Pexels / Pixabay

 

兄妹の結婚式は

人生でそう何度も

 

あるものでは

ありません。

 

あまり経験することがないため、

どのような立ち位置で

 

振る舞ったら

いいのか悩みますよね。

 

両親は何かと

やることが多い反面、

 

兄妹の場合は

何をしたらいいの?

 

両親のように

お酌をしながら

 

挨拶まわりをした方が

いいのかな?

 

など不安に

思われるかもしれません。

 

お友達の結婚式とは

また違うので、

 

兄妹として

恥ずかしくない

 

振る舞いやマナーを是非

ここで学んで

不安を解決していきましょう。

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

 

常識なさすぎ!そんな風に思われないマナーが知りたい!

 

Free-Photos / Pixabay

 

まずは服装から!

女性の場合は肌の

露出を控えた服装を

選ぶといいでしょう。

 

また友人の結婚式で

着る派手な色も

 

ここでは避けた方が

いいかと思います。

 

兄妹の結婚式で

着るなら、

 

キレイ目スタイルが

オススメです。

 

暗い色だと地味すぎるので、

少し明るい色をもってくると、

 

お祝いの場にふさわしい

雰囲気になります。

 

(白やベージュは花嫁と

被るのでNG)

 

カジュアル過ぎなければ

パンツスタイルも

ありだと思います。

 

続いて挨拶の場において、

式の前に親族顔合わせという

ものがあります。

 

ご両親のどちらかが

親族の紹介をするので、

 

紹介されたら

「姉の○○です。

どうぞよろしくお願いいたします。」と

 

愛想よく挨拶出来ればOKです。

 

あまり長々と語ったり、

自分のことを話したりしないように

しましょうね。

 

あくまでも主役は自分ではない

ということを忘れずに

振る舞うことが大切です。

 

披露宴が始まると、

新郎新婦の両親は

列席者にお酒のお酌を

しながら席をまわります。

 

基本的に兄妹がまわる

必要はありませんが、

 

相手方の兄弟が

お酌をしているなら、

 

自分も挨拶がてら

まわるようにした方が

いいです。

 

絶対にまわらないと

いけないことではないので、

 

ここは雰囲気に任せて

しまってもいいと思いますよ。

 

もし事前に話し合いの場が

設けられるなら、

 

お酌や挨拶まわりは

どうするかなど決めておくと、

当日焦らなくて済みます。

 

兄妹だからこれをやらないとダメ!

ということはありませんが、

 

最低限のマナーはきちんと

身につけておきましょうね。

 

 


スポンサーリンク


 

 

これさえ押さえておけばOK!兄妹の結婚式のマナーまとめ!

 

Pexels / Pixabay

 

先ほども書きましたが、

結婚式の主役は自分では

ありません。

 

主役の為に自分は裏方に

徹することが、

兄妹の役目だと思います。

 

兄妹の場合、

両親と立場が違うので

 

堅苦しくなる必要は

ありません。

 

ですので

その場の雰囲気に合わせて

 

対応するのでも全く

問題ありません。

 

相手方の会社関係の人に

軽くお酌をしながら

挨拶したり、

 

両親の貴重品の

管理をしたり、

 

お友達との写真を

撮って周ったりなど

 

してあげると

いいと思いますよ。

 

あとは小さい時の

写真を集めて

アルバムにしてみたり、

 

スライドショー用の写真を

集めてあげられるのも

 

兄妹だから出来ること

だと思います。

 

もし子供がいる場合は、

演出の一つとして

 

リングガールやリングボーイを

頼まれることもあります。

 

その時は

子供をサポートする方法を

考えておくといいかもしれません。

 

またこの他にも

頼まれたりした場合は

快く引き受け、

 

場を乱さない程度に

自分に出来ることを

してあげるといいでしょう。

 

まとめ

 

evitaochel / Pixabay

 

いかがでしたでしょうか?

 

兄妹の立場で出席するのは、

立場が微妙だなと思っていても

 

お手伝い出来ることは

たくさんあります。

 

また

マナーも特別難しいことは

ありません。

 

例えば食事の際に

音を立てないとか

 

うるさくしたり

騒いだりしないとか、

 

ごくごく普通の

当たり前のことが

出来ていれば

大丈夫です。

 

大切なのは

「笑顔」でいること。

 

それが一番の

マナーだと思います。

 

結婚式は一生に一度しか

ありません。

 

失礼なことがないよう

相手の家族やゲストの方たちに

気持ち良く過ごしてもらうという

 

気持ちを忘れずに、

おもてなししましょうね。

 

 


スポンサーリンク