子どもの成長と共に、母の交友関係も広がっていきますよね。

ママ友と呼べる人が少なからず出来てくるものです。

 

 

イベントの時期が近づくと、ママ友同士で話が盛り上がることってありませんか?

 

 

子どもを通しての付き合いとはいえ、

イベントになるとママたちも女子会の盛り上がりになりますよね。

 

 

子どももママも楽しめるイベントの一つがクリスマス!

 

 

ママ友たちと楽しむクリスマス会なんて

考えただけでもワクワクしちゃいます。

 

 

でも、こういう時って、どんな格好をしていけばいいのかな?なんて

悩んでしまう事ありませんか?

 

 

派手過ぎてもママ友の中で浮いてしまう気がするし、

地味過ぎても場違いな気がします。

お洒落ママは、どんな服装で参加しているのでしょうか?

 

 

ママだけではなく、子どもにだってお洒落はさせたいですよね。

クリスマスなんだからサンタ衣装を着せたいところだけど

自分の子どもだけだと決まずいので躊躇(ちゅうちょ)してしまいます。

 

 

この悩みを解決させるために、流行に敏感なお洒落ママたちは、

クリスマス会にどんな服装をしているのかを調べてみました。

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

 

クリスマス会にお呼ばれした時に!子供に着せたい服装

 

 

大人も子どももワクワクしちゃうクリスマス。

パーティーにお呼ばれしたのなら、思いっきり楽しむことが1番です。

 

 

子どもにクリスマスを楽しんでもらうために、

着る物もクリスマスを意識してみましょう。

 

 

サンタコスチューム

クリスマスパーティーにはなんといってもサンタさんでしょう。

今では、手軽にコスチュームが手に入ります。

 

 

サンタ衣装にブーツなどを合わせてトータルコーディネートを楽しんでください。

 

 

プレゼントの袋に手土産としてお菓子などを入れてお呼ばれすると

参加しているみんなで楽しむことができて好印象ですよ。

 

 

クリスマスカラー

サンタクロースになるのはコスプレ感があって躊躇してしまうという方は

クリスマスカラーを意識したコーディネートがいいかもしれません。

 

赤と緑の組み合わせや、赤と白の組み合わせでコーディネートをまとめると

一気にクリスマス感がアップしますよ。

 

 

クリスマスイメージ

ネットショップなどでは、

サンタクロースをイメージしたドレスやワンピース

小人やトナカイをイメージした衣装などもあります。

 

 

クリスマスを意識した衣装選びで、ドレスアップしましょう。

 

正統派のサンタクロースよりも

笑い重視で雪だるまやツリーをイメージしたコスチュームもいいかもしれませんね。

 

 


スポンサーリンク


 

 

クリスマス会にお呼ばれした時に!ママにおすすめの服装

 

 

 

子どもの服装が決まったら、次に悩むのは自分の服ですよね。

派手過ぎても、地味過ぎても浮いてしまうのは目に見えています。

 

 

大事なポイントは、程よく華やかであること。

これが、お洒落ママの鉄則。

 

 

派手な服装は周りから冷ややかな目で見られるリスクがありますが、

せっかくのイベントですから、いつもと同じ格好も浮いてしまいます。

 

 

張り切りすぎないコーディネートを意識しながらも

クリスマスカラーを取り入れたり、大きめのアクセサリーなど小物で華やかさを出すなど

イベントを楽しむ気持ちを表すお洒落が、ママ友に好印象を与えるようです。

 

 

また、ママ友が集まる機会は女子会のような盛り上がりだと思いますが、

あくまでもママ友です。

 

 

主役は子どもたちだと割り切って考えましょう。

 

 

 

母親として、上品で清潔感のある服装が好まれます。

露出度が高かったり、身動きのとりにくい服装は、

子どもたちの予測のつかない行動に対応できません。

 

 

ホームパーティーの場合などは特に、動きやすさも大事なポイントになります。

子どもの世話だけではなく、料理を取り分けたり、空いた食器を片付けたり

ササっと動けるくらいの服装の方が、気遣いの出来る人という印象を付けやすいからです。

 

 

クリスマス会の会場にも合わせて、母親としての華やかさをイメージしてください。

 

 

まとめ

 

 

マ友たちと集まる時は、ついつい力が入りがちですが、

大事なのは、主役が子供たちであるということですね。

 

 

場の雰囲気を壊さないためにも

子どもの服装だけでも簡単なドレスコードを作っておくのもいいかもしれません。

 

 

仲間とのクリスマス会は、自分のお洒落を見せびらかす場ではないので

足並みを考えるとコーディネートが上手くいくかもしれません。


スポンサーリンク