敬老の日といえば、誰しもが聞いたことがあるかと思います。

イメージするのはおじいちゃん、おばあちゃんと言う人が多いのではないでしょうか。

 

近年では、日頃の感謝を込めて、おじいちゃん、おばあちゃんに

感謝する日という風潮ですね。

 

 

 

毎年9月の第3月曜日が敬老の日とされていますが、

この頃になると、お店では敬老の日に向けたプレゼントのコーナーが出てきます。

 

ネットショップでも敬老の日のプレゼント特集をみかけますよね。

 

プレゼントを贈るのが当たり前のようになってきていますが、

もともとは長い年月、社会に貢献してきた年配の方を敬い、

長寿を祝う日なんです。

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

 

敬老の日を祝っていったい何歳からだろう

 

 

もそも、敬老の日を祝ってもらう立場とは、いったい何歳からなんでしょうか?

 

60歳?

まだまだ現役で若々しい方が多いですよね。

 

孫が生まれたら?

早い人だと40代後半で孫がいる人もいますよね。

 

こうなると、敬老の日って難しいなと思います。

 

自分の親が年を取ったからと言って、

敬老の日に何かプレゼントを贈っても、

父の日、母の日と変わらない気がしませんか?

 

自分の親でも迷うのに、結婚した義父母のこととなると、

もう何が正解かわかりませんよね。

 

 

敬老の日って必ず何かするものなの

 

 

老の日だからと言って、必ずしも何かしなければ

というのは違うのかもしれません。

 

最近では、やはり孫から祖父母へ何かするのが多いようです。

 

プレゼントにこだわらず、

孫の顔を見せに行ったり、遠方なら写真や動画を送るという人が多いようですよ。

 

孫が大きくなれば、

絵を描いてプレゼントしたり、電話で会話を楽しむこともできますよね。

 

おじいちゃん、おばあちゃんにとっては、

物よりも、孫の成長が何よりも嬉しいようですね。

 

 


スポンサーリンク


 

 

何もしないのは非常識?

 

 

近の高齢者は、生き生きと自分の時間を大切にしている方が増えてきました。

敬老の日だからといって、安易にプレゼントを贈ったばかりに

年より扱いして!と不機嫌にさせてしまうなんて話も聞いたことがあります。

 

何もしないのが非常識なのか

気になるのは、結婚相手の家族に対してではないでしょうか?

 

自分の親や祖父母ならば、簡単にフォローもできますが、

義父母や義祖父母の事となると、簡単には行きません。

 

ここは、配偶者が今までどうしていたのかを基準にするのがベストだと思います。

 

もし、配偶者が敬老の日には何か贈り物をしてきていたのなら、

結婚してもそれに習っておくのがいいでしょう。

 

あったものが、なくなる、というのは

心証が悪くなるものです。

 

 

 

ですが、結婚相手の家庭では、敬老の日を特別にしていないのなら

そのまま何もしなくても非常識にはならないと思います。

 

お互いの育ってきた環境に合わせるのが無難にすむでしょう。

 

逆に敬老の日は何をする?プレゼントは必要?

 

 

自分の子供のころを思い出すと、

敬老の日には、祖父母に絵を描いたり、お手伝い券を作ったり、

なにかしらプレゼントしていた記憶があります。

 

社会人になってからは、さすがに手作りプレゼントはしていませんが、

お菓子を買って行ったり、何かプレゼントは用意していました。

 

でも、母方の祖父母にしかしていません。

 

母方の祖父母は賑やかに人が集まることが大好きでしたので

こういうイベントは欠かせなかったんです。

 

しかし、父方の祖父母は敬老の日も何もかも

誕生日さえ普通の日という家庭だったらしく

イベントは一切なし。なので私も何かをしたことがありません。

 

どちらも経験した私からすると

プレゼントを贈って、喜んでくれるのが嬉しいんですよね。

 

 

 

子供のころには、似顔絵や手作りのお手伝い券でしたが、

社会人になってからは、毎年敬老の日が近づくとプレゼントを何にしようか

考えていました。

 

最近の人気は

和菓子やお酒など、嗜好品や食事や旅行などが多いようですね。

 

 

お金をかけなくても、

家族が集まって楽しく食事をしたり、孫の写真や動画を見せたりして

過ごす時間も、素敵な贈り物

だと思います。

 

敬老の日については

こちらの記事もご覧ください!

敬老の日忘れてた!まだ間に合う大丈夫!?プレゼント渡すべき?!

 

まとめ

 

 

老の日に限らず、

感謝の気持ちを伝えるのは良いことですよね。

 

特別、何かしなければいけない日だとは思いませんが、

大切な人に、いつまでも元気で長生きしてほしいという気持ちを

伝えるだけでも、十分に素敵な贈り物だと思います

敬老の日がそのきっかけになるかもしれませんね。

 

常識にとらわれず

その家庭ごとの過ごし方をされるのが一番だと思います。


スポンサーリンク