lethutrang101 / Pixabay

 

子供が習い事を始めると、

先生に月謝や謝礼などを

渡す機会がありますよね。

 

月謝袋があるなら問題ないのですが、

特に決まりもなく

月謝を支払う場合には、

 

一般的なお金をお渡しする時の

マナーを知っていると

悩むことがありませんよ。

 

どんな渡し方であろうと、

お金の価値は変わらないのですが

 

レッスンをしてもらっているのですから、

マナーはしっかり守りたいところですよね。

 

先生と良好な関係を作るためにも

お金のマナーは大切です。

 

今回は、月謝や謝礼などの

お金を渡す時に悩みがちな

 

お金を入れる封筒についての

マナーをお伝えしたいと思います。

 

お金のマナーと言うと、

ハードルが高いように感じるかもしれませんが、

 

覚えてしまえば

何にも難しいことはありませんよ。

 

お金を入れる封筒の選び方や

封筒の書き方について

詳しくご紹介していきます。

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

 

レッスン代を入れる封筒の表書きと裏書き、名前はどちらに書けばいいの?

 

3dman_eu / Pixabay

 

習い事をしていると、

何かとお金はかかりますよね。

 

毎月のレッスン料や謝礼を

習い事の先生に手渡しする場合の

マナーとして

どんな封筒に入れていますか?

 

驚く話だと思うのですが、

最近ではお財布から

直接お金を出して先生に手渡したり、

 

毎月同じ月謝にも関わらず、

おつりを出してほしいと

いったりする人もいるのだとか。

 

そもそも、

お金を渡す時にそのままハダカで・・・

 

ということ自体が

マナー違反ということなので、

 

これでは非常識と思われても

仕方ありませんよね。

 

レッスン料や謝礼をお渡しする時には、

必ず封筒に入れるようにしましょう。

 

封筒にはいくつも種類がありますが、

習い事の場面でお金を渡す目的ならば

適しているのは白い無地の封筒です。

 

中に入れるお札が透けて見えるのも

マナー違反となるので、

 

厚手のものや

二重になっている封筒を選んでください。

 

線入りの事務用封筒や茶封筒は、

お金を入れるのには適していないので

気を付けてくださいね。

 

封筒を用意したら

表にはなんて書けばいいのか、

 

名前はどこに描けばいいのか、

悩んでしまうところだと思います。

 

これもマナーを心得ていたほうが

失礼になりませんので

次のことを参考にしてみてください。

 

講演などで謝礼を先生にお渡しする場合、

封筒の表側には

「御礼」や「謝礼」と書きましょう。

 

場合によっては

「お返し」と書く時がありますが、

「御礼」と書くのが無難で

一般的なようです。

 

ここで間違えやすいのが

「寸志」という言葉です。

 

寸志とは、ほんの気持ち程度ですが・・・

という意味があります。

 

お金を包むときに見かける言葉ですが、

これは目上の人から

贈られる場合に使われる言葉です。

 

目上の方にお渡しする謝礼金なのに、

寸志と書いてしまうのは

 

相手の方にとても失礼になってしまうので

注意してください。

 

自分の名前や団体名は、

「御礼」と書いた下に記すのが一般的です。

 

次に習い事などの月謝の場合ですが、

謝礼金ほどかしこまったルールはありません。

 

月謝を納入するのが目的ですから

封筒には「御月謝」と書くのが一般的です。

 

習い事に多くの生徒さんがいるのであれば、

クラス名と名前を

一緒に書いておくといいですね。

 

月謝についてはそれほど悩まずに

受け取った先生が支払いを把握できれば

問題ありませんよ。

 

 


スポンサーリンク


 

 

レッスン代の封筒の裏書き、金額は書くべき?

 

TBIT / Pixabay

 

謝礼金の場合は、

包んだお金の金額を封筒に

書く必要はありません。

 

封筒の裏側には

何も書かなくても大丈夫です。

 

しかし、

謝礼金には支払明細書を出すのが

マナーとなっています。

 

封筒の裏に金額を書かず、

支払明細書をお金と同封して

お渡ししましょう。

 

習い事の月謝の場合も、

封筒に金額を書く必要はありません。

 

先述したように、

月謝の場合は誰が支払ったかが

先方に分かれば問題ありません。

 

支払いを明確にするためと考えれば、

名前とともに「〇月分」

とかいておくと見ただけで分かるので

受け取る側に親切かもしれませんね。

 

納入トラブルが心配であれば、

支払う日付を書いておいても

いいかもしれません。

 

封筒に関しては

こちらの記事もご覧ください。

謝礼の封筒に入れるお札の向きはどちら?正しい入れ方を知ろう!

 

まとめ

 

Tumisu / Pixabay

 

新しい便利なツールが

どんどん増える時代ですから

 

支払い方法も手渡しで

というシステムは

少なくなってくるかもしれません。

 

ですが、

お金のマナーは意外にも

知らないことが多かったりします。

 

失礼がないように、

あらかじめマナーを知っておくことは

大切ですよね。

 

今回ご紹介したことを

ぜひ参考にしてみてくださいね。

 


スポンサーリンク