こたつで寝ると

危ないですよ!

 

あったか~いこたつ。

外が寒いと部屋もヒンヤリ。

 

こたつから出られなく

なっちゃって。

 

そんな時はついつい、

うとうとしちゃいますね。

 

しかし!

 

今、喉が痛く

なってませんか?

 

「喉が痛い」は

こたつ寝の危険信号!

 

喉が痛いのはなぜ?

 

ほかにも何が危ない?

 

 

風邪をひくだけ

じゃないんです。

 

実はあまり知らなかった。

 

こたつ寝をやめようと思える

理由をご紹介します!

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

 

こたつ寝で喉が痛くなる理由

 

 

喉が痛い1番の原因は

「脱水症状」!

 

こたつは暖かいですから、

水分が失われるんですね!

 

 

ぬくぬく暖まるのは

体の表面だけではありません。

 

中が赤く光っているのは

「遠赤外線」

 

これが身体の内側も

ゆっくりと暖めるんです!

 

こたつってスゴい!

 

でも、身体の内側が暖まることで

気が付かない汗が出ているんです。

 

「気が付かない」というのが

重要なポイント。

 

運動して汗をかいたりしたら

水分補給、しますよね?

 

こたつの中にいると

汗をかいていると思わないので

あまり飲まないんじゃ?

 

そのままうとうと

寝ちゃったら…

 

水分不足のまま

時間が経ちますね。

 

脱水症状が起きると

気だる~い、眠い感じに。

 

目が覚めても、二度寝…

ということもありませんか?

 

そして起きた時には、

喉の渇きが強くなって

痛くなっているという訳。

 

 

そしてもうひとつ。

 

考えられる原因は

「体温調節機能の混乱」

 

 

こたつは下半身をだけを

入れることが多いと思います。

 

上半身は冷えているのに

下半身は暖かい。

 

こたつ寝はこの状態が

長く続いてしまいますね。

 

 

これでなぜ

喉が痛くなるのか…?

 

それは吸い込む空気が

乾燥しているから。

 

体温調節が上手くいかない

→喉の準備が出来ていない。

 

準備が出来ていないトコロに

乾燥している空気を吸い込む

→痛みの原因に

 

つまり

「喉も準備不足」

なんですね。

 

風邪をひく原因にも

なってしまいます。

 

 

では、ほかにも

こたつ寝の危険を見てみましょう!

 

 


スポンサーリンク


 

 

喉の痛み以外にもこたつ寝にはこんな危険が

 

 

脱水症状からくるのは

喉の痛みだけではありませんよ!

 

・便秘になりやすい

・血栓が出来る原因

 

これらも脱水が引き起こすのです。

 

腸内の水分が失われると

便が固くなる

→便秘に

 

血液の水分が失われると

ドロドロの血に

→血栓が出来やすく

 

特に血栓が出来ると

命の危険があります!

 

心筋梗塞や脳梗塞のリスクです。

 

こたつでの突然死。

 

あり得ない話では

ないんですよ!

 

 

その他に挙げられるのは

 

・腰痛

・肌のかゆみ

・低温やけど

 

では、ひとつずつ

ご紹介しましょう。

 

 

まずは「腰痛」

 

これは、こたつでは

寝返りが出来ないから。

 

同じ姿勢で寝てしまうので

腰が痛くなっちゃいます。

 

疲れそうですよね。

 

 

続いて「肌のかゆみ」

 

こたつは温度が高く、

湿度が低いものです。

 

なので肌も乾燥する。

 

乾燥、寒さ、水分不足。

 

かゆみが強く出る条件が

ここに揃ってしまってます。

 

 

さらに、「低温やけど」

 

40~60度で同じトコロを

暖め続けると起こるやけど。

 

こたつの中もそれくらいですね。

 

湯たんぽやカイロを

直接触ってはいけないのも

このためです。

 

40度位なら

3~4時間もすると

低温やけど状態になると言います。

 

こたつを「弱」に

設定したとしても

何時間も入っている。

 

寝てしまって、

同じ部分が暖まる。

 

これが危険なんですね!

 

低温やけどの怖いトコロは

見た目(表面)は

それほど酷く見えないこと。

 

筋肉など、内側が

酷いやけどになっていることです。

 

こたつでも起こり得るので

本当に注意が必要!

 

「こたつで寝よう」は

危険なんです!

 

 

まとめ

 

 

こたつ寝は

 

・脱水症状

→喉の痛み

→便秘

→血栓の可能性

 

・乾燥によるかゆみ

 

・身動きしないので腰痛に

 

・低温やけど

 

こんな危険があったんですね。

 

 

とはいえ、

こたつでうとうとするのも

気持ち良いんですよね。

 

そこで日常的に意識したいこと。

 

・こたつ以外の暖房器具も使う

・加湿に気を付ける

・手元に水分

 

部屋自体を暖め、

加湿もする。

 

すぐに飲めるように

水分を持ち歩く。

 

自分の体重×2

×こたつに居た時間

 

コレだけの水分は

とりたいところです!

 

水分不足や

体温の混乱を防ぎましょう!

 

 

そして

「こたつで寝よう」は

禁物です!

 

大きなケガや事故にも

繋がりかねません。

 

 

寒さの味方「こたつ」と

仲良く冬を過ごしましょうね!


スポンサーリンク