今回は猫ちゃんのくしゃみについての

テーマです。

 

猫ちゃんがうるさいくらいに

 

クシュン!

クシュン!

クシュン!

 

えーっ大丈夫???

 

そんな時、すごく心配になりますよね。

いったいなぜでしょう。

 

そのあたりを調べてみました!

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

 

はじめに

 

 

 

我が家のお隣さんには

猫が2匹います。

 

捨て猫を拾わず帰ったことを

悔やんだ奥さまが

 

動物愛護センターから引き取った1匹と

旦那さまの実家の近くで拾った1匹だそうです。

 

なんて

心のきれいな方だろうといつも尊敬しています。

 

その奥さまが

猫を飼い始めて間もないころ

猫のくしゃみについて話してくれたことがあります。

 

ずっとくしゃみばかりしている・・・と。

 

旦那さまや子どもたちが

くしゃみばかりしていたら

風邪やアレルギーを疑いますが

猫のくしゃみも同じなのでしょうか?

 

 

猫がくしゃみする原因

 

 

猫がくしゃみをする原因には

次の3つがあります。

 

◆ほこりやにおい

 

これは人と同じ,生理現象です。

 

ほこりなどが

鼻の粘膜を刺激することで

くしゃみが出るのです。

 

また、ほこりの他にも

刺激の強いにおいや気温の変化でも

くしゃみが出ることがあります。

 

生理現象のため

くしゃみが長く続くことはなく

単発で終わることが多いです。

 

◆アレルギー

ノミやダニ,花粉,ハウスダストなどが原因で

くしゃみや鼻水が出ます。

動物アレルギーを除けば人と同じですね。

 

しかし猫の場合

食べ物が原因でアレルギーを起こし

免疫機能が弱くなって

くしゃみをしていることもあるようです。

 

 


スポンサーリンク


 

 

くしゃみがよく続くなぁと感じたら

生活環境や食べ物が原因である可能性も

考えてみるといいかもしれません。

 

アレルギーの原因は

病院の血液検査で特定できることもあるので

 

心配な場合は

ぜひ病院で相談してみましょう。

 

◆猫風邪(ねこかぜ)

くしゃみのほかに発熱や鼻水といった

人の風邪と似たような症状が出ますが

 

猫風邪の特徴としてくしゃみや鼻水のほかに

目やにが出たり

まぶたがはれ上がったりすることもあります。

 

猫風邪は

症状が軽い場合は1週間程度で完治しますが

 

放っておいたら

重症化して完治しないこともあるようなので

早めに治療することをお勧めします。

 

猫風邪は

人の風邪とウィルスが違うため

人には感染しないと言われています。

 

しかし 猫風邪にみられる

目やにや、はれ上がったまぶたなどは

 

結膜炎の症状とみられています。

結膜炎は人にも感染する恐れがあるため

 

介抱するときには

手を消毒するなど、気を付けるようにしましょう。

 

猫にもアレルギーや風邪があるのですね。

猫も人も大して変わりませんね。

 

 

猫のくしゃみが止まらないのは?

 

 

猫のくしゃみの原因から見ても

ほこりやにおいなどを原因とする

生理現象である場合くしゃみが止まらなくなる

なんてことはあまりないようです。

 

つまり

猫のくしゃみが止まらないなんてときは

 

あなたの猫が病気を抱えている

という合図なのです。

(やっぱりね)

 

猫の止まらないくしゃみ

から考えられる病気には

鼻炎や鼻炎の進行による副鼻腔炎があります。

 

また、そのほかにもくしゃみと鼻水のほかに

次のような症状があった場合は感染症の疑いもあります。

 

  • たくさんの目やに・・・猫クラミジア感染症
  • 咳や発熱、目の充血・・・猫ウィルス性鼻気管炎
  • 口内炎やよだれの増加、食欲不振・・・猫カリシウィルス感染症
  • 下痢・リンパ節などの症状・・・猫エイズウィルス感染症
  • ねばねばした血の混じった鼻水や食欲低下・・・クリプトコッカス症

 

これらの中には

感染力の強いものや免疫力の低下により

肺炎やがんなどを併発する恐れのあるもの

重症化すると全身に病気が広がってしまうもの

などもあります。

 

くしゃみが続いてさらに

くしゃみ以外の症状も見られるときは

 

ぜひ早めに

病院で診てもらってくださいね。

 

じゃあワンちゃんは?

犬の場合はどうなんでしょ!?

犬がくしゃみを連発!もしかしてアレルギーとか花粉症だとしたらその原因は?

 

まとめ

 

 

 

首をぶるっと横に振るしぐさがかわいい

猫のくしゃみですが くしゃみによっては

コワ~い病気が潜んでいることもあるのです。

 

愛猫のちょっとした合図を

見逃さないようにして

早め早めの治療を心がけたいものですね。

 

また 感染症の中には

ワクチンで防ぐことができたり

室内で飼うことで防ぐことができたり

するものもあるようです。

 

予防接種や定期検診を忘れず行い

清潔な生活環境で

猫の健康をしっかりケアしていきたいですね。

 

あなたの愛猫ちゃんが

いつまでも元気で

あなたのそばにいられますように。

スポンサーリンク