巷ではお風呂に入るだけで痩せられる、

というようなダイエット法がたくさんあります。

 

しかし

本当にお風呂に入るだけで痩せることが

できるのでしょうか。

 

今回はその効果とポイントを検証します。

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

 

お風呂に入るだけでダイエット?本当の効果とよくある誤解

 

 

 

お風呂に入ることで、

ダイエット効果が得られるのであれば

みんなスリム体型なはずです。

 

なぜ、

痩せている人とそうでない人がいるのでしょうか。

 

お風呂にはいることで痩せる、

という仕組みを解説していきます。

 

まず、

体がお風呂で温まると汗が出ます。

この汗に体に溜まった要らない老廃物が含まれています。

それを体の外に出すことで、むくみが解消されます。

 

そうするとスッキリ見えて、痩せたように感じられます。

また、汗をかくことで、体の水分が失われ、

お風呂後に体重を測ると減っています。

 

ここで、脂肪がなくなって痩せた、

勘違いしてしまうのがお風呂ダイエットの誤解なのです。

 

もちろん脂肪が落ちたわけではないので、

また同じような生活をしていれば、

むくみが出てきて元通り。

 

これでは意味がありません。

デートやイベントなど大切な日の前、

少しでもきれいに見せたい、と誰でも思うものです。

 

その原因を一時的に解消するのには、

お風呂でたくさん汗をかいて、老廃物を出す。

 

むくみも取れて、肌もきれいになり美容効果もある

お風呂はとてもいいと思います。

 

ただし、一回の入浴だけで脂肪を落とす、

というのは効果が期待できないといえます。

 

お風呂で体質を改善し痩せやすい体を作る、

という長期的に見て効果のあるダイエット法

といえるでしょう。

 

 


スポンサーリンク


 

 

お風呂ダイエットを始める前に!効果を出すポイントはこれ!

 

 

お風呂ダイエットでは

一回の入浴で脂肪を減らすことは難しい、

とお伝えしました。

 

では、お風呂ダイエットで効果を上げる方法はないかというと、

少しポイントがあります。

 

まず、

食事の前に熱めのお風呂に入る

ことです。

 

なぜ食前かというと、

お風呂で体を温めると血液のめぐりがよくなります。

この血液は皮膚に近いところを流れていて、

胃などの消化器官の働きが鈍ります。

 

その結果、胃液の分泌が減り、食欲を抑えることができるのです。

また、41~43度の熱めのお湯に入ることで、

交感神経が優位になります。

 

交感神経も食欲を抑える働きがあるので、

ダイエット目的でお風呂に入るのなら食前がおすすめです。

 

仕事から帰ってきたら

先にご飯が食べたい!という方には、半身浴がおすすめです。

 

半身浴は、お湯の量をみぞおちあたりまでにし、

上半身を湯船から出して入ります。

 

食事後は1時間くらい時間を空けます。

これは胃が消化のために血液を集中させているからです。

 

そして、38~40度ほどの温度で20~30分、

じっくり汗をかきます。

 

たくさん汗をかくので、

お風呂に入る前には、

コップ1杯ほどの水分補給も忘れずに行いましょう。

 

上半身が湯船から出ていて寒いという場合には

タオルをかけるなどして冷えないようにします。

 

半身浴のいいところは、

少しぬるめのお湯なので長く入っていられるところです。

 

体の中からしっかり温めて、新陳代謝をあげます。

汗をかくことで、むくみの解消のほかに

美肌効果も期待できます。

 

長く入っていられますが、30分入ったら5分休むなど、

のぼせには気を付けましょう。

 

毎日続ければ、その日のうちにむくみも解消され

老廃物が溜まっていくことが減ります。

 

冷え性もだんだんに改善され、痩せやすい体を作っていく

ことができるようになります。

 

お風呂ダイエットの秘訣については

こちらの記事も合わせてどうぞ!

お風呂ダイエットで達成できた!脚やせがかなったソノ秘密を大公開!

 

まとめ

 

 

お風呂ダイエットでは、

脂肪を燃やして痩せる、というよりは、

体の中のめぐりをよくして痩せやすい体を作る、

ということができそうです。

 

長い目で見て痩せることに繋がるお風呂ダイエットは、

美容面でも効果がありますので、

一日の終わりにゆっくりしてみてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク