skeeze / Pixabay

 

ニキビは美肌の天敵。

 

鏡を見た時にニキビを

発見したら

がっかりしてしまいますよね。

 

ニキビのある肌が

コンプレックスになり、

 

自分に自信を

持てなくなっている人って

結構多いのではないのでしょうか。

 

ひとたび出来てしまうと、

なかなか治りにくく

 

ひどくなると痛みも伴う

厄介なニキビですが

 

毎日スキンケアをしているのに

なぜニキビは

出来てしまうのでしょうか。

 

ニキビが出来てしまう原因として、

食べ物が影響していると

聞いたことはありませんか?

 

チョコレートや

生クリームなどの甘いものは

ニキビに良くないと

聞いたことがあります。

 

これが本当の話だったら、

スイーツ好きの女子にとっては

つらい現実ですね。

 

美肌を取るか、

スイーツを取るか。

悩ましい選択になりそうです。

 

多くのスイーツに

使われている生クリームですが、

 

残念ながら

ニキビの原因になる

理由があるんです。

 

今回は、

なぜ生クリームが

ニキビの原因になってしまうのか

 

このことについて

お話ししようと思います。

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

 

生クリームがニキビの原因になる?

 

Mandyme27 / Pixabay

 

スイーツ好きな人にとっては、

理由が分からないのに

生クリームはダメと言われても

 

なかなか我慢は

出来ないですよね。

 

ニキビが出来てしまう

仕組みについて知っていれば、

 

おいしいスイーツも加減を

しながら食べることが

出来ると思いませんか?

 

生クリームとニキビの関係を

参考にしてみては

いかがでしょうか。

 

多くのスイーツに

使われている生クリーム。

 

嫌いな人の方が少ないのでは?

と思うくらい女子に人気ですね。

 

生クリームは原材料が牛乳なので、

そんなに体に悪くないのでは?と

思う人もいるかもしれません。

 

私も、

生クリーム自体には問題がなく、

砂糖が多く使われていることが

 

ニキビの原因になっているのでは?

と思っていたのですが、

 

調べてみると生クリーム自体が

ニキビの原因になっていることが

わかりました。

 

この結果はスイーツ好きにはショックな事実ですね。

 

生クリームに入っている

多量の砂糖が原因かと

思っていましたが、

それは間違いでした。

 

ニキビが出来てしまう理由は、

乳製品が持つ脂肪分に

原因があったのです。

 

ニキビは毛穴に皮脂が詰まり、

その毛穴の中で

 

炎症を起こしてしまう

皮膚の病気です。

 

皮脂が詰まった毛穴で

「アクネ菌」が増殖するからだと

言われています。

 

ニキビの元凶である

「アクネ菌」は空気のない状況で

増殖していく性質があります。

 

そのため、毛穴に皮脂が詰まり

蓋がされたような状態になると、

 

毛穴の中で「アクネ菌」が増え、

炎症を引き起こすのです。

 

乳製品は脂肪分が多く、

皮脂の分泌を

増加させる働きがあります。

 

そのため毛穴が詰まりやすくなり、

「アクネ菌」を

増殖させてしまうわけです。

 

このことから、

生クリームだけではなく、

脂肪分の多い乳製品には

要注意と言えますね。

 

脂肪分の多い乳製品は、

生クリームのほかに

アイスクリームや

バターなどがあります。

 

ニキビを増やさないためにも、

これらは控えめにした方が

よさそうですね。

 

ですが、乳製品すべてが

ニキビの原因に

なるわけではありません。

 

ヨーグルトは整腸作用があり、

腸内環境を整えることが

知られていますが

 

ヨーグルトに含まれる

乳酸菌が便秘の解消に役立ち、

その結果、

肌トラブルを解消してくれます。

 

また、チーズに含まれている

ビタミンAは細菌への

抵抗力を高める働きがあります。

 

そのため、赤く炎症を

起こしたようなニキビには

炎症を鎮める働きをしてくれます。

 

さらに、ヨーグルトやチーズには、

皮脂分泌を

正常に戻す働きをする

 

ビタミンB2も含まれているので、

毛穴のつまりを

軽減させることが期待できますね。

 

生クリームは残念ながら

ニキビの原因に

 

なってしまうことが

分かりましたが、

 

乳製品の成分によっては

逆の効果も期待できそうです。

 

バランスを心がければ、

スイーツを楽しむことが

出来そうですね。

 

 


スポンサーリンク


 

 

生クリーム以外にもニキビの原因になる食べ物は?

 

PublicDomainPictures / Pixabay

 

ニキビが出来る仕組みは

先述した通り、

毛穴のつまりが原因です。

 

毛穴のつまりは

皮脂の過剰分泌が

引き起こすのですが、

 

脂肪分の多い乳製品以外でも

気を付けた方がいい

食べ物があります。

 

・チョコレートや糖分の多いスイーツ

糖分は過剰に摂取すると

脂肪に変わり、

 

皮脂の分泌が

増えてしまいます。

 

適度な量に気を付けなければ、

糖は脂肪として体内に

蓄積してしまいますから

要注意の食べ物です。

 

・スナック菓子やファーストフード

大量の油で作られている

スナック菓子や、

 

脂肪分の多い

ファーストフードも

皮脂の分泌を過剰に

増やしてしまいます。

 

・辛みの強い食べ物

辛いものを食べすぎると、

胃や腸にダメージを与えます。

 

辛みの刺激により、

消化する際に負担がかかる胃は

胃液を多く分泌します。

 

胃液はそのまま腸にも流れていき、

胃と腸の両方が

荒れた状態になってしまいます。

 

肌と腸内環境は関係が深く、

胃腸が荒れた状態だと

肌トラブルを起こしやすいのです。

 

出来てしまったニキビは、

お肌の状態を改善させることで

解消することが出来ます。

 

スイーツやファーストフードを

楽しむ日があってもいいと思いますが

大事なのはバランスですね。

 

肌トラブルに悩まされているときほど、

食べるものに気を付けたいですね。

 

生クリームが原因のトラブルについては

こちらもどうぞ!

生クリームも乳糖不耐症と関係ある?お腹が痛くなるなら要チェック

 

生クリームのせいでニキビができるのまとめ

 

kar0329 / Pixabay

 

スイーツ好きな人にとっては

残念な結果でしたが、

 

生クリームや糖分が

ニキビの原因になる

と言うことが分かりました。

 

ニキビを押さえて

美肌を手に入れるためには

やはり我慢は必要なようです。

 

ですが、あれもこれも

ダメにしてしまっては

ストレスが溜まってしまいます。

 

大事なのは、

食べ物のバランスですね。

 

どうしてもケーキが

食べたいときには、

 

生クリームや

チョコレートがたっぷりのケーキより

チーズやヨーグルトで

作られたスイーツを選んだり、

 

スナック菓子の代わりに、

ビタミンの多いフルーツや

 

腸内環境を整える

ヨーグルトを選ぶなど、

 

工夫次第で食べることを

楽しむことが出来ます。

 

ニキビができる

メカニズムを

知っていれば大丈夫です!

 

おいしく、きれいになれる

食べ方を選んでみてくださいね。


スポンサーリンク