Couleur / Pixabay

 

家庭菜園の土を

再利用する方法は

 

熱湯消毒が

一番簡単です。

 

家庭菜園が趣味で

困ることのひとつは

土ですよね。

 

前に育てた野菜が

病気にかかっていたり

 

収穫後で

土の栄養分が

期待できなかったり

 

捨てて新しい土にしたいけど

土の処分ってなかなか難しい

 

庭があればいいけど

マンションで

プランター菜園とかだと

捨てるのも一苦労です。

 

そんな処分に困る土は

再利用するのがおすすめ

 

熱湯消毒なら

簡単にできちゃいますよ。

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

 

土を再利用するコツ

 

Couleur / Pixabay

 

ゴミとして捨てにくい家庭菜園の土を

再利用するコツは次の4つです。

 

・土のゴミを取り除く

・消毒する

・土壌改良する

・肥料で栄養分を補う

 

まずは、土をふるいにかけて

古い根っこや

ゴミをきれいに取り除きます。

 

でも初めて再利用する土なら

ざっと目に見える根っこを

とるだけでもいけるかも

 

プランターって

結構な量の土が入っていて

 

ふるいにかけるのは

意外と大変

 

できるだけ簡単に

済ませたいですしね。

 

ゴミが取り除けたら次は消毒

 

育てていた野菜が

病気にかかっていたり

 

害虫がついて

卵を産んでいたりすると

 

次に植えた野菜が

元気に育たない。

 

この中でも消毒は

特に重要な作業ですね。

 

一般的な消毒法は熱消毒です。

 

夏は黒いビニール袋に十分に

湿らせた土を入れて日向に

10日間ほど置いておきます。

 

ビニールの中の土が日中、

50~60度以上になるのが条件です。

 

高温になることが

期待できない季節で

一番簡単なのは熱湯消毒

 

熱に強い素材の

プランターなら

 

土が入ったまま

熱湯をかけちゃいます。

 

できれば排水の穴をふさいで

土が熱湯に浸かる状態にして

冷めるまで放置するのがいいかな

 

野菜用のプランターは

容器が深いものも多いです。

 

寒い季節だとお湯が底の土に

たどり着くまでに

冷めちゃいますからね。

 

冬の寒さの厳しい頃なら

凍らせちゃう方法も簡単です。

 

1.水で湿らせた土を凍らす。

2.そのまま10日くらい放置

 

3.スコップでプランターの上のほうの土と

下のほうの土を入れ替える。

 

4.また水をかけて凍らして10日放置

 

霜が降りるような

寒い地域限定ですが

基本放って置くだけなので簡単

 

暖かくなったら

土壌改良して

 

足りない栄養分を

肥料で補ってあげると

すぐに苗の植え付けができますよ。

<p> </p>

 


スポンサーリンク


 

 

あると便利な土作りのグッズ

 

werner22brigitte / Pixabay

 

家庭菜園の土作りで

あると便利なグッズは

 

荒目・中目・細目の

三段階のふるいと

土壌酸度計です。

 

土を再利用するときは

まずゴミをふるいにかけて

取り除きますよね。

 

これは、新しく植える野菜の根が

伸びるのに

邪魔にならないようするため

 

なので、

初めて再利用する土なら

 

簡単に荒目のふるいにかけるか

目に見えるゴミを

取り除けば大丈夫

 

でも頻繁に再利用していると

土の粒子が壊れて

細かくなりすぎる

 

最初はフカフカだった土が

泥みたいになってきちゃうこと

ありますよね。

 

こうなっちゃうと

水はけも通気性も悪くなるので

 

根腐れを

起こしやすくなってしまいます。

 

そんな土を再利用するのに

必要なのは

三段階の荒さのふるいです。

 

かける順番は

荒目・中目・細目

 

まず、荒目で大きなゴミを

中目で細かなゴミを

取り除きます。

 

次は細目にかけて

落ちた細かい土は

使わずに捨てます。

 

細目のふるいの上に

残った土を使うんですね。

 

根が呼吸できるように

水と空気の通りをよくすると

 

元気に育って

おいしい野菜ができますよ。

 

もうひとつ、

家庭菜園であると便利なのは

土壌酸度計

 

土壌酸度計は

土の酸度を計測する測定器です。

 

もともと日本の土は酸性寄り

 

なのに、酸性雨や作物の根から出る

水素イオンの影響で

どんどん酸性に傾いてくるんです。

 

酸性の土で野菜を育てると

根が傷みやすく、

リン酸を吸収しになってしまいます。

 

リン酸は花や実の成長に

重要な栄養素なので

 

不足すると

おいしい野菜はできません。

 

じゃあアルカリ性がいいのかというと

そうでもない

 

アルカリ性の土は

マグネシウムやカリウムなどの

ミネラルの吸収を妨げます。

 

そうすると

育ちにくくて病気も出やすい。

 

でも土を見たって

酸性かアルカリ性かなんて

わかりませんよね。

 

そんなときに

土壌酸度計があると

簡単に土のph値が測れます。

 

なくてもいいけど、

1000円くらいで

買えちゃうし

 

野菜の種類に適した

ph値に整えると

 

おいしい野菜の収穫、

期待できそうですね。

 

家庭菜園をする人には

こちらの記事も合わせて

確認してみてください!

アブラムシ撃退用の唐辛子スプレーの効果!なるほどこれで安心安全

まとめ

 

jf-gabnor / Pixabay

 

流行の家庭菜園は

実用性もかねた

趣味にはぴったりですよね。

 

でもベランダ菜園はとくに

土の処理に気を使います。

 

熱湯消毒して

再利用は簡単ですよね。

 

プチトマトを作ったっきりで

ベランダに放置してある土

 

再利用できるように

消毒しておいて

 

暖かくなったら

また挑戦してみます。


スポンサーリンク