七草粥を作ってみたい!

 

そもそも七草って何となく聞いたこと

あるけれど、

 

意味や違いを詳しく考えたり調べたり

することってなかなかないと思います。

 

そこでこの機会に

春と秋、それぞれの七草の意味や

覚え方を紹介していくので、

 

楽しく学んでもらえたら嬉しいです。

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

 

食用と鑑賞用?春と秋、それぞれ七草の意味を知ろう!

 

 

春と秋の七草・・・

同じ七草でもそれぞれ違う役割があります。

 

まず簡単に言うと

春の七草は1月7日に

 

七草粥を食べて邪気を払い、

今年の無病息災を願い

 

お正月料理に疲れた胃を休めましょう

という意味があります。

 

また中国では伝統食「七種菜羹」という

汁ものを食べて

 

無病息災を願う習慣があり、

従来から日本にある「若采摘み」と

結び付いたことから、

 

その習慣が庶民に伝わったと言われています。

 

春の七草の種類

春の七草の種類は

  • 芹(せり)
  • 薺(なずな)
  • 御行(おぎょう)
  • 繁縷(はこべら)
  • 仏の座(ほとけのざ)
  • 菘(すずな)
  • 蘿蔔(すずしろ)

 

覚え方は

五七五七七の短歌を読むように

せりなずな~

おぎょうはこべら

ほとけのざ~

すずなすずしろ

春のななくさ~

 

と5分間ずっと

歌っていれば

覚えられるかと思います。

 

秋の七草

一方

秋の七草は食べるためでなく、

美しく咲き誇る花を見て

楽しむという意味が

込められています。

 

また、葛根湯や風邪薬など

民間薬としても

昔から利用されてきました。

 

食べない理由として、

 

古来日本では

山を散策しながら季節の草花を

歌にして、

 

四季の移り変わりや風情を

楽しんでいた習慣がありました。

 

山上憶良が7種類の草花の歌を

詠んだことから、

 

秋の七草として親しまれるように

なったとも言われています。

 

秋の七草の種類は

  • 萩(はぎ)
  • 尾花おばな)
  • 葛(くず)
  • 撫子(なでしこ)
  • 女郎花(おみなえし)
  • 藤袴(ふじばかま)
  • 桔梗(ききょう)
  •  

と春の七草に比べて

難しい感じが並ぶので、

 

なかなか覚えるのが

難しそうですよね。

 

ここでは語呂合わせで

覚えてみましょう!

 

す→すすき(おばな)

き→ききょう

な→なでしこ

お→おみなえし

ふ→ふじばかま

く→くず

は→はぎ

 

少し無理はありますが、

これで好きなお洋服は?と

読むことが出来ます。

 

面白い語呂合わせにすることで、

覚えやすくなるので

 

独自で考えた語呂合わせで覚えても

いいかもしれませんね。

 

 


スポンサーリンク


 

 

お粥以外にもこんな使い方がある!

 

 

春の七草粥は栄養たっぷりで

胃腸をいたわる効果があるので

食べなきゃもったいないです!

 

しかし七草で出来るレシピは、

お粥だけではありません。

 

せっかくなので、

アイデアレシピを2つ紹介します。

 

 

1.春の七草で栄養満点炊き込みご飯

 

材料は

  • お米2合
  • 鶏もも肉1枚の半分くらい
  • 醤油、酒各おおさじ1(下味用)
  • 春の七草セット
  • 人参半分より少なめ
  • だし醤油大さじ4
  • 水適量

 

作り方は到って簡単。

米は洗って水気を切り、鶏肉に下味をつけます。

 

その際七草を熱湯で茹でておくと

作業がスムーズになります。

 

炊飯器にお米、だし醤油を入れて

2合の目盛りのところまで水を加え、

よく混ぜましょう。

 

鶏肉と七草、人参を入れてあとは

普通に炊くだけで完成です。

 

2.残りものの七草で卵焼き

 

七草粥を作った際に

残ってしまった七草があれば、

是非卵焼きにしてみましょう。

 

材料は

  • 卵2つ
  • 残った七草
  • みりんおおさじ1
  • 塩・砂糖少々
  • 醤油小さじ1
  • 七草を茹でて細かく刻み、

 

溶いておいた卵と調味料の中に入れて

よく混ぜます。

 

あとは普段通りの卵焼きの焼き方で

焼くだけなのでとても簡単に出来ます。

 

少し残ってしまったけれど、

捨てるにはもったいないという時に

こちらのレシピはオススメです。

 

最後に

 

 

春と秋の七草、

同じ七草なのに意味が全く違います。

 

ここで得た知識を

家族や友達に話して、

 

改めて七草粥を食べることの

大切さを伝えてあげましょう。

 

 


スポンサーリンク