ijmaki / Pixabay

 

もうすぐ平成が終わり、

新しい元号になります。

 

あなたは、平成生まれですね。

ではあなたの周りの人は?

 

平成それとも昭和生まれ?

いやいや大正生まれ?

もしかして明治生まれ?!

 

この平成や昭和という元号、

そもそも何なのでしょうか?

 

今日は、

元号についてお話しましょう。

 

明治より前の元号は、

とってもたくさんあるのです。

 

そこで、教科書にも出てくるような

有名な元号を紹介します。

 

また、6月19日は、

元号の日なのですが、

 

なぜその日になったのか、

その由来についても

わかりやすく解説しますね。

 

日本の歴史に興味がある人はもちろん、

ない人も、

 

これを読めば日本史を

勉強したくなる!かも。

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

 

明治の前の元号どんなのがある?

 

OpenClipart-Vectors / Pixabay

 

元号とは、

ある特定の年代に付けられる称号のことで、

「年号」と呼ぶこともあります。

 

日本では、飛鳥時代(592~710年)から

元号が使われるようになった

と言われています。

 

明治以降は、『一世一元』といい、

天皇一人に一つの元号を

定めると決められています。

 

ですが、明治より前は、

しっかりした決まりはなく、

 

天変地異や世情不安などを理由に

短期間で改元されていました。

 

ですので、明治より前の元号は、

とてもたくさんあります。

 

いくつか紹介していきますね。

 

明治のすぐ前の元号、

江戸時代最後の元号は

『慶応(けいおう)』

 

江戸時代の終わり、

幕末に西郷隆盛や坂本龍馬、

新選組などが活躍した時代です。

 

『慶応』→『元治(げんじ)』

→『文久(ぶんきゅう)』

 

→『万延(まんえん)』

→『安政(あんせい)』

 

ここまでさかのぼっても、

たった14年間です。

 

幕末は、世の中が騒がしくなった時期ですので、

元号も短期間で

改元されたのかもしれませんね。

 

もう少し前の時代を

見てみましょうか。

 

江戸中期の八代将軍徳川吉宗、

「暴れん坊将軍」

のほうがわかりやすいかも(^_-)-☆

 

徳川吉宗の「享保の改革」は、

教科書にも出てくる

江戸三大改革の1つめです。

 

『享保(きょうほ・きょうほう)』

も元号です。

 

この時代は、

「暴れん坊将軍」おかげで(?)

世の中は比較的安定していたようです。

 

『享保』年代は、

1716~1736年と

20年間も続いています。

 

江戸幕府の祖、

徳川家康と石田三成が戦った

関ヶ原の戦いは、

『慶長(けいちょう)』年間です。

 

戦国時代のきっかけとなり、

京都の町が焼け野原になった

「応仁の乱」。

 

戦さが頻繁に起こっていた

『応仁(おうにん)』は、

1467~1469年です。

たった2年ですね。

 

ぐんと昔に戻って、

724~749年の『天平(てんぴょう)』

なども有名な元号です。

 

聖武天皇の時代で、

奈良時代の最盛期で25年間

元号が変わりませんでした。

 

政治的にも安定していたためだ

と考えられますね。

 

奈良の東大寺や唐招提寺が

建立されたのもこの時期です。

 

このように見てくると、

元号ってただの名称というだけでなく、

 

それぞれの時代が

見えてくるようで

面白いですね。

 

 


スポンサーリンク


 

 

元号の日とは?その由来とは?

 

elementus / Pixabay

 

毎年6月19日が

元号の日だということは、

知っていましたか?

 

私は知りませんでした。

 

元号について調べてみて、

初めて知ったのですが、

 

なぜこの日が

元号の日になったのでしょうか。

 

【元号の日の由来】

645年6月19日に

中大兄皇子と中臣鎌足が

蘇我氏を倒しました。

 

その後中大兄皇子(のちの天智天皇)が、

日本初の『大化』という元号を定めました。

 

いわゆる「大化の改新」の

一つの政策だったのです。

 

この出来事を由来として

6月19日が元号の日

と定められました。

 

 

元号は、もともと中国から

日本に伝わって来たものでした。

 

ですので、始めの頃の元号は、

中国の故事などを参考に

することもありました。

 

中国では、清の時代に

元号を使わなくなりましたので、

 

現在元号を使っている国は

日本だけです。

 

 

まとめ

 

truthseeker08 / Pixabay

 

今日は元号について

お話しました。

 

もう一度ポイントを

整理しましょう。

 

・明治より前の元号は、

世の中の動きや災害で

よく変更された

 

・世の中が安定して

治まっている時は、

元号もすぐに変わらない

 

・元号の始まりは、『大化』

 

・6月19日は元号が

定められたきっかけの日だから

「元号の日」

 

 

今の元号『平成』は、

『大化』から数えて248番目です。

 

249番目の元号は、

どんなものになるのでしょうか。

ちょっと楽しみですね。

 

でも、年齢の計算などが

またややこしくなりそうです。

 

こんなに複雑なのに、

日本ではなぜ西暦と並んで

元号を使い続けるのでしょうか。

 

個人的には、

元号はなんとなく日本的で好きなのですが、

あなたはどう思いますか?

 

 


スポンサーリンク