sik-life / Pixabay

 

オリーブオイルの容器なんて

考えたことないって方も

多いかと思うのですが、

 

瓶であろうがプラスチックで

あろうが関係ないと

思っていませんか?

 

開けてしまえば味も同じ、

品質にもさほど変わりは

ないだろうと。

 

実は容器は中身への品質に

影響を及ぼすほど

大事だとされていて、

 

アメリカのオリーブオイルセンターでの

研究結果では、

ボトル内の反応だけなく、

 

オリーブオイルへの劣化も

起きるとの発表が出ています。

 

一体どういうことなのか

詳しく調べてみたので、

 

是非この機会にオリーブオイルの

容器自体を考える機会を

得てもらえばいいな

と思います。

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

 

プラスチックやペットボトルを避けたい理由

 

vloveland / Pixabay

 

先ほども述べましたが、

プラスチック容器はオリーブオイルの

劣化を促進させます。

 

光や熱、水分から十分に守るには、

あまりにも穴が多く

 

プラスチックの小さな分子が

オイルに漏れて品質の

低下もにも繋がります。

 

一見空気の通り道が

たくさんあって良いのでは?

と思いますが、

オリーブオイルは

酸化しやすいので

要注意なのです。

 

ちなみにオリーブオイルは

酸化すると、

不快な臭いを発生させます。

 

私自身嗅いだことがないので

言葉では伝えられないのですが、

 

ペットボトルに入っている

オリーブオイルは

気を付けなければ

ならないということですね。

 

ただ酸化の速度を

遅くさせることは可能です。

 

1、 オリーブオイルの保管場所

 

オリーブオイルは

どこに保管していますか?

 

他の調味料と一緒にキッチンの下、

あるいは収納しやすい戸棚の上、

 

キッチンのコンロの近くあたりに

保管している人が

多いかと思いますが、

 

どの場所もあまり

好ましくはありません。

 

オリーブオイルは熱に弱いので、

熱から離した

暗い密閉容器に入れて

保管するのがベストです。

 

また涼しいところなら

大丈夫だと思って、

冷蔵庫に

保管は絶対しないで下さい。

 

冷蔵庫に入れてしまうと、

オイルが固まってしまい品質を

損ねてしまいます。

 

2、 瓶に移し変える

どんなに美味しい

オリーブオイルであっても、

酸化・劣化しては

意味がないですよね。

 

美味しいオリーブオイルを

使うためにも、2~3日で

使える分ずつを

瓶に移し変えてしまうのも手です。

 

プラスチック容器に比べて

遮光性があり、紫外線に

さらされてしまうと

 

劣化が早まることを防げるので

必ず遮光瓶に入れた方が

良いでしょう。

 

遮光瓶は今は100円ショップにも

売っている時代です。

 

もし遮光瓶がなかったら、

透明な瓶にアルミホイルを

巻くだけでも違いますよ。

 

アルミホイルを巻くことで、

直接紫外線が当たるのを

防いでくれます。

 

この2点はペットボトル容器を

買った時に行えば、

 

美味しいオリーブオイルの状態を

長持ちさせてくれるので

やってみて下さい。

 

 


スポンサーリンク


 

 

ボトルが瓶でも油断はできない

 

Couleur / Pixabay

 

ここまでプラスチック容器の

注意点を書いてきましたが、

瓶なら大丈夫なの?

と思いますよね。

 

しかし瓶だからと言って

油断は禁物です。

 

まずオリーブオイルは

瓶に入って売られていることが

ほとんどです。

 

基本的に瓶は遮光性が高く、

容器は緑や茶色の瓶に入っていて

これはオリーブオイルが

光に弱いということを表します。

 

逆に透明の瓶に入ったものは、

直射日光をそのまま浴びて

しまう可能性があるため、

置く場所を考えないといけません。

 

透明な瓶に入ったものは

戸棚にしまうか、アルミホイルで包み

日光が当たらない場所に

保管しておくようにしましょう。

 

ではどんな容器なら

オリーブオイルの酸化の

心配がないの?と

いう疑問を抱きませんか?

 

一番容器の中でオリーブオイルの

保管に適しているのが、

陶器です。

 

遮光や断熱性に

非常に優れていて、

イタリアでも歴史的に

ずっと使われてきた容器でもあります。

 

すぐに割れてしまいそうで

敬遠されがちなのですが、

 

見た目がお洒落で

キッチンに置いておくだけでも

映えそうですよね。

 

スーパーでなかなか陶器の

入れ物に入ったオリーブオイルを

見かけることはありませんが、

 

移し変えとして買っておくと

とても重宝します。

 

まとめ

 

congerdesign / Pixabay

 

いかがでしたでしょうか。

 

この記事ではプラスチック容器が

なぜダメなのか、その原因と

瓶も侮れないということを

紹介してきました。

 

まずオリーブオイルは

熱や光にとても弱いこと。

 

その性質からプラスチック容器は

適さないんですよね。

 

もしもプラスチック容器を買うなら、

涼しいところ且つ

暗いところで保管すると良いでしょう。

 

ただし冷蔵庫はNGです。

 

瓶もプラスチックに比べて

遮光性はあるものの、

瓶の色に

注意しなければなりません。

 

透明の瓶よりも、

緑や茶色を選ぶと

光の反射を直に

当たることを防いでくれます。

 

それでも日光が避けられないので、

アルミホイルを巻いて保管したり、

遮光瓶に移し変えても良いかと

思います。

 

一番いいのが陶器ですが・・

 

見た目もインテリアとして

可愛く見えるし、

遮光性抜群なので。

 

プラスチック容器や瓶でも、

ひと工夫すればしっかりと

良い品質の状態で

保ってくれます。

 

美味しいオリーブオイルの状態で

料理したいですもんね!


スポンサーリンク