オリーブオイルを手に入れたけれど、

他の油と何が違うのかわからない。

 

原料がそれぞれ違うというだけでは?

油だから太りそう、

 

などと考えている

オリーブオイル初心者さんの

あなたのためにオリーブオイルの特徴をまとめていきます。

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

 

オリーブオイルが美容にいい理由

 

 

 

オリーブオイルには美肌を作るために

とても役立つ成分が含まれています。

 

その成分とは、

  • オレイン酸
  • ビタミンA
  • ビタミンE
  • ポリフェノール
  • スクワラン
  • リノール酸

です。

 

オレイン酸には、肌を柔らかくして、

保湿をし、アンチエイジングに効果があります。

 

ビタミンAは肌のターンオーバーを高め、

健康な肌に導きます。

乾燥やダメージを抑え、シワの改善にも期待できます。

 

抗酸化作用のある

ビタミンEやポリフェノールは

肌を酸化=老化から守ってくれます。

 

ビタミンEには血行を良くしてくれる効果もあるので、

栄養を体の隅々まで届けることができます。

 

スクワランはよくスキンケアで聞くことが

あると思います。

保湿に優れていて肌を柔らかくします。

 

そして殺菌作用もあるので、

アトピーやニキビの対策にも使える成分です。

 

リノレン酸は肌の水分を保つのに効果を発揮します。

オリーブオイルが美容に効く、と有名になったのは

 

食べる、だけでなく、直接肌に塗れるということです。

 

人間の皮膚のなかで皮脂は、

肌の水分の蒸発を防ぐ役割があります。

 

その皮脂の約4割をオレイン酸が占めています。

ですから、オレイン酸を豊富に含むオリーブオイルは

人間の皮膚にも馴染みやすいのです。

 

20代前半をピークとして、

皮脂の分泌量は減っていきます。

 

皮脂は多すぎても、肌にとって悪いですが、

少ないと、水分を保っていられず、

ハリやツヤのなくなった元気のない肌に見えてしまいます。

 

オリーブオイルは、

メイク落としに使ったり、パックしたり、ヘアケアにと

いろいろな使い方ができます。

 

生のオリーブを絞った新鮮なオイルなので、

他のスキンケアアイテムに入っているような

添加物が気になる、敏感肌だという方は

一度使ってみてはいかがでしょうか。

 

使う際には、純度が高く、酸度の低い

エクストラバージンオイルをおすすめします。

また、スキンケア用のオリーブオイルも

売られていますのでチェックしてみてくださいね。

 

食べて体の中からきれいにするのと、

直接肌に塗ってケアすることもできるとは

驚きですね。

 

 


スポンサーリンク


 

 

オリーブオイルは健康にも役に立つ

 

 

美容にいいオリーブオイルは

健康面でもすごい働きをしてくれます。

 

まず、

オリーブオイルの7割はオレイン酸からできています。

 

このオレイン酸は、

悪玉コレステロールの数を減らすことが分かっています。

 

悪玉コレステロールが減るということは、

血管に溜まってしまうコレステロールが減り、

血液はサラサラになります。

 

そうすると、生活習慣病の予防に繋がるのです。

生活習慣病のほかに健康にいいと言われる理由が

ダイエットです。

 

オレイン酸には、

糖質を脂肪に分解するインスリンを多く出ないようにして、

体に脂肪を溜めにくくします。

 

オリーブオイルには食物繊維も含まれていて、

オレイン酸と共に、

腸の働きを活発にし、スムーズなお通じになるよう

手助けしてくれます。

 

便秘が解消されれば、代謝も上がります。

代謝が上がれば、痩せやすい体になってくれるのです。

 

そして、ポリフェノールには脂肪を燃やす働きがあり、

オリーブオイルには脳の満腹中枢に働きかけて、

食べすぎを防ぐことができます。

 

食前1時間前にオリーブオイルを大さじ1飲んで、

食欲を無理なく落とすというダイエットもあるそうです。

 

オリーブオイルについては

こちらの記事で確認してくださいね!

オリーブオイルの危険でない本物の銘柄はこれ!知っておきたい4つの見分け方

まとめ

 

 

オリーブオイルには、生活習慣病の予防の他に、

ダイエットのサポートをしたり、美肌を作ったりと

魅力的な効果がありました。

 

食べるほかに、スキンケアアイテムとして使えるので、

取り入れやすいほうを試して健康と美容を叶えましょう。

スポンサーリンク