敬老の日を忘れていたのに気づいて、

相手は気にしているのか

焦りますよね。

 

プレゼントを渡すなら早めにしましょう。

 

直接会えない場合は、

遅れたけど、いつもありあとう、の

メッセージなどを添えて送るといいでしょう。

 

少し忘れがちな敬老の日、

遅れてもできることを

考えていきます。

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

 

お祝いのプレゼント渡すべき?

 

 

在、敬老の日は9月の第三月曜日に

制定されています。

 

年長者を敬う日として、

昭和39年に国民の祝日に

なりました。

 

祖父母はもちろんですが、

還暦を迎えている人など

母の日、父の日と違って

対象が広いことが言えます。

 

それに今は、

還暦60歳といってもまだまだ働いている人もいて、

敬老の日というのが

ピンと来ないかもしれませんね。

 

義両親など年齢的にはシニアだけど、

敬老の日に祝って失礼ではないのか、

など難しい日でもあります。

 

 

また母の日ならカーネーション、

父の日ならネクタイ、などといった

決まったプレゼントも特にないので、

少し忘れがちになる気持ちもわかります。

 

 

でも、せっかく敬老の日があるのですから

日ごろの感謝とお祝いをしてあげると

喜ばれると思います。

 

 

当日、会って渡すことができればいいのですが

うっかり忘れてしまっていたとき。

 

後からでもプレゼントは渡すべきなのか

悩みますよね。

 

日が開いてしまっては、

敬老の日のプレゼント、と言われても

なんだかしっくりきませんよね。

 

それなら誕生日などの記念日に

忘れずにあげたほうがいいと思います。

 

敬老の日から一週間程度ならば、

まだ敬老の日というのが

頭に入っていると思いますので

あげても不自然ではないです。

 

 

会って渡すことができないときは、

メッセージカードを入れておきましょう。

一言あるともらった側も嬉しいと思います。

 

 

ちなみに、

敬老の日のプレゼントの予算は

3000円ほどが相場です。

 

お酒やお菓子、お花などが多く、

普段好んで食べているもの、

好きなものを知っておくと

プレゼントを選びやすいと思います。

 

 

遅れてしまった場合は、

少し予算を増やすなどすると

こちらの気持ち的に楽かもしれませんね。

 

 


スポンサーリンク


 

 

どう声をかける?言い訳する?

 

 

老の日をすっかり忘れてしまっていたら、

なんて声をかけたらいいでしょうか。

 

あまり気にしない人が多いようですが、

中には、周りの人はお祝いしてもらっているようだが、

うちはまだだ、と待っている人もいるかもしれません。

 

 

プレゼントを渡す場合は、

 

 

直接渡したかったから遅れてしまった、

通販で配達が間に合わなかった、

などと理由をつけるとよさそうです。

 

 

直接会って渡したかった、と言われて

嫌な気分になる人はいないと思います。

 

 

とはいえ、

特に理由をつけなくても素直に、

遅れてごめんなさい、と

いつもありがとうと伝えれば大丈夫ですよ。

 

 

敬老の日にしてもらって嬉しいことで

上位に来るのが、

食事会、孫と会う、孫からの手紙

でした。

 

みんなと会って話をしたり、

孫からの手紙、絵をもらうなど

特別なことではないですが

頻繁に会えない距離ならなおさら嬉しいようです。

 

 

ハッピーマンデーにより日にちが決まっていないので

 

忘れそうな人はカレンダーやアプリなどで

スケジュールを確認

しておくといいでしょう。

 

いつもありがとう、は

いつでも言えそうでつい忘れがちです。

 

せっかくの機会なので、

きちんと伝えておくといいですね。

 

気になる敬老の日の

郵便局の営業情報は

こちらにまとまっていますよ!

 

敬老の日の郵便局営業と配達情報!手紙をその日に届ける方法はこれ

 

まとめ

 

 

 

敬老の日を忘れていたとき、

 

一週間以内の早めであれば

プレゼントを渡してもよさそう

です。

 

あまりに日にちが経ってしまっていたら、

プレゼントは別の機会にしましょう。

 

理由を付けなくても

いつもありがとうと言われたら嬉しいものです。

変に飾らず、素直に伝えたら

相手も遅れたことは気にしないと思います。

 


スポンサーリンク