気になるニキビ跡を改善したい!

切実な悩みですよね。

 

そのためにコラーゲンを効果的に取るためには

ということで話を進めましょう。

 

肌の不調を改善するために

積極的にコラーゲンを取っていても、

 

ニキビ跡は治らずに逆に

ニキビを増やしてしまうことになります。

 

詳しいことは、以下を読んでみて

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

 

ニキビ跡を内から治す!?コラーゲンドリンクは効果なし!

 

なぜお肌にいいと思って摂取していたコラーゲンが

ニキビ跡に悪影響を及ぼすのでしょう。

 

皮脂を増やす働きがあるコラーゲンは

思春期ニキビには、効果なしとなります。

 

大人になってからでも、

コラーゲンの摂取には気を付けた方が良いです。

 

コラーゲンでニキビが出来てしまう原因は、

体内で消化しきれなかったコラーゲンが

ニキビとして現れてくるからです。

 

糖質や脂質などを取りすぎると

ニキビが出来るように、

コラーゲンを取りすぎてもニキビ跡が出来てしまいます。

 

健康食品にコラーゲンが含まれている場合は

摂取しすぎないようにしましょう。

 

お肌にいいからと言って、

コラーゲンを多く含む健康食品やサプリメント、

ドリンクなどを多量に摂取していても、

これでは効果なしですね。

 

体にいいと考えて、内側からニキビ跡を治そうと思っても、

簡単には治らないようです。

 

しかし、

人によっては内側からコラーゲンを摂取して

ニキビ跡が改善した場合もあります。

 

 


スポンサーリンク


 

 

ニキビ跡改善にコラーゲン!?人によってはデメリットも!

 

 

コラーゲンを摂取することによって、

悪化するニキビ跡と逆に改善されるニキビ跡があります。

 

ます悪化するニキビ跡は上記でも挙げた

「思春期ニキビ」や「30代オイリー肌のニキビ」が

悪化してしまい、デメリットが多いようです。

 

「思春期ニキビ」は10代~20代の若者が発症し、

「30代オイリー肌ニキビ」は遺伝的に

肌の皮脂量が多くてコラーゲンを摂取することで

逆にニキビ跡が悪化してしまうデメリットがあるようです。

 

逆にコラーゲンを摂取することで、

改善されるニキビ跡は

 

  • 乾燥によるニキビ
  • 大人ニキビ

 

です。

 

冬場などで乾燥しているときに出来たニキビは

肌の皮脂量がそれほど多くないために、

 

コラーゲンを摂取しても消化することが可能で

上手に体内にコラーゲンを吸収してニキビ跡を

改善できるようです。

 

遺伝的に肌の皮脂量が多くない方の「大人ニキビ」も、

肌の皮脂量が元々、それほど多くないために

 

コラーゲンを摂取しても体内に吸収されて

ニキビ跡が改善できるようです。

 

まとめ

 

 

今回は、

~ニキビ跡を内から治す!?コラーゲンドリンクは効果なし!~

コラーゲンでニキビが出来てしまう原因は

体内で消化しきれなかったコラーゲンが

ニキビとして現れてくるから。

 

内側からニキビ跡を治そうことについて

体にいいと考えて内側からニキビ跡を治そうと思っても、

簡単には治らない。

 

 

~ニキビ跡改善にコラーゲン!?人によってはデメリットも!~

コラーゲンがよくないニキビ跡

コラーゲンを摂取することによって、

悪化するニキビ跡は

 

・思春期ニキビ

・30代オイリー肌のニキビ

 

の2つがあり、

 

コラーゲンがいいとされるニキビ跡もあり、

コラーゲンを摂取することで、

 

改善されるニキビ跡は

・乾燥によるニキビ

・大人ニキビ

の2つだということ。

 

ニキビ跡の種類によって

コラーゲンを体内から摂取することで、

悪化する場合や改善する場合があるんですね。

 

10代~20代の若者が出来るニキビや

元々、遺伝的に肌の皮脂量が多い人には

 

コラーゲンを体内から摂取しても、

効果が薄いようです。

 

自分のニキビ跡はどれに当てはまるのか、

自分はどんな肌質なのかを調べて

 

効果的なニキビ跡改善方法を

見つけてはいかがでしょうか。

 


スポンサーリンク