公園に行ったり幼稚園に入ると

子供同士の交流が広がりますね。

 

同時に生まれるのが

「ママ友」のお付き合い。

 

子供が遊んでいる間園への送り迎え。

ランチに誘われたり他愛ないお喋り

 

でも、このやりとりいつまで続くの?

気の合う人ばかりでもないし。

楽しいけど、時々疲れる。

 

お母さん大変ですよね。

毎日本当にお疲れさま!

 

では、

少し楽に考えてみましょう。

 

ママ友の深いお付き合いは子供が小さいうち!

小学生位が目安ですよ!

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

 

ママ友とのお付き合い、そんなに頑張らなくていい

 

 

「ママ友」は子供が居るから集まるもの。

同じクラスのお母さんは特に接点があるでしょう。

 

もちろん、

お母さん同士仲良く出来る方が気楽で良いですけど。

 

幼稚園で仲良くなった子供達が遊べる。

という点でも良いと思います。

 

でも小学生にもなれば子供だって自分達で遊びますし。

毎日学校へ付きっきり、ということもありませんよね。

 

参観日や懇談会、運動会などの行事に役員会。

小学校に顔を出すのはこのくらいでしょうか?

 

なのでママ友は、毎日のように顔を合わせる

幼稚園が1番密接な関係。

 

 

お母さん同士の会う機会がだんだん減っていくんですから。

「ママ友」の繋がりも薄くなっていくんですね。

 

「一時的なお付き合い」だと割りきってみるのも良いかも。

もともと仲の良いお母さん同士は

 

  • 上にも兄弟がいる
  • 児童館などで遊んでいた

などの可能性が高い。

 

でも、

クラス全体が毎日放課後に遊ぶ仲にはなれないですから。

無理してお付き合いをする必要はないんじゃないしょうか。

 

 

ママ友とのお付き合い、大切なのは…

私も今、幼稚園児の息子を送り迎えしているんです。

その時、良く喋るお母さんもいますし

特に話をしないお母さんっています。

 

喋りかけられたらもちろんお喋りしますよ。

 

でもやっぱり挨拶は欠かせません。

 

普段子供達には

「ちゃんと挨拶しようね!」と言い聞かせますよね?

 

それなら、大人達がしないのはおかしな話じゃありませんか。

 

無愛想に接したり、人によって態度を変えたりは

絶対にNG!

 

ママ友に限った話ではありませんが、

礼儀はやはり大切です。

 

 


スポンサーリンク


 

 

気の合うママ友と「浅く長い関係」でいるメリット

 

同じ幼稚園に入ったなら、大体は同じ小学校に。

そんな中、幼稚園からのママ友ネットワークは

大切にしたいところ。

 

気の合うグループだけでも良いんじゃないでしょうか。

 

今はLINEやメールで情報が飛び交っていますよね。

深入りすると大変そうですが。

 

学校の情報や、子供達の様子。

ちょっと小耳に挟めるルートがあると良いなと思います。

 

実際、私のスマホは

・クラス全体のLINEグループ

 (地域のイベント情報、参観日のことなど連絡用。)

・子供同士がよく遊ぶお母さんのLINEが数名

 

だけです!

 

ママ友っていつまでママ友?

 

特に仲の良いママ友は、

子供の手が離れていく頃もう「ママ友」ではなくなりますね。

 

子供をきっかけにして大人になって出来た

「自分の友達」

 

そう、子供達はきっかけ。

 

意気投合したのはお母さん同士なんですよ。

お互いが子育ての経験を積んで

愚痴を言い合ったり

悩みを打ち明けられるなら。

 

これほど心強いことはないです。

 

ママ友との付き合い方って

色々気を使いますよね。

ママ友とのお付き合いに関して

こちらの記事も合わせてご覧ください。

ママ友との手土産持参ランチの予算とセンスがいいと褒められるチョイスとは

おわりに

 

 

ママ友の関係も案外早く薄くなるんですね。

ピークは幼稚園!

 

その後も情報交換の場は有益!

 

でも、

乗り気ではないお誘いはお断りしても問題ないでしょう。

子供同士が仲良く遊べたら、私はそれで良いと思います。

 

子供達が自然と仲良くなったのと同じ。

自然と続いたママ友との関係は大切にしたいです!

 

毎日会うからこそ、挨拶などはきちんと。

 

でも、

必要以上に一緒に居なくても良いかなと

考えてみて下さいね。

 

悩みすぎるより、

一旦離れてみても良いですよ。

 

だって子供達は

お母さんの笑顔が1番ですから!

スポンサーリンク