おからとは、豆腐を作る際、豆乳を絞った後の残りかすの部分をいいます。

 

食物繊維やカルシウムが豊富で栄養価が高いのに、
カロリーは低めなので、ダイエットに適している食材として
話題になることも多い食材です。

 

 

おからは、独特な口当たりのために
離乳食として使うには後期(9か月頃~)からが良いと言われています。

そんなおから離乳食。ぜひ取り入れたいものです。

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

 

おからと離乳食

 

 

からの原料は、大豆です。
高蛋白質で食物繊維が豊富というだけでも魅力的な食材なのですが
最近注目されてきているのがレシチンという成分です。

 

レシチンとは、大豆に含まれる成分で、血中のコレステロールを溶かし、
記憶力を高める働きがあります。

 

他にも肥満を予防する効果があるサポニンという成分や、
カリウム、カルシウムと栄養満点。

 

このように栄養価の高い食材ですから離乳食に使いたいですよね。

 

でも気になるのは、おからの口当たり。
ボソボソ、パサパサしている食感は赤ちゃんに大丈夫?と心配になる
ママも多いのではないでしょうか。

 

おからは赤ちゃんが
飲み込むことが上手に出来るようになっていれば大丈夫。
おからを離乳食に使うことが出来ますよ。

 

初めは水分の多いおかゆに混ぜてみると良いでしょう。
慣れてきたらパンケーキやハンバーグなど、
離乳食後期のメニューに加えてみてください。

 

この時の注意点として
おからには豊富な食物繊維が含まれているので
とりすぎると便秘になる可能性があります。

赤ちゃんの便の様子を見ながら、離乳食に取り入れるのがいいでしょう。

 

とっても簡単おからの蒸しパン!離乳食におすすめレシピ

 

 

からを使った離乳食として、簡単にできるおすすめの一品をご紹介します。

 

離乳食後期から食べることが出来ます。
主食にもおやつにもなる蒸しパンのレシピです。

 

おから蒸しパン

 

・材料
おから(100g)
豆乳(大さじ4)
ベーキングパウダー(小さじ1)
砂糖(小さじ1)

 

・作り方
ボールに全ての材料を入れて良く混ぜます。
耐熱性の容器に①を入れて800Wで2分加熱します。
粗熱が取れたら容器から出して切り分けて完成です。

 

どうでしょう。おいしそうでしょ。

 

 

材料に豆乳とありますが、これは牛乳でもいいし、使っている粉ミルクをでも。
おからのパサパサ感が気になる時には、
ヨーグルトで代用するとしっとりした仕上がりになります。

 

離乳食用なので甘さは控えめです。
食事用に人参やカボチャを柔らかく煮たものや、ほうれん草を細かく刻んだものを
加えると野菜をしっかりとることが出来ますよ。

 

おやつ用には、サツマイモや栗を混ぜたり、バナナなどを加えて自然な甘みを
加えるといいでしょう。

 

とっても簡単なので朝食やおやつに
ぜひ作ってみてくださいね。

 

 


スポンサーリンク


 

 

おからパウダーで簡単!栄養たっぷり離乳食を作ろう

 

 

からの栄養価を知れば、ぜひ赤ちゃんの食事に取り入れたいと
思うのではないでしょうか。

 

でも、おからは日持ちも悪いし、なんとなくハードルが高いな・・・
と感じていませんか?

 

そんなママにおすすめな物が、おからパウダーです。

 

どんなものかというと、
名前の通り、おからをパウダー状にしたものです。

 

おからを乾燥させ、さらさらの粉状にしたものなので
水分を多く含むために日持ちのしない生おからよりも
ずっと保存期間が長いのが特徴です。

 

ダイエットにおからが効果あると話題になってから
身近なスーパーなどでも手に入るようになりました。

 

 

生のおからのように、下ごしらえがないぶん
調理しやすいのが最大の特徴ではないでしょうか。

 

これがあれば、離乳食にもおからを簡単に使うことが出来ますよ。

 

おかゆやリゾットなどのご飯ものから
ハンバーグやナゲットなどの主菜にも

 

アイデア次第で離乳食に取り入れることが出来ます。

 

原材料は大豆なので、

クッキーやスコーンなど
おやつ作りにも大活躍ですよ。

 

おからの栄養に関しては

こちらの記事も是非ご覧くださいね!

おからで健康ダイエット♪価値ある栄養素&満足度抜群メニュー5選!

 

 

まとめ

 


 

ちゃんの成長に必要な栄養がたっぷり含まれている
おからについてご紹介しました。

 

今は手軽におからを取れるパウダーもあるので、
是非ママのアイデアで美味しい離乳食を作ってほしいと思います。

 

おからは赤ちゃんだけではなく、女性にも嬉しい効果がたくさんです。

離乳食と一緒に、ママの美容にも効果がありそうですよね。

 

最後に一つだけ注意してほしいことがあります。

 

栄養価の高いおからですが、原材料は大豆なので

体質によっては大豆アレルギーが出るかもしれません。

 

 

症状として、蕁麻疹や咳、腹痛や嘔吐などが表れた場合はすぐに病院へ行きましょう。

 

このことを考えると、初めて食べさせるときは
病院にすぐ行ける時間帯がベストかと思います。

 

アレルギーは最悪の場合、呼吸困難になり命にかかわります。
少量ずつ食べさせて様子をしっかりと観察してくださいね。


スポンサーリンク