別名 レオパとも呼ばれて
女性に人気がある
ヒョウモントカゲモドキ。
ちなみにレオパは、
レオパードゲッコーの略。
豹の模様がついてるヤモリ
ですね。
あの新垣結衣ちゃんも
ペットにしてるそうです。
そんな女性になぜか人気のある
レオパくんの値段やお店など
飼育情報をまとめてみましたっ!

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

 

値段は安いって!

 

 
ヒョウモントカゲモドキの値段は
どうでしょう。
ズバリ、安いです。
3000円とか5000円とか
から買えます!!。
あと種類によっても
随分違うみたいです。
  • ノーマル
  • スーパーマックスノー
  • ハイイエロー
  • ブリザード
  • アルビノ
と、いろんな種類がありますから。
(実際は、もっとたくさん!)
(目の形とか背中の色とか尻尾の色とかいろんなワケ方
があるんです)
 

 

 

なぜ安いのでしょう。
 
 
普通に考えると
高い=希少価値が高い。
 
つまり、手にいれづらいものや
販売までに手がかかるもの
は値段を高くする。
 
逆に安いは
量産できる、手間がかからないもの
って考えることができますよね。
 
 
あとは、相場っていう
見えない不文律があったりして。
 
 
私も業界の人ではないので
実際どうなのよ~って思うところも
ありますけどね。
 
 
まぁとにかく安いです。
何万円もしないから
丁度いいかもしれません。
 
 
あとは、は虫類とくに
トカゲみたいなものが平気かどうか。
 
 
つまり、ヒョウモントカゲモドキ
を見てかわいいと思えるかどうか。
 
 
エサが生きているコオロギとか
ミルワームっていう小型ミミズ
みたいなものに平気でいられるか
どうか
 
(エサについては飼い方のところを見てくださーい)
そういうところがポイントになるかもしれません。

買い方編

値段がわかったら、次は
どこで買えるの?
 
 
ということですね。
もちろん、基本はペット屋さん。
 
 
ペット屋さんといっても
全国展開している大手のペット屋さん
 
専門のペット屋さんがありますね。
ヒョウモントカゲモドキみたいな珍しい
(少なくとも犬くんネコくんと比べてですけど)
 
 
ペットは専門のところがいいです
よね。
いろんな細かい注意点とか
お店の人の愛情も違いますから。
どうせ買う(飼う)なら
愛情がある人のほうがいいですよ。
 
 
情報量が違います。
で、専門店はどういうところが
あるかというと
 
 
その名も

爬虫類倶楽部 ホームページ
https://hachikura.com/

ヒョウモントカゲモドキのページ
ここは、東京の中野、
埼玉の大宮、宮城の仙台
とお店があります。

エンドレスゾーン
https://www.enzou.net/
東京は杉並にあります。
ホームページを見るとこれでもか~
ってくらいいろんな種類の
は虫類を取り扱っていますねー
ツイッターもあるみたい。
 

DIZZY POINT
https://www.dizzypoint.co.jp/

ここも東京の中野。
値段はちょっと高そうです。
1万円超えがありますね。
ホームページはちょっと
おどろおどろしい。

 
は虫類っていうとどうしても
ヘビとかトカゲも扱うことに
なるのでそうなっちゃいます
かねー
 
 
以上が代表的な
は虫類専門店。
実際のお店はヘビとかトカゲ
とかが満載なので
 
 
それなりの覚悟をしないと
行けないかも。
 
 
それから、私は東京じゃない
そんなよういかんわぁっていう人は、
 
 
ショップを検索できる
サイトもあります。
 
 
お店だけでないく
病院とかエサとか
 
 
はたまたペットが大好きな人への
求人情報もあります。
 
 
これは、ブックマークですねー
はちゅナビ.com
https://www.hachunavi.com/index.html
です。
 
 
個人的にはもっとカワイイ ホームページでもいいんじゃない?と思いますけどね。
それから、忘れちゃいけない年に2回の一大イベント
 
 
東京レプタイルズショー
ここは、は虫類はもちろん
珍しいペットが一同に集まる
イベント。
 
 
専門店も数多く参加していて
そこでの販売もしています。
お店で買うより安い場合も
ありぃの
 
 
実際にお店を比べてみたりとか
もできるので
 
 
すごく参考になると思います。
 
レプタイルズショー
https://www.reptilesworld.jp/
ちなみに2016年は
2016年12月3~4日の2日間
前売券:おとな(中学生以上) 1,200円、小学生 500円
当日券:おとな(中学生以上) 1,400円、小学生 700円
となっています。
 

東京レプタイトルズワールド2018 情報

東京レプタイトルズワールド2018

 

東京レプタイトルワールド2018の開催期間は

2018年は
5月12日(土)と 2018年は5月13日(日)

 

時間は、午前10時から夕方5時まで

料金は 大人1200円 小学生500円

前売りだと200円安くなります

 

 

チケットぴあ他 コンビニでも買えるみたいです。

 

ゲストはムツゴロウ先生

 

現地(池袋のサンシャインシティビル) までは

JR池袋駅からは歩いて8分。

一番近いのは地下鉄有楽町線の東池袋駅。

歩いて約3分です。

 

 

アクセスの詳細は https://tokyo.reptilesworld.jp/place/index.html を見てくださいね。

世界各地から輸入された爬虫類や エキゾチックアニマル約6000匹を 展示・販売 今回は過去を上回る最多生体展示数と なる見込みです

 

とあります。

 

むむむむむっ 

好きな人にはたまらんですよね

 

東京レプタイトルズワールドで

みれるペットちゃんがどんなものか?

 

 

怖いもの大丈夫なら

こちらのリンクで みれます キモーい生物も販売しています

 

 

【会場での注意事項】

ペットの持ち込みは禁止です

他の来場者様への配慮する方針だそうです

ただし、盲導犬は大丈夫だそうです。

 

以上 東京レプタイトルズワールド2018 5月の 紹介でした

 

————————————————-

【イベント最新情報】

 
◆追記 2018年9月24日
 
イベントの最新情報をまとめました。
↓です。
 
 
————————————————-
 

スポンサーリンク


 

じゃあミーアキャットはどうなんでしょう?

こちらの記事で確認してみてくださいね!

ミーアキャットの値段と購入するならオススメの店を4つ紹介!

どうやって飼うの 飼い方編

 
さて、値段もわかって
お店もわかったところで
 
次は、飼うとしたらどんな感じ?
ってところですね。
 
 
一番のポイントは
ハムスターやフクロモモンガ、
ミーアキャット、ハリネズミ
などと違って
 
 
すごく飼いやすいっていうところ。
要するに手間がかからないんです。
つまり、忙しくてかまってられない
(それじゃペットの意味ない?)
 
 
とにかく、
・ニオイがしない
・鳴かない
・エサも毎日じゃなくていい
・トイレも覚える
・かみつかない
・結構長生き(寿命10年!)
 
と良いことづくめ。
エサもしばらく食べなくても
いいので、
 
 
平気で旅行に行けちゃったり
します。
 
 
デメリットとしては
エサでしょう。
エサは生きたコオロギだって
よくいわれています。
(それ、どうするのよぉって感じ)
 
 

それから、ミルワームっていって要するに

ミニミニのミミズみたいなくねくねした
やつ。(気持ち悪い)

 
それから、ピンクマウス
(これって、ネズミの赤ちゃんを
冷凍したものだって)
(ぎゃー)
 
 
まぁこの辺りのエサについては
実際のお店で聞くのが一番ですね。
あとは、病気とか病院とかが
気になるところ。
 
 
病気はあまりしないそうです。
ヒョウモントカゲモドキは
脱皮をするそうですけど、
 
 
それがうまくいかないとか、
栄養、カルシウムが不足して
くる病みたいになるとか。
 
 
そんなところだそうです。
そして、病院ですが
さっきのはちゅナビで探すか、
 
 
それとも専門の病院があるそうで
そことコンタクトを取れば
いいんじゃない?
かと思います。
 
爬虫類の専門病院レプタイルクリニック
https://www.syonan-bird.com/repin.html
日本で、初めての爬虫類専門の動物病院だそうです。

最後に

 
 
 
それにしても
人気のあるペットって
名前がまぎらわしいですねー
 
 
今回の
ヒョウモントカゲモドキは、
トカゲじゃなくてヤモリ
 
ハリネズミは
ネズミじゃなくてモグラ
 
フクロモモンガは
モモンガじゃなくてカンガルーとかの
いわゆる袋でそだつ有袋類
 
ミーアキャットは
ネコじゃなくてマングース。
 
なんだか面白いです。
どれも、私の周りで飼っているって
人はいなくて。
 
 
やっぱり珍しいんですね。
でも、ヒョウモントカゲモドキは
 
 
値段も安いし飼うのにも
手間がかからない。
エサさえ問題なければ
 
 
忙しい人にピッタリかも。
ここまで書いていて、
正直、女性に人気というのは
まだ理解できていません。
 
 
女性って不思議ですねー
まぁでも、すごいたくさんの
種類があって
 
 
コレクターとしてもこころを
揺さぶれれるかも
しれませんね。
 
 
それから、ヒョウモントカゲモドキの本もたくさんあります。
有名なのは
ヒョウモントカゲモドキと
暮らす本


ヒョウモントカゲモドキと暮らす本 (アクアライフの本) [ 大美賀隆 ]

 
たくさんの種類の紹介や
実際の飼う時の注意とか
すごく詳しい、
 
 
レオパファンにとっては
バイブル的存在かも
しれませんね。

 

この本、見ているだけでもいいかもしれません。

 

あなたもレオパくん、
もとい、ヒョウモントカゲモドキのトリコに
なっちゃうかもよー


スポンサーリンク