ictseahorse / Pixabay
結論から言えば
一番の違いは、水に溶かさずに
ミルクをそのまま飲ませられる!
 
もう、水に溶かす必要がない
ということが一番の違いです。
 
 
水がいらない、容器の心配をしなくて
いいとういこと。

 

この差は大きい!

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

 

液体ミルクと粉ミルク 値段の違い

 

 
 
すぐに気になるのは
 
・値段の違い
・安全性
 
 
 
まずは値段の違い。
まだ国内解禁が決まったばかりで

実際に販売となったときに
一体いくら位になるのかは
この記事を書いている時点では不明。

 
でも、通販では買うことができるんですね。

 

例えばこれ

 
   
 
 
 
その値段は、59mlを8本で
1848円(税込み)

 

送料が 880円別だから、2728円

約3000円です。
 
粉ミルクだと(比較は難しいですが)
800グラムで約2000円
 
値段はなんだか高そうって感じです。
 
やっぱりね。
極端に言えば
粉ミルクを水に溶かして売ってるとも
言えますからね。
 
だけど、
容器を考えたりとか
溶かすお湯とか
殺菌消毒とか
 
を考えたら、決して高いとは言えないかもしれませんね。
 
2018年の夏以降、国内メーカーが
いくらで売り出すのか
そこが気になるところです。
(もうちょっと時間かかるでしょうけど)
 
粉ミルクよりは、高い値段の設定に
なるんでしょうね。
 
少しでも安い値段を期待したいです。

 

 

その分手間がかかって値段的にも
上乗せされるんじゃない
 
液体ミルクと粉ミルク
共通しているのは、母乳のかわりに
ミルクをあげられるということ。
 
粉ミルクは、
・人肌に温めたお湯を用意して
・殺菌した容器にいれて
・よーく溶かして
ということをしないといけないですよね。
 
液体ミルクって防災グッズにも
入れておきたいですよね!
こちらの記事も合わせて
読んでみてくださいね!
 

防災グッズの作り方!コツはここを押さえて教えれば いざという時も安心

液体ミルクは粉ミルクに比べて安全か?

 

 
次に気になるのは 安全性

 
何しろ、常温で保存できるというのが
液体ミルクですから。
 
この点にはついては、
日本で製造する認可を与えるに
あたって確認をしているそうです。
 
この点については
 

薬事・食品衛生審議会分科会の合同部会業界団体が、
加熱殺菌後の液体ミルクを缶やレトルトパウチ、
紙パックで半年以上、常温保存した試験結果として、
微生物や細菌などが確認されず、
乳幼児に必要な栄養素も残ることが確認されたことを報告。

 
(公明新聞)

 
 
とあるように、
 
・もともと殺菌して封詰めをしている
・半年常温でも細菌の発生なし
 
ということを確認しているそうです。
 
今回は、国がきちんと安全性を確認していると
考えていいでしょう。
 
だから、最初の安全性のハードルは
クリアしていると考えていいでしょう。
 
また、欧米ではすでに粉ミルクと同様に
販売されていることや
 
日本でも、東北大地震や熊本地震の時も
海外から輸入の形で利用されていた
という実績もあります。
 
粉ミルクからミルクを作る時の
お水や容器のことを考えると
 
液体ミルクのほうがよほど
安全といえるかもしれませんね。
 

液体ミルクと粉ミルク 飲ませ方の違い

 
液体ミルクは、なんといっても
飲ませやすい
というのが大きいですよね。
 
こちらの動画が参考になるかもしれません。
とあるCMの動画です。
 
※20秒くらいのところから飲ませるところが
 みれます。
 

 

吸入口がついているので、
封を切って、吸入口を取り付けるだけ
で澄むのがいいですよね。
 
粉ミルクは、さっきも言ったように
 
・人肌のお湯
・容器は殺菌状態
 
というのが、どうしても必要となります。
 
とにかく、お水がないとどうにもならないのが
粉ミルク。
 
水がなくても、赤ちゃんにミルクを
用意できるというには
 
飲ませ方という点においても
十分メリットが感じられますね。
 
 
 

最後に

 
 

 
 
 
液体ミルクのメリットは数えきれないですね。
本当は母乳が一番です。
 
これから日本でも製造販売が始まると
これまで見えてなかった問題も出てくると
思います。
 
でも、今のところは液体ミルクも
十分いけそうです。
 
すでに欧米では(先程もふれているように)
粉ミルクとならんで消費されているという
事実もありますので十分利用の機会は
あると思います。
 
乳が出ないママや
病気になったりしたらそのままおっぱいを
あげるのができないママにとっては
 
液体ミルクはすごく大助かり!
早く発売されるといいですね!
 
 

追伸

液体ミルクについていろんなブログが出ています。
ブログや情報を見る時は
更新の日付を確認したほうが
いいと思います。
 
できれば2018年3月以降の
情報をみるようにするのがオススメです。
 
2018年3月12日から
液体ミルクが解禁になったので、
そこから出る情報が最新の情報と
なります。
 
それ以前の情報はあくまでも
まだわかっていないことが
多かったみたいです。
 
このブログの記事も
これからの情報によっては
更新が必要になると思います。


スポンサーリンク