kinkate / Pixabay

 

写真映えの中で

最も欠かせないポイントは

「目」だと言われています。

 

SNSの力で

写真映えさせることも

容易ですが、

写真映えするメイクも

知っておきたいですよね。

 

しかし奥二重の人は

特にアイメイクが難しいので、

どうしたら綺麗に写れるのか

悩みどころだと思います。

 

でもそんな心配も

今日でおさらばしましょう。

 

この記事では

奥二重の人だからこそ出来る、

 

写真映えするメイクの仕方を

紹介していくので

是非実践してみて下さい。

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

 

写真写りに自信が持てる奥二重のメイク法!

 

nastya_gepp / Pixabay

 

奥二重メイクで

より自信を持たせるのに

必要なアイテムが

「アイライナー」です。

 

アイライナーの中でも

リキッド、ペンシル、ジェルなど

様々なタイプがありますが、

奥二重の人に

オススメなのが

極細の筆タイプです。

 

ここでポイントなのが

目を大きく見せたいからと言って、

アイラインを

強調し過ぎないことです。

 

奥二重の人は二重の幅が狭いので

アイラインを強調しすぎてしまうと、

 

せっかくの二重が

隠れてしまい

目がきつく見えてしまいます。

 

ですのでまつげの付け根より外側には

書かず内側に書くことを意識して書くと、

 

目が大きく見えて

自然と目力アップに繋がります。

 

また目の大きさを

更に強調させたい時は

下まつげと涙袋も大切です。

 

下まつげはしっかりマスカラ下地と

マスカラを2度塗ることで、

長さが出て目を大きく見せくれます。

 

涙袋はある人とない人がいると思うので、

それぞれのメイクの仕方を教えます。

 

まずある人は肌に馴染むベージュ系の

ライトカラーのアイシャドーを

涙袋に入れて、

 

ふっくらとした印象にすると

綺麗な涙袋が完成します。

 

ない人は自分でも

涙袋が作れるので

安心して下さいね。

 

ない人は白のアイシャドーを

自分の作りたいと思うところに

チップで軽く引いて、

 

影を作るように

茶色のシャドーやアイライナーを

薄く引きます。

 

少し手でぼかすようにすると

自然に仕上がります。

 

この方法だけでも

随分と写真写りが良くなると思うので、

試してみて下さい。

 

 


スポンサーリンク


 

 

奥二重だってかわいくて魅力的!

 

Free-Photos / Pixabay

 

次にアイシャドーの塗り方を

伝授したいと思います。

 

奥二重さんは

アイシャドーを塗っても

埋まって見えてしまうので、

 

なかなか上手に

塗るのは難しいです。

 

まず奥二重さんが濃い色のシャドーを

全面的に使うと、

 

二重幅がわかりにくく、

かえって目が小さく見えてしまいます。

 

それでは非常にもったいないので使うなら、

淡い色を使うのがオススメです。

 

普段アイシャドーを塗る時、

大体の方は横に向かって

グラデーションしていく人が多いと思いますが、

 

奥二重さんの場合は

目頭から目尻に向かって

 

縦のグラデーションに

チャレンジしてみましょう。

 

そうすることで

自然な二重幅を

残すことが出来ます。

 

まぶたの中心にアイシャドーの中で

一番明るい色を塗れば、

 

目の丸みを

強調することが出来るので

目の大きく見せられます。

 

カラフルなアイシャドーをつけたい時は

目尻の三角ゾーンに

ちょんとのせるだけでOKです。

 

目を開けた時に

ちょうど目尻の二重部分に

 

カラフルなシャドーがくるので、

ポイントメイクとして楽しめますよ。

 

ハイライトで

陰影をつけ目元を

スッキリ見せることで、

 

目へのメリハリもつけるのも

効果的です。

 

まとめ

 

Gromovataya / Pixabay

 

いかがでしたでしょうか。

 

実は私自身奥二重で、

メイクをしても映えず

 

写真写りが悪くなってしまうことも

多く非常に悩んでいました。

 

しかしこのメイク方法を学んだおかげで

自分のコンプレックスを生かしつつ、

 

メイクの仕方を

変えるだけで

 

こんなにも変わるものか

と驚きました。

 

写真に写ることに対する悩みもなくなり、

今では加工なしで

写真を撮るのも怖くなくなりました。

 

奥二重だからと諦めず、

奥二重にしか出来ないメイクもあり、

 

奥二重だから

出来る魅力もたくさんあります。

 

また毎日のメイクが

とっても楽しくなるので

 

是非このメイク方法を

あなたのメイクに生かしてみて下さい。


スポンサーリンク