために

使うものであるため食用でも問題はありません。

 

ただ

使う部分は肛門ですが肌の一部には違いないので

脂漏性湿疹と同様に

事前のパッチテストを忘れないでくださいね。

 

 

まとめ

 

 

 

美容や健康に良いだけなく赤ちゃんの

脂漏性湿疹や便秘対策にも役立つオリーブオイル

 

家にあるもので

赤ちゃんに対する困ったを解決できるなんて嬉しいですね

 

事前のパッチテストを必ず行い女性の味方オリーブオイルで

赤ちゃんの困ったを

どんどん解決していきましょう。


スポンサーリンク