今回は、

オリーブオイルをかけるだけのダイエットに

ついてです。

 

かけるだけって、食事の時にオリーブオイルを

かけるって意味

 

オリーブオイルは独特な香りと味わいが特徴で

ダイエットにも効果があることで話題だよね。

 

でも、飲むダイエット法。

口当たりや香りや味が苦手な人もいるよね。

 

わたしも直接オリーブオイルを口にしたことがあるけど

油だから結構ためらったし、後味に辛味や香りと

油のもったりした口当たりが残っていて

 

そういうのが気にならない人なら続けられそうだけど

苦手な人や慣れるまでは大変だと思う。

 

そんな人には食事にプラスするのがおすすめ。

つまり、「かける」ってこと。

直接飲むより続けやすいかもよ

(そだねー)

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

 

オリーブ オイルでご飯ダイエット

 

 

 

 

ではさっそく

 

かけるといえば、ご飯にかける。

ふりかけ ってあるくらいだから。

 

いろいろご飯に「かける」のが

好きというあなたには超オススメ!

 

では

≪ご飯への取り入れ方ポイント≫をどうぞ

 

オイルの風味を活かす場合

  • ドレッシングやカルパッチョ、パンにつける。
  • スープやパスタへ最後にひとかけする。
  • 卵かけご飯、釜玉うどん、おみそ汁などにかける

なるほど、いろいろあるね~

わたしは、卵かけご飯がいいなぁ

 

卵に納豆も好きならこの記事が参考になるかも

納豆にオリーブオイルを加えて卵かけごはんにするとめっちゃハマるってまじ?

 

サラダ油の代わりに使う場合

  • 炒め油に使う
  • 揚げ油に使う

 

オリーブオイルは

酸化しづらい性質だから軽めにあがっちゃうよ

 

だけど

揚げ油に使う場合は温度に注意

エキストラバージンオイルは170度

ピュアオリーブオイルは210度

だからそのあたりを目安に調理してね。

 

エキストラバージンオイルとピュアオイルの違いは、

 

エキストラバージンオイルは、

搾りたてのジュース

 

ピュアオイルは

風味や味をおさえて飲みやすいように

ちょっと加工してある

 

と思えばいいかな

 

 

 

よりダイエット効果を期待する場合は

 

納豆、キムチを合わせるのがオススメ

 

 

         ナットウキナーゼや乳酸菌の働きによって

         整腸作用の効果が増すんだって

 

         納豆は合うのか心配だと思うけど…

         味はまろやかになるみたい。

 

  ↓の記事に詳しいです。

味噌汁にオリーブオイルを加える効果とまずい!うまい! ってどこまでホント?

 

 

オリーブオイルってイタリア料理のイメージだったけど

和食にも合うなんて知らなかった。

おみそ汁にひとかけが合うなら、煮物とかも合いそう。

 

オリーブオイルの香りが強いものは苦手だったけど

合わせ方を工夫したら取り入れやすそうで

合うものを探すのも楽しそうだね

 

 


スポンサーリンク


 

 

キャベツにオリーブ オイルでダイエット

 

 

 

 

ご飯にかけるのとはちょっと違うけど、

キャベツ料理にかけるっていうのもある

 

つまり

ダイエットの時キャベツもおすすめってわけ

何がいいかと言うと、カロリーが低い。

 

白米100グラムは356キロカロリー。

キャベツ100グラムは23キロカロリー。

比べてみるとどれだけ低いか良くわかるね。

 

あとは、

食べ応えがあるからよく噛むことによって

満腹中枢が刺激され食事の量が抑えられる。

食物繊維も多いからお通じにも効果的。

 

そう

オリーブオイルと合わせることで

相乗効果が期待できるというわけ

 

おすすめの調理法はこれ!

 

・スープ

キャベツのカロリーが低いけど、

たくさん食べるのって大変だよね。

 

そんな時はスープにすると

たくさん食べられるからおすすめ。

 

トマトやコンソメベースのスープなどに

オリーブオイルを最後にひとかけすると

風味がアクセントになるよ。

 

・サラダ

オリーブオイルをドレッシングにするのもいいけど

塩昆布とオリーブオイルで味付けすると

昆布のうまみも加わって

おつまみっぽくたべられるよ。

 

 あと、

大豆や発酵食品を合わせると整腸作用や

血流促進などの相乗効果が期待できるから

 

  • 納豆
  • キムチ
  • 豆腐

 

なんかを入れたサラダもおすすめだよ。

 

オリーブオイルでの

ダイエット効果については

こちらの記事もどうぞ!

ヨーグルトとオリーブオイルのダイエットがスゴすぎる!意外な食べ方

 

 

まとめ

 

 

オリーブオイルって

炒め油や揚げ油として加熱してもいいし

ドレッシングに使ったり生のままでもいいから

料理に幅広く使えそう。

 

でも、

ダイエットなのにオリーブオイルって効果あるのかな?

油なのに大丈夫か気になるよね。

 

オリーブオイルによるダイエット効果

  • 肥満の原因コレステロールの低下作用。
  • 満腹中枢を刺激し、食事の量を抑える。
  • 整腸作用。便秘が原因の肥満に効果アリ。

 

油なのに、意外。

でも、オリーブオイルに多く含まれる

オレイン酸によって効果があるみたい。

 

他にも美肌効果や抗酸化作用によって

生活習慣病などを予防する働きもあるから

積極的に取り入れたいよね。

 

ただ、注意しないといけないこともあるみたい。

 

・適量にする

        ダイエット効果や健康に良いと聞くけど

         油だし、カロリーも高いから目安は大さじ2杯(30ml)。

         摂りすぎるとかえって肥満の原因になってしまう。

 

・独特な香りや味わいがある。

         美容や健康など効果や効能をより期待したいなら

   純度が高い「エキストラバージンオイル」がおすすめ。

 

でも、風味が強いのが苦手な人は

食事に取り入れやすく精製してある

「ピュアオリーブオイル」がおすすめだよ。

 

継続することで効果が出てくるから

量や種類に気を付けると、続けやすくなるよ。

 

これまで書いたことをまとめると

 

  • 料理によってオリーブオイルの種類によって使い分ける。
  • オリーブオイルはダイエット効果が期待できるが使いすぎない。
  • 低カロリーのキャベツと合わせることで相乗効果。

 

ということ

 

オリーブオイルに合う意外な組み合わせは

まだまだたくさんあるだろうから

ダイエットを意識しつつも、楽しんでもらいたいな。

スポンサーリンク