友人の結婚式に出席することになったとき、

一番気になるのは、服装ですね。

 

もちろん挨拶を

頼まれていなければ、ですが。

 

結婚式に出席する時の服装は、

なんとなくはわかっていますが、

 

マナー的にはどうなの?

なんて聞かれると不安になります。

 

そこで結婚式に出席する時の

男性の靴選びについて

調べてみました。

 

革靴の基礎知識

結婚式での男性の靴のマナー

 

フォーマルな靴の選び方

フォーマルにはNGの靴

 

などについて、

わかりやすく説明したいと思います。

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

 

革靴の基礎知識! プレーントゥの革靴はOK?ウイングチップの革靴は?

 

 

革靴には、

紐ありと紐なしがありますが、

 

フォーマルな靴の第一条件は、

紐ありですので、

 

紐ありの革靴について

詳しく説明します。

 

*紐なしは、一般に「ローファー」や

「スリッポン」と言いますが、

簡単に脱ぎ履きができますので、

 

ヨーロッパでは

「靴紐を結ぶことも面倒がる怠け者が履く靴」

と言われ、

 

フォーマルな場所で

履くことはありません。

気を付けてくださいね。

 

革靴の靴紐を通す部分の革は

「羽根」と呼ばれているのですが、

 

その「羽根」部分の違いから

2種類に分かれています。

 

「内羽根式」

・・・靴と一体化して繋がっているか、

甲の部分に「羽根」がもぐっている形

 

「外羽根式」

・・・「羽根」部分が

靴に上に乗っている形

 

内羽根式は、

イギリス王室が起源といわれ、

 

見た目が優美で

最もフォーマルな靴です。

 

一方外羽根式は、

ワーテルローの戦い(ナポレオン最後の戦い)の時に

 

開発された戦闘用ブーツが

起源といわれています。

 

こちらはややカジュアルな印象があります。

 

次に靴のつま先部分の形により、

フォーマルな順に

 

ストレートチップ 

プレーントゥ

ウイングチップ

 

があります。

 

ストレートチップは、

つま先部分に一本線が入っているもので、

 

別名「一文字飾り」ともいわれ、

一番フォーマルな靴の形です。

 

プレーントゥは、

甲の部分やつま先に装飾が入っていない

シンプルな靴です。

 

フォーマルな場所にも

カジュアルにも使用できます。

 

ただシンプルなだけに、

靴の作りや美しさが際立ちますので、

 

邸内な作りのものを選ぶように

気を付けなければなりません。

 

ウイングチップとは、

つま先から甲の部分に、

 

w(ウイング)の切り替えが

入っているものを言います。

 

おしゃれなスーツやヨーロッパ風の

クラシカルな雰囲気を

 

出したいときに最適ですが、

フォーマルな場所には

そぐわないですね。

 

最後に靴の色は?

やはり「黒」ですね。

茶色や紺色は、ダメですよ。

 

ダメ出しは、

ほかにもあります。

 

結婚式にふさわしい靴があれば、

ふさわしくない靴もあります。

 

 


スポンサーリンク


 

 

こんな靴はマナー違反 気を付けて!

 

 

結婚式に出席することなんて

めったにないことだから、

 

自分が持っている靴でいいやと

考えている人もいることでしょう。

 

結婚式というお祝いの席ですから、

基本的には楽しくお祝いすればよいのですが、

 

最低限のマナーは

知っておいたほうがいいと思います。

 

特に足元は、

つい忘れがちですので

気を付けておきましょうね。

 

1.黒の紐革靴でもつま先に

小さな穴がたくさん空いているデザインの靴、

 

メダリオンデザインと言いますが、

そのような靴はNGです。

 

とってもおしゃれなんですが、

カジュアルすぎますので・・・。

 

2.殺生を印象させるような靴も

NGです。

 

革靴はすべて動物の革なのですが、

ワニ革素材の革靴などは、

 

少し生々しいイメージがありますので

縁起が悪いとされます。

 

スエードの素材も

子牛や子羊の革ですので、

避けてください。

 

靴ではありませんが、

同じ理由で毛皮も

避けるほうが良いでしょう。

 

3.おしゃれな服装に合わせて、

ブーツ丈の革靴などを

合わせたくなることもありますが、

 

ブーツ丈は、

カジュアルすぎるので

止めておいたほうがいいでしょう。

 

もしもあなたの持っている靴が、

NG靴ばかりなら、

 

これからの人生の中で

必ず必要になりますから、

 

フォーマル用の革靴を

1足は購入しておいた方が

いいと思いますよ。

 

 

まとめ

 

 

今日は、

結婚式に出席する時の

男性の靴についてお話しました。

 

少しややこしいところも

あったかもしれませんので、

もう一度まとめておきましょう。

 

結婚式にふさわしい靴

 

  • 紐革靴
  • 内羽根式
  • ストレートチップかプレーントゥ

 

マナー違反になる革靴

 

おしゃれすぎる革靴 

殺生をイメージさせる靴 

ブーツ丈の靴

 

これだけを守っておけば大丈夫です。

 

おしゃれは足元からと言いますが、

マナーも足元からです。

 

万一挨拶や乾杯の音頭を頼まれたなら、

服装だけでなく靴も

出席者の方々の注目になるかもしれません。

 

社会人としても

最低限のマナーで、

友人の門出をお祝いしましょうね。


スポンサーリンク