bijutoha / Pixabay

 

毎日の食事の時、

キッチンから食卓へ

お料理を運ぶのって、

結構手間なんですよね。

 

そんな時に便利な

お盆やトレーですが、

 

うっかりすべらせてしまうことって

ありませんか?

 

せっかくの料理が

台無しになるなんて

悲しすぎます。

 

そこで今日は、

お盆やトレーが滑らないように

する方法を紹介します。

 

 


スポンサーリンク


 

 

お盆やトレーで滑らない100均グッズ!

 

PhotoMIX-Company / Pixabay

 

滑らないトレーやお盆は

ネットを調べればいろいろありますが、

今回は、経済的に100均で

滑り止めグッズを調べてみました。

 

・すべり止めマット

メッシュ状になっている

定番の滑り止めマットです。

 

カーペットや引き出しの

下敷きなどに使うことの

多いマットですが、

 

特にセリアには、

シックでおしゃれなカラーも

出ていますので、

 

シンプルなトレーに

敷いてもいいのでは?

 

・すべり止めシート

 

ニトリなどでも

販売されている

すべり止めシートと

 

そっくりだと言われているのが

キャン★ドゥのすべり止めシートです。

 

透明ででこぼこしたシートは、

食器棚などに敷くほかに、

 

細長くカットして

すべり止めテープのようにも

使えます。

 

おしゃれなデザインのトレーやお盆でも、

透明ならデザインを損なわずに

簡単すべり止めになりますね。

 

すべり止めシートの中には、

防水で水洗いができる

という優れものもあります。

 

お料理を運ぶトレーに使用するなら、

汚れても水洗いしたり

 

拭くことのできる

すべり止めシートが

よりおすすめです。

 

実は、ダイソーで

滑らないトレーが

販売されていたのです!

 

このすべらないトレーは

200円商品です。

 

表面が艶消しのような加工と

丸いすべり止めが

ぽつぽつと全面についています。

 

裏にもすべり止めの

加工がしてあるので、

テーブルにおいても滑らないし、

 

トレーに食器を置いても

もちろん滑りません。

 

カラーもカラフルで可愛いので、

家族分でそろえるのも楽しいですよ。

 

 

 

 

お盆やトレーで運ぶすべらないコツ

 

harishs / Pixabay

 

すべらないトレーをつかっても、

なんかひっくり返しそうな

不安はあります。

 

そんなときは、

こんなふうに持ってみてください。

 

 

1.手のひらは使わない

2.五本の指でお盆(トレー)の

中心を支えるように持つ

 

3.もう片方の手は

そっとお盆に添える程度

4.脇は少しだけ

開けてリラックス

 

5.姿勢を正す

6.お盆に乗っている

食器ではなく正面を見る

 

7.お盆は体に

ひきつけすぎない

8.食器に入れる汁物は、

8分目で

 

あとは落ち着いて運ぶことです。

レストランなどへ行った時の

スタッフさんを研究してみてもいいですね。

 

姿勢よく、スムーズに

手際よく運んでいらっしゃいます。

 

ウエイターさんやウエイトレスさんが

スマートに食事を運ぶ様子を見て、

私はいつも感心します。

 

私は不器用なので、

お盆で料理を運ぶコツは

わかっていても

 

実際やってみると

うまくいかないことも

たびたびでした。

 

でも、気を付けながら

毎日やっていると、

少しずつスムーズに

運べるようになるものですよ。

 

要は、慣れですね。

 

家の中でのささいな動作ですが、

ササっとお料理を運べると、

ちょっといい気分になります。

 

おしゃれなトレーを片手で持って、

出来上がった料理を運ぶ、

食事がいつもより

楽しくなりそうですね。

 

 

まとめ

 

Free-Photos / Pixabay

 

今日は、食器がお盆や

トレーの上ですべらない方法を

紹介しました。

 

簡単にまとめましょう。

 

・すべり止めマットや

すべり止めシートをお盆に敷く

 

・お盆やトレーの

デザインに合わせた

シートやマットを使うとおしゃれ

 

・ダイソーには200円商品で

すべらないトレーがある

・お盆の食器をすべらないように

運ぶコツがある

 

・お盆は5本指で支える

・リラックスして

正面を見るように運ぶ

・慣れてくると上手く運べるもの

 

食事をお盆に乗せて運ぶことは、

汁物を避けてあげれば

小さな子供でもできます。

 

お母さんのお手伝いが

大好きな子どもたちにとっては、

恰好のお仕事になると思います。

 

夕食前の忙しい時間ですが、

子どもたちとの

コミュニケーションもかねて、

 

すべらないお盆で、

一緒に夕食の準備を

してあげてくださいね。


スポンサーリンク