あなたは飲み水を買っていますか?
それとも水道水を飲んでいますか?

 

水道水があるのに、
コンビニやスーパーでは水が売られ
ウォーターサーバーも普及しています。

 

わざわざ水を買う理由は、
健康のため、ってどういうことなのでしょうか。

 

二つのメリット、デメリットを
見ていきましょう。

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

 

水を買うなんてもったいない?!水道水で済ませる派のメリット3つ

 

 

本の水道水は安全と言われています。

世界的に見ても厳しい基準が設けられており
それをクリアしているのが日本の水道水です。

 

地方では水道水が美味しいところも多く、
わざわざ水を買うという概念がないかもしれません。

 

水道水で済ませる派のメリットといえば
水道料金以外にお金がかからないこと。

 

500mlのペットボトルを買うと
だいたい1本100円。
ウォーターサーバーならもっとかかります。

 

水道料金をきちんと支払っていれば、
飲み水程度なら水道水のほうが安いです。

 

そして、ごみが出ないこと。
飲んだ後にペットボトルなどの
ごみを出す手間が省けます。

 

最初に述べたように、
水道水はとても厳しい基準をクリアして
家庭に届けられています。

 

実は、
ミネラルウォーターなどの
市販の水のほうが基準はゆるく、
水道水のほうが安全性は高いのです。

 

コスト、ごみ、安全性、
この3つが水道水のメリットです。

 

でもなぜか水道水って
おいしくないような気がしませんか?

 

この原因は、
殺菌のために入れられる塩素です。

 

これがカルキ臭さとなって
おいしくないと感じてしまうのです。

 

 

塩素が入っていると言って
体に悪いわけではありません。

 

その量はとても少なく、
塩素で殺菌処理されていない水より
はるかに安全なのでご心配なく。

 

カルキ臭を飛ばすには
一度煮立たせておくのを
おすすめします。

 

もうひとつが温度です。
蛇口から出る水はちょっとぬるいような
感じはしませんか。

 

人が水を美味しく感じる温度が
6~11度なのだそうです。

 

私も祖父母の家の水道水は蛇口から出しても
冷えていてとても美味しいので飲めるのですが、
実家やアパートの水道水は飲めません。

 

水道水を美味しく飲むには、
煮沸してから冷蔵庫で冷やしておくと
いいと思いますよ。

 

 


スポンサーリンク


 

 

水は買う派のメリット3つ!市販の水はミネラル豊富健康的だった

 

 

販の水のメリットと言えば、
どこでも買える、というものです。

 

わざわざ家から水をもっていかなくても
出かけた先で、コンビニや自販機から
冷えているものが購入できます。

 

また、保存がきくということ。
封を開けないでおけば2~3年は持ちます。

 

買い置きしていてもいいし、
非常用としても活用できます。

そして、
種類が多いこと。

 

コンビニでは水だけでも
結構な種類が置いてあります。

 

その中でも、
日本では水道水から飲めないのが
硬水と呼ばれるものです。

 

日本の水は軟水に分類され、
欧米では主流の硬水は、
カルシウムやマグネシウムといった
ミネラルが豊富に含まれています。

 

 

お肉料理をたくさん食べる人は
ミネラルが不足しがちなので
軟水より硬水のほうが向いています。

 

また、硬水には脂肪を燃焼させる働きがあるので、
ダイエットにも向いています。

 

そして、
豊富に含まれているマグネシウムによって
胃腸が刺激され、便秘解消の効果も期待できます。

 

ただ、飲み慣れていないと
お腹を壊すこともあるので
様子を見て飲んでくださいね。

 

このように、健康のために市販の水で
自分の好きなものを選べるのは
最大のメリット
ではないでしょうか。

 

水道水とは逆に、
ごみが出たり、コストがかかるのは
デメリット
と言えそうですね。

 

まとめ

 

 

道水と市販の水、
どちらも水には変わりありません。

 

安全だし水道水で特に気にならない方は
もっと美味しく飲めるよう工夫すればいいし、
ダイエットや便秘解消を期待するなら
好きな種類の水を購入すればいいと思います。

 

どちらもメリット、デメリットはあるので、
参考にしてみてください。


スポンサーリンク