ブーケは白以外でも

全然OKですよ!

 

結婚式の主役はなんといって花嫁!

ですから!

 

そんな花嫁さんのドレスに

文字どおり花を添えてくれるのが

ウェディングブーケ。

 

白色じゃないとダメなの?

何色だと可愛いかな?

ブーケにはどんな意味があるの?

 

花は色とりどりで

ブーケの形もたくさん。

 

ドレス選びと同じくらい

魅力的で迷ってしまいますね!

 

そんな花嫁のあなたに、

私の体験談を交えて

お話しさせて下さい。

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

 

カラードレスとブーケの組み合わせ

 

 

カラードレスの場合、ブーケは

基本的には同系色で

 

カラードレスとのグラデーション

になるように作られます。

 

私は結婚式当時

青色のドレスを選びました!

 

ちょっとした冒険でしたね。

 

この時のブーケは

・むらさき

・ピンク

・白

・葉っぱの緑

 

こんな感じでした。

 

濃い色のドレスだったので

淡い色のブーケで

とても可愛い印象に。

 

人気のあるカラードレスは

やはりピンクや黄色など

パステルカラー。

 

絶対可愛いですものね!

 

ドレスが柔らかい印象なので

ブーケの色は少し鮮やかに。

 

少し濃い差し色が

ちょっと見えるだけでも

とてもステキです!

 

ピンク色だけのブーケでも。

濃い、淡い。

いろいろなピンク色で

グラデーションになります。

 

造花やプリザーブドフラワーで

ブーケを作れば

水色や青色の花も使えますよ。

 

 

ブーケの色の意味とは

 

 

白色のブーケは「純潔」を

表すということで

一般的に良く使われるんですね。

 

ほかの花にも

緑色は「健康・長寿」

黄色は「お金に困らない」

 

こんな願いも

込められているそうです。

 

でも、特に決まりはなくて

結婚式だから

 

花にも特別な意味が!

ということもありません。

 

挙式のブーケも白とは限らない

ということですよね。

 

あえて特別を挙げるなら

「サムシングブルー」

 

花嫁が青色のモノを身に付けて

幸せを願うというもの。

 

良くブーケのリボンを水色に

していたんだそうですよ。

 

 


スポンサーリンク


 

 

実際に見た!挙式でのカラーブーケ印象は?

 

 

私が出会ったのは

教会での人前式。

 

ウェディングドレスに

ピンク色の花束だったんです!

 

ブーケじゃなくて花束?

にはちゃんとした理由が。

 

「ブーケセレモニー」

チャペルに入り

ゲストから花を受け取る新郎。

 

バージンロードを歩いてきた

花嫁にプロポーズの花束を送る。

 

花嫁は花束から1輪

新郎の胸元へ。

 

これがブートニアとなり

OKの返答。

というもの。

 

ブーケは新郎の手で

リボンを巻いた花束という訳。

 

これは私も取り入れたんですが

とても楽しかったです!

 

この日の花嫁さんは

カラードレスが淡い黄色。

 

この時のブーケもピンク色で

統一されていました。

 

ピンク色が好きだったのかも。

 

印象としては

「とても可愛い!」でした。

 

あとから写真を見返しても。

ウェディングドレスに

ピンク色のブーケ。

 

新郎さんのブートニアも

もちろんピンク色ですが。

 

違和感なんて

まったく無かったですよ!

 

ブーケは季節のイメージに合わせても

ブーケは好きな色で良い!

と言われても悩みますよね。

 

そんな時は

季節に合わせてしまう

と絶対可愛くなりますよ!

 

例えば初夏だったら。

 

緑色をちりばめながらも

満点の星をイメージして

 

・カスミソウを使う

   最近人気で、可愛い印象にも。

 

・涼しげな、淡い色で

   白色・水色・黄色・ピンク色

 

・いっそのことそのものを!

    星のチャームを付ける。

 

なんてどうでしょうか。

 

 

もちろん

ブーケだけではありません。

 

会場全体に取り入れることで

統一感もアップしますよ!

 

 

おわりに

 

andreas160578 / Pixabay

 

特別な1日の為に

たくさんの準備が必要。

 

でも、悩んで考えた分

きっとステキな結婚式に!

 

結婚式の主役は自分たち。

それでも1番はあなた。

 

やっぱり女性のほうが

特別だと思います。

 

結婚式は

白にこだわらなくても良い。

 

自分の「コレ!」が大切です。

 

ぜひ、思ったことは何でも

プランナーさんに伝えてみて!

 

ステキな挙式までの日も

頑張って楽しんで下さいね。


スポンサーリンク